• HOME
  • 産後うつ
  • 「赤ちゃんがかわいいと思えない」つらい産後うつ症状を劇的に改善する、自分をいたわる超簡単な3つの方法

「赤ちゃんがかわいいと思えない」つらい産後うつ症状を劇的に改善する、自分をいたわる超簡単な3つの方法

産後うつ

 

 

待ちに待った出産。

 

産まれた瞬間はあんなに感動したのに…。

 

出産後は休む間もなく育児が始まり、初めてのことで疲労はたまるばかり。

 

気分が落ち込んだり、イライラしたりしていませんか?

 

・かわいいはずの赤ちゃんがかわいいと思えない

・赤ちゃんと二人きりの時なぜか涙がとまらない

・気分が落ち込んで育児ができない

 

その症状は「産後うつ」です。

 

出産後はホルモンバランスが崩れ、精神状態も不安定になりやすいもの。

 

実は多くのママが産後うつ症状に悩んでいるんです。

 

「赤ちゃんがかわいいと思えない」

 

なんて母性がないみたいで人に言えないと悩んでいませんか?

 

ですが一人で悩むことが産後うつをさらに悪化させてしまいます。

 

産後うつを解消する方法を取り入れ、ママのつらさや負担を軽くしてください。

 

大丈夫です!!あなたは十分すぎるくらい頑張っていますよ。

 

これを読んで、自信をもってくださいね!

 

つらい産後うつ症状を和らげるための自分を大事にする方法3選!

 

 

1.  家事を丸一日休んでみる

 

 

産後うつ症状に悩まされているママは、本来の性格がとっても頑張り屋さんが多いと言われています。

 

ちょっと一度休憩してみましょう。

 

慣れない育児と家事を両方完璧にするなんて、ムリです!

 

今は育児中心で大丈夫。

 

家事は適度に手抜きが大事です。

 

そうは言っても頑張り屋さんママは、家事の手抜きが難しいっていう人もいますよね。

 

そんなママは、丸一日家事をしない日を作ってみて!

 

・食事は外食かお弁当を買ってくる

・掃除はしない

・洗濯は翌日に後回しか、旦那さんに頼む

 

などなどしてみると、丸一日家事をしないことって、意外と可能なんです。

 

そうすると案外

 

「これは毎日やらなくても大丈夫なんだ」

 

と手抜きポイントが見つかりますよ(笑)

 

産後うつの主な原因は出産後のホルモンバランスの乱れです。

 

妊娠中に分泌されていた女性ホルモンが出産を機に激減。

 

今度は授乳ホルモンが急増します。

 

産後ママの体のホルモンバランスは大きく変動するのです。

 

このホルモンバランスの変化が自律神経に影響を及ぼし、産後うつになってしまうのです。

 

産後うつは誰にでもなり得る症状なのです。

 

ママ自身の体力や精神力が弱くてなるわけではありません。

 

自己否定をしてしまうママが非常に多いですが、ママ自身の弱さからくるものでは絶対にないのです!

 

自分を否定せず、完璧に家事育児をこなそうとなんて思わないでください

 

手抜きをすることだって大事なんですよ!

 

 

2.  自分のありのままの現状を相談する

 

 

人に話すことで気分が少し晴れるものです。

 

逆に一人で抱え込むと、不安やつらさは増してしまい孤立感を感じるようになってしまいます。

 

旦那さん、お母さん、兄弟、ママ友、行政の育児支援関係者、子育て支援センターのスタッフさん。

 

誰でも構いません。

 

悩みを口に出してみることで、不安を解消できます。

 

 

3.  旦那さんに赤ちゃんをあずけて、外出&お昼寝してみて

 

 

旦那さんがお休みの日赤ちゃんを1時間だけ預けてみましょう。

 

たったの1時間でもすごいリフレッシュになるんですよ!

 

pasja1000 / Pixabay

 

その時間を家事以外の自分のために使ってみてください。

 

ショッピングでもお昼寝でもいいです。

 

常に赤ちゃんと二人だけの狭い家の中に閉じこもっていると、症状が悪化する一方です。

 

助けを借りる人は旦那さんだけではなく、親御さん。

 

行政の育児サポート支援制度を利用することもお勧めです。

 

赤ちゃんを自宅で見ていてくれるサービスもあるので、その間にママが休むことができます。

 

 

産後うつ症状に悩むママに試してほしい自分一人で頑張りすぎないための3つのポイント

 

 

産後うつに悩むママは頑張りすぎなくらい頑張ってきました。

 

ちょっとここで一度休憩してみましょう。

 

・家事を丸一日休む

・旦那さんに赤ちゃんを1時間預けてみる

・不安や不満は誰かに相談してみる

 

この3つを試してみるだけで、気持ちが軽くなります。

 

「1人で悩んで一人で頑張る」

 

それは絶対にやめましょう。

 

産後うつ症状をさらに悪化させてしまいます。

 

さらにひどくなってしまうと、育児だけでなく普通の生活も送ることが難しくなってしまいます。

 

誰かに相談する、助けを借りることはとっても大事なことです。

 

決して恥ずかしいことでも、育児をさぼっているわけでもありません。

 

無理をせず自分の心と体をいたわることも大切なこと。

 

赤ちゃんのためにも、まずはママの心と身体を大事にしてみてくださいね!

 

 

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧