• HOME
  • 出産
  • 【立会出産が不安】頼りにならなそうなノータッチ夫が見違える5つの準備

【立会出産が不安】頼りにならなそうなノータッチ夫が見違える5つの準備

出産

 

最近の主流と言えば夫の立ち合い出産ですよね。

 

でも立ち合いする必要ってあるの??

むしろジャマにならない?

って心配に思うママもいますよね。

 

立ち合い出産に不安をおぼえていませんか??

 

・夫が近くでオロオロし出す姿が目に浮かぶ

・立ち会ってほしいけど邪魔はしないでほしい

・出産準備はほぼ私一人でやっていて夫は何もわかっていない

 

ただでさえ心細い出産。

 

その隣で自分以上に緊張している夫なんて、ハッキリ言って何の役にも立たないです。

 

それよりよっぽど出産経験のある女性の方が、痛い部分もさすってほしい部分も押す強さも全て察してくれます。

 

そんな立ち合い出産に挑もうと思っているけど、夫が心配なママ必見!

 

今からでも遅くありません。

 

旦那さんに立ち合い出産の心得を少しずつ教えてあげてください。

 

出産が素敵な思い出になるように、前もって夫婦で話し合っておくことが大事です。

 

 

立ち合い出産時にとっても頼りになる夫になってもらうための絶対必須条件5か条

 

 

1.病院や地域の父親学級に参加する

 

まずはコレをしておかないと話になりません。

 

出産状況に関する知識ゼロで付いてこられても、まるで役に立たないです。

 

オロオロしているか、もしくはデリカシーのない態度や言動を投げかけてくることもあります。

 

そうなると余計に腹立たしいですよね。

 

父親学級に参加し、出産の流れをしっかり頭に入れておいてください。

 

育児書を読んでおいてもらうのもいいですね。

 

陣痛中は助産師さんが様子を見に来てくれ、腰のさすり方のアドバイスをくれたりもします。

 

アドバイス通り旦那さんが出来るかはわかりません。

 

でも長い陣痛の時間は誰か一人付いていてくれると心強いです。

 

腰をさすってもらうと少し痛みが逃げて楽になります。

 

ぜひ一度出産のプロセスを勉強し、パパ自身がやれることを知っておいてもらってください。

 

 

2.妻のフォローを勉強して、入院準備も一緒にする

 

父親学級や育児書などで出産について勉強したら、立ち合い出産でパパができることを考えておいてもらいましょう。

 

・暑そうだったらうちわであおぐ

・汗をかいていたらタオルでふく

・腰や痛む部分をさする

・飲み物をわたす

・「頑張れ。あと少し」などと励ます言葉を投げかける

・腕を握らせてあげる

 

など色々あります。

 

その際にどこに何があるのかもわからない状態では困ります。

 

「もう一本の飲み物どこ??」

などと聞かれても、答えられる状況とは限りません。

 

入院準備の際に、

「飲み物はここに入れてあるからね」

「タオルはここだからね」

などとどこに何を入れたのか教えておいてあげてくださいね。

 

陣痛を乗り切るグッズの記事もぜひ参考にしてみてください。

 

 

3.カメラ、ビデオの準備

 

出産の状況や産まれてすぐの赤ちゃんの写真を撮れるように、ビデオやカメラの準備もぬかりなくしておきましょう。

 

kaicho20 / Pixabay

 

いざ使おうと思ったら

「充電足りない!!」

なんてこともあり得ます。

 

フル充電で、替えの電池までもってあると安心です。

 

 

4.十分寝ておく

 

出産は長丁場です。

 

陣痛が始まり病院に行ってから丸二日かかったという人もいます。

 

ママはもちろん、パパも体力勝負です。

 

頑張っているママを横に

「眠い」

と言い出すパパも結構多いです。

 

出産予定日が近づいたら、パパも早寝を心がけてもらいましょうね。

 

 

5.食事やシャワーもすませておく

 

先ほども紹介しましたが、出産はどれくらい時間がかかるか予測がなかなかつきません。

 

子宮口の開き具合で

「これはまだ長そうだねえ」

くらいは言われますが、厳密な時間はわかりません。

 

ちなみに私は予定日の夜、陣痛が始まりました。

 

一晩眠れず、翌朝病院に電話をしたら

「陣痛が10分間隔になったらもう一度電話して、病院に来て」

と言われました。

 

飼っていた犬が心配そうに見つめる中、時計とにらめっこ。

 

お昼過ぎに10分間隔になったので、病院に行きました。

 

そして夕方4時頃に破水しそのままLDR(陣痛分娩室)へ。

 

「もうちょっとかかりそうだね」

と言われ、助産師さんや母が腰をさすってくれていました。

 

そして仕事を切り上げ急遽病院に向かっていた夫が5時半くらいに到着。

 

その日の6時過ぎに無事出産を迎えました。

 

どうやら6時からの帝王切開の予定が待っていて病院側も急いでいたらしく、陣痛促進剤をたくさん使ったらしいです。

 

それくらいスピーディーだとパパもお腹が空いている暇がありません。

 

ですが病院には清潔な恰好で行かないと、立ち合い出産には不衛生です。

 

シャワーを浴び清潔な恰好に着替え、空腹も満たしてから病院に向かいましょう。

 

陣痛で苦しんでいる時に

「お腹空いた。眠い」

と部屋を出たり入ったりフラフラしているとママも気が散ってしまいます。

 

ぜひ準備してから病院に向かってくださいね。

 

 

立ち合い出産前に夫婦で準備しておかないと後悔する5つの心構え

 

 

赤ちゃんの誕生って本当に神秘的で尊いことですよね。

 

人生数回しかない出産。

 

心に残る温かい出産にしたいですよね。

 

そのためには夫婦で立ち合い出産についてしっかり勉強して話し合っておいてください。

 

そして出産前までに旦那さんにやっておいてもらうのは

 

1.父親学級への参加

2.入院準備も一緒にする(どこに何が入っているかわかるようにしておく)

3.カメラ、ビデオの準備

4.十分寝ておく

5.シャワーや食事はすませておく

 

この5つです。

 

一番大事なのは「出産への心構え」です。

 

出産を頑張る妻を支える気持ちが何より大事です。

 

この時に頼りになる夫か。

使えないダメ夫の烙印を押されるか。

結構重要な運命の分かれ道です。

 

ぜひ今後の夫婦仲のためにも、夫婦でしっかり準備しておいてくださいね。

 

ステキな立ち合い出産を迎えられますように。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧