• HOME
  • 節約
  • 【出費を抑えたい】子育て世代の家計見直しは携帯代から!3つの節約ポイント

【出費を抑えたい】子育て世代の家計見直しは携帯代から!3つの節約ポイント

節約

 

子育てって想像以上にお金がかかりますよね。

 

それは今後も続き…

さらに年々出費は増加していくのです。

 

ちなみに子育てでお金がかかる時期ナンバーワンは断トツ『大学生』!

次に高校>中学>幼稚園、保育園>小学校

なんです。

 

今後の家計が心配ではありませんか??

 

・習い事代や食費が年々増加している

・毎月貯蓄に回す余裕はない

・切り詰められる出費を検討中

 

かく言う我が家も毎月赤字状態。

 

「節約!節約!」

と思っても、一向にお金が貯まりません。

 

そんな時、見直したのが月々の通信費、ケータイ代金です。

 

みなさんは毎月いくら携帯代を払っていますか?

 

2016年の調査では

男性平均 5,700円

女性平均 7,500円

となっており、男女合わせた平均は月額6,400円。

 

この6,400円を月々もう少し減らせれば!

その分貯蓄に回せられますよね。

 

毎月のことです。

例えば月1,000円削減したとしても10年たてば100万円以上の差になります!

 

100万円の差は大きいですよね。

 

さらに今は夫婦だけの携帯代金でも、これから子どもたち各々がスマホを持ち出します。

 

ますます『月々少しの差が大きな差』になりますよ!

 

簡単に出来ることばかりなので、ぜひ今すぐにチェックしてみてくださいね!

 

 

家計を苦しめる「スマホ代金」を見直すと貯金額が変わる!子育てにゆとりをもつために今すぐ検討すべき3つのポイント

 

 

1.格安SIMに替える

 

我が家も夫婦そろってドコモから格安SIMに変更しました。

 

それまで月々の代金は二人合わせて15,000円程度。

 

それが格安SIMに替えたら3,500円程度です。

(もちろん二人合算でですよ!)

 

驚きですよね!!!

 

もはや私からすると

「変えない理由がわからない」

ほどの差です。

 

「何となく大手の方が安心」

「格安SIMはつながりないくいイメージ」

「電波が不安定って聞く」

 

などのマイナスイメージを持たれがち。

 

ですがどれも気になったことなんて一度もありません!

 

通信速度は大手キャリアに比べると遅いそうですが、私は「遅い」と感じたことはありません。

 

快適に使っています。

 

nastya_gepp / Pixabay

 

普段使っていて感じるデメリットは

 

・店舗で契約するわけではないのでネットなどで自分で契約。設定も自分でする(楽天モバイルなど店舗がある場合もあります)

・故障の修理などの手配も自分でする必要がある

・電話帳の移行も自分でやらなくてはならない

・ガラケーの人に送ったメールが届かないことがある(相手が受信拒否設定などをしている場合)

 

くらいですかね。

これがムリっていう人は大手キャリアの方がいいかもしれません。

 

 

2.思い切ってMNP

 

ドコモからソフトバンクへ。

ソフトバンクからauへ。

auから格安SIMへ。

 

MNP(他社へ乗り換え)をすると、機種変更にはない『お得な特典』があります。

 

・乗り換え割

・キャッシュバック

などのキャンペーンをやっていることがあるので、こまめにチェックしてみましょう。

 

しかし時期によっては契約解除の違約金がかかってしまうことがあるので注意が必要です。

 

契約は基本的に2年更新です。

契約の更新月のタイミングで解約するようにしましょう。

違約金を払わずに済むためです。

 

他に転出手数料が2,000円~3,000円かかります。

新しく契約した乗り換え先にも事務手数料3,000円が発生します。

 

MNPは適切な時期に行わないと損をしてしてしまうので注意してくださいね!

 

 

3.プランを変更する

 

今使っているスマホのキャリアは変えたくないという場合。

 

それでも現在の契約内容と使用頻度が合っていないこともあります。

 

まずはキャリアのプランをチェックしてみてください。

契約時よりもお得なプランが登場していることも多々あります。

 

プラン変更をするとかなりお得になるケースが多く見受けられます。

 

さらに必要のないオプションが付いていることも。

付いていることも知らないっていうオプションありませんか?

 

例えば

・留守番電話サービス

・待ちうた、メロディーコール

・三者通話サービス

・キャッチホン

などほとんど使ったこともないオプションが付いていることがあります。

 

さらに契約時に

「これをつけると割引できます」

「3か月後に解約してくれて大丈夫なので」

 

などと言われつけたオプションがある人も多いです。

 

スマホ内のキャリアアプリから現在の契約内容をチェックできますのでぜひ一度確認してみてください。

 

 

「払い過ぎていた」スマホ代を安く済ませる3つの秘密

 

 

毎月の固定費の中で『これ以上は削れないもの』と『何とかすれば減らせるもの』がありますよね。

 

そんな「何とかすれば減らせるもの」の中で手っ取り早いのは月々のスマホ代金です。

 

ぜひ一度検討してみてください!

 

おススメの方法は

 

・格安SIMへの変更

・MNP

・プラン変更

の3つです。

 

難易度の低さから行けばプラン変更が一番お手軽ですね。

 

MNPや格安SIMへの変更はなかなか迷うところかもしれません。

 

ですが思い切って変えてみるとかなりの費用差が生じてきます。

 

我が家は本当に大きな節約になりました!

 

ぜひ一度検討してみてはいかがでしょうか。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧