• HOME
  • イライラ ,
  • 【産後ママがイライラしていると感じるパパ】劇的にママが優しくなる超簡単な5つの裏技

【産後ママがイライラしていると感じるパパ】劇的にママが優しくなる超簡単な5つの裏技

イライラ

 

産後のママの心はとても不安定です。

 

そんな状況を一番理解しなくてはいけないのは旦那さんです。

 

旦那さんが

「何だよ。イライラして」

 

とママのイライラを理解してくれないとママはどんどん追い込まれてしまいます。

 

あなたは産後ママのツライ気持ちを少しでも理解していますか?

 

・最近ママがイライラばかりしている

・やたら八つ当たりされている気がする

・「何もしてくれない」と言われても何をしたら納得してくれるのか全くわからない

 

同じ親であっても出産をしたわけでも、授乳をしているわけでもなく出産前と大きくは生活が変わらないパパ。

 

しかしママの生活は産後まるっきり違うものに変わります。

 

これまで頑張ってきた仕事や自分の努力がすべて覆されしまうほどの出来事です。

 

一番身近にいるパパがそんなママをいたわってあげないといけない立場であることをパパ自身はしっかり感じていますか?

 

「ね~泣いてるよ~」

「おっぱいじゃない?」

って言っていませんか?

 

それ、絶対禁句ですよ!

 

ママ、カッチーンです。

 

「え!なんで?」

って言ってるそこのアナタ!

 

なんでじゃないですよ!

当たり前です。

 

泣いてるなんて、ママだってしっかり聞こえてます。

 

例えばあなたが職場に入りたての新入社員だとします。

電話が鳴りました。

 

同期の仲間が隣で

「電話だよ~」

って言ったらどう思いますか??

 

「お前が出ろよ!!」

ですよね。

 

同じことです。

 

ママも

「お前が見ろよ!」

って思ってますよ(笑)

 

仕事が忙しくて家でゆっくりしたい気持ちもわかります。

赤ちゃんのお世話のやり方がわからないというのもわかります。

 

でもママだって初めはそうだったんです。

 

今パパが出来る事はママを支えることです。

とっても大事な大事な仕事です。

 

ぜひ今はママがニコニコすごせるようにすることが重大任務だと心に誓い、ママをいたわってあげてください。

 

産後ママをパパがサポートするために知っておいてほしい5つのこと

 

1.とにかくゆっくり話を聞いてあげて

 

産後ママがイライラするのは体の中で大きな変化が起こっているからです。

 

妊娠中は多く分泌されていたエストロゲンとプロゲステロンが出産を機に急激に減少します。

 

この急激なホルモンバランスの変化こそがママのイライラの原因なのです。

 

さらに産後のママは赤ちゃんのお世話で24時間大忙し。

 

パパがぐっすり眠っている間も夜中に何度も起きて授乳のオムツ替えをしています。

 

「そんなのみんなやってること」

って思うかもしれませんが、みんな本当にしんどい思いをしてやっているのです。

 

一番近くにいるパパがそれを理解してあげないとママはどんどん追い込まれてしまいます。

そのまま悪化するとうつ状態に陥ってしまうかもしれません。

 

だからパパはストレスのたまったママの話を聞いてあげてください。

 

ママは話すことでストレスが和らぐのです。

 

その際にママが求めているのは解決策や反論ではありません。

ただ聞いてあげるだけでいいんです。

 

「そうか。それは大変だったね。いつもありがとう」

その言葉だけでママはとっても救われます。

 

2.たまにはママ一人の時間を作ってあげて

 

パパが休みの日は赤ちゃんと二人きりでお散歩に出かけてみるなど赤ちゃんと二人きりで過ごしてみてください。

 

ママにとって一人の時間が少しでもあるととてもリフレッシュになります。

 

近所のママが

「パパが子どもを見ていてくれるから一人でショッピングに行ってくる。」

と言った時。

 

ママ友の間でそのパパは神として崇められましたよ(笑)

 

それくらいどのママも一人の時間を欲しているわけです。

 

休みの日くらいゆっくりしたい気持ちもわかります。

 

ですが1時間だけでもいいので、赤ちゃんとパパ二人っきりですごしてみてください。

 

pasja1000 / Pixabay

 

その1時間だけでもママはいい息抜きになります。

 

3.感謝の言葉を伝えよう

 

ママはパパに感謝されると頑張れます。

 

日頃から

「いつも大変な育児を頑張ってくれてありがとう。ご飯を作ってくれてありがとう」

と感謝を言葉に出して伝えてください。

 

その言葉がママの支えとなります。

 

4.パパが出来る育児を増やすため、やり方を教えてもらおう

 

母乳の赤ちゃんにおっぱいはあげられなくてもパパにもできる育児はたくさんあります。

 

お風呂や食事の介助。

赤ちゃんと遊ぶ。

オムツを替えるなどの育児。

 

掃除やゴミ出し

洗濯物を取り込む

など簡単な家事はできますよね。

 

仕事が忙しく平日はできなくても休日は少し家事育児に参加してみてください。

 

赤ちゃんのお世話でやり方がわからなかったら、ママに聞いてみてください。

 

そして教えてもらったら

「ありがとう。へー。難しいんだねえ。いつもやってるなんてホントすごいなあ」

などと褒めてあげてください。

 

ママって褒められること、すごく少ないんです。

 

ママだって人間です。

褒められたり認められたりしたいんです。

 

ぜひパパが褒め上手になってあげてくださいね!

 

 

5.自分の事は自分でする

 

ママは赤ちゃんの育児で手一杯です。

 

出来る事は自分でやってみてください。

 

その際に

「これからは○○は自分でやるよ。忙しくて大変でしょ」

など一言添えると、ママも

「私の忙しさや気持ちを分かってくれてるんだ」

と思うものです。

 

今が男の懐の深さを見せる時!ママのイライラを少なくするのはパパの腕次第!

 

産後ママのイライラを大きくしてしまうのも、和らげてあげるのもパパ次第です。

 

ここでパパがママの気持ちを理解していたわってあげることが出来ると、これからパパへのママの態度も違います。

 

さらにママといつも一緒にいる子どものパパへの思いも変わってきます。

 

逆にこの時期好き勝手に過ごしてしまうと、この先ずっとパパへの敵対心を内に秘め過ごしているかもしれません。

 

産後のママとの付き合い方はそれほど今後のパパの立場を決める大事な時期だということを心にとめておいてください。

 

ぜひパパが一つ大人になってママをいたわってあげてください。

 

方法は

・とにかくゆっくり話を聞いてあげる

・たまにはママ一人の時間を作ってあげる

・感謝は言葉でしっかり伝える

・育児のやり方を聞いてパパも参加できる育児を増やす

・自分の事は自分でする

の5つです。

 

パパも頑張りどころです!!

 

ぜひ、ママも子どもも大好きなパパでいるために!

 

大きな心でイライラするママをいたわってあげてください。

 

ここがパパの懐の深さの見せ所です!

 

ピックアップ記事

関連記事一覧