• HOME
  • 気になる癖 , 病気
  • 【赤ちゃんの吐き戻し多発!!】たった3つ工夫するだけで吐き戻しが劇的に減る超簡単な秘策!

【赤ちゃんの吐き戻し多発!!】たった3つ工夫するだけで吐き戻しが劇的に減る超簡単な秘策!

気になる癖

 

 

せっかく母乳やミルクを飲ませたのに、赤ちゃんが吐き戻してしまうことはよくあります。

 

しかしたくさん吐いてしまったりするとママにとっては

「こんなに吐いてばっかりで、栄養足りてるのかな?」

と心配になりますよね。

 

赤ちゃんの頻繁な吐き戻しに悩んでいませんか?

 

・赤ちゃんが頻繁に吐き戻してしまってとにかく心配

・授乳後でも吐かないようにしてあげたい

・たくさん吐いてしまうと栄養が足りているか不安になる

 

赤ちゃんが吐いてしまうと心配ですよね。

さらにその片付けも大変です。

 

うちも長男はしょっちゅう吐く子でした。

 

「ここでやるかー!」

って場所で吐いてくれるんですよね(汗)

 

ベッドの隙間とか、マットレス、ソファーなどなど。

 

赤ちゃんのためにも、ママのためにも

できるだけ吐かないようにしたいですよね。

 

今回はそんな

よく吐き戻してしまう赤ちゃん

が吐かなくなるためのコツを紹介します!!

 

 

頻繁な吐き戻しが心配な赤ちゃんでも劇的に吐かなくなる5つの裏技

 

1.授乳後はげっぷさせてあげる

 

赤ちゃんの吐き戻しの一番の理由は授乳の際に空気を飲み込んでしまうことです。

空気を飲み込んでしまうとげっぷが増えそれとともに吐いてしまうことがあります。

 

授乳が終わったらげっぷをさせてあげてください。

 

その際に授乳後すぐに体制を変えると吐きやすくなります。

 

授乳が終わってしばらく抱っこしながら赤ちゃんの様子を見てください。

 

赤ちゃんが落ち着いている様子ならゆっくり体勢を変え、げっぷをさせてあげましょう。

 

赤ちゃんを肩にかつぐ方法でも足に座らせる方法でもいいです。

優しく背中をトントンしてあげてください。

 

強くたたきすぎるとそれも吐き戻しの原因につながるので、あくまで優しくがポイントです。

 

げっぷが出た後も少なくとも10分くらいは抱っこして様子を見てあげることをおすすめします。

Riala / Pixabay

赤ちゃんが吐きやすいのは授乳後です。

 

少し体を斜めにするように抱っこをしてあげてください。

 

2.母乳やミルクの量を減らしてみる

 

吐き戻しのもう一つの要因は飲みすぎです。

 

赤ちゃんはまだ満腹中枢が発達しておらずお腹がいっぱいになっても飲み続けてしまいます。

飲みすぎで胃に収まりきらず吐いてしまうのです。

 

また赤ちゃんの胃は入り口が閉まっておらずまっすぐなとっくり状の形態。

そのため胃の容量が増えるとはきだしてしまいます。

 

赤ちゃんの飲みすぎを防止するために、1回の授乳量を減らしてみましょう。

1回分の量を少なくして、その分頻回に小分けして授乳してみてください。

 

母乳の場合は、ママのおっぱいが勢いよく出すぎている可能性もあります。

赤ちゃんが飲みながらむせている場合などはその可能性が高いです。

勢いよく飛び出すおっぱいは赤ちゃんにとってはとても飲みにくいです。

 

授乳前に少しだけ搾乳し、ほどよい出方になるように調整してあげてください。

 

また吐いてしまうと栄養不足が心配になりますよね。

でもほとんどの場合は心配いりません!!

 

体重が増加し、尿や便がきちんと出ていれば大丈夫です。

 

3.ミルクの場合は哺乳瓶の角度や乳首の大きさを見直す

 

哺乳瓶での授乳は赤ちゃんの口に対し90度の角度で飲ませるのが理想です。

角度が悪いと空気を一緒にたくさん飲み込む原因となります。

 

哺乳瓶の乳首の大きさも赤ちゃんの成長に合わせ変えてあげてください。

ミルクの温度も適温でないと赤ちゃんの胃には刺激になってしまい吐き戻しの要因になります。

 

赤ちゃんの吐き戻しを減らすためには授乳時と授乳後の工夫が大事!

 

小さな赤ちゃんが授乳後吐き戻すことはよくあります。

 

しかし母乳やミルクが出てきているだけで、機嫌や体調も悪くなく体重も順調に増えているようなら、ほとんどの場合は問題ありません。

ママはなるべく吐き戻しが減る工夫をしてあげればOKです。

 

・授乳後はげっぷ&だっこ

・母乳やミルクの1回の量を減らし頻回授乳に切り替える

・ミルクの場合は哺乳瓶の角度や乳首を見直す

 

のたった3つです。

 

これだけで、吐き戻しの回数は減るはずです!!

小さな赤ちゃんは胃も未発達。

 

成長につれ吐くことも減っていきます。

安心しておおらかな気持ちで赤ちゃんの成長を見守ってあげてください。

 

赤ちゃんとの授乳タイムは限られた貴重なとき!!

ぜひ笑顔で楽しんでくださいね!!

 

ピックアップ記事

関連記事一覧