• HOME
  • 出産
  • 【帝王切開の傷が1年経っても痛い】長引く痛みを簡単に緩和する3つのポイント

【帝王切開の傷が1年経っても痛い】長引く痛みを簡単に緩和する3つのポイント

出産

 

帝王切開の傷の痛みの期間は人それぞれです。

 

中には1か月で感じなくなる人もいるんです。

でも逆にすごく長~く痛みが続く人もいます。

 

この傷の痛みがいつまで続くのかと不安に思っていませんか?

 

・傷の痛みがつらくて育児が大変

・傷が痛くて着たい服が着られない

・もう1年経つのにまだ痛い

 

私も帝王切開の傷、2年近く痛みが出ました。

 

そうしたら近所のおばちゃんに

「私も30年以上前あるの帝王切開の傷が未だに痛む時がある」

って話を聞いてビックリ!!

 

そんなに長く痛いもんなの?!

って衝撃と共に不安になりました(汗)

 

ということで今回は平均的な傷の痛みの持続期間と特徴を紹介しつつ、痛みを悪化させないポイントなども紹介します。

 

 

帝王切開の傷はいつまで痛い?早く解放されたいこの痛みとうまく付き合う3つのポイント

 

 

1.毎日靴下をはく

 

寒くなると傷が痛むという声が多いです。

 

実際私もそうです。

 

寒くなると血行が悪くなり傷の痛みを感じやすくなります。

 

また皮膚も縮こまるので傷が引っ張られるということもあります。

 

なるべく体を冷やさないようにしましょう。

 

特に手足や腰回りなどを冷やさないように気をつけてください。

脚が冷たくならないように靴下をはきましょう。

 

tookapic / Pixabay

 

また雨の日に傷が痛むという声もあります。

 

雨の日の気圧の変化で自律神経がや傷口の皮膚の張力変化したりして傷が痛むのです。

 

同じように季節の変わり目の気圧変動などでも傷が痛むことがあります。

 

このような天気、季節などの気圧の変化で傷が痛む場合も体を温めることが大事です。

 

身体を温めて血液の循環をよくすると、痛みが軽減されます。

 

毎日靴下をはく以外にも、

 

・ゆっくりお風呂に浸かる

・お散歩などの運動を毎日の習慣にする

・体を温める食材(根菜や冬野菜など)を食べるようにする

 

など体を内側から温める工夫もしてみてください。

 

生理中に傷が痛む場合も、身体を温めることが有効な対策となります。

 

ぜひ体を冷やさないことを意識してくださいね。

 

 

2.傷付近を圧迫しないようにする

 

傷が痛い間は傷付近を圧迫するような服装をやめましょう。

 

細身のパンツのチャックがあたると痛みが出たりします。

 

また子どもを抱っこしたり、お腹に乗ってきたり、激突してきたり…

 

そんな時に痛い!!ってこともありますよね。

 

子どもにはお風呂などでママのお腹の傷を見せながら

「〇〇ちゃんはここから出てきたんだよ。ここはまだママ痛いからぶつかったり乗ったりしないでね」

と話しておきましょう。

 

だんだん

「まだママお腹痛い??」

って心配してきてくれるようになりますよ。

 

小さいうちからやらないでほしいことを教えておくこともとっても大事です。

 

また抱っこも痛みが出るようであれば、ベビーカーを利用したりしてみてください。

 

そして旦那さんにもまだ傷が痛むことをしっかり伝えてください。

 

育児や家事を分担することも話し合ってみましょう。

 

 

3.産婦人科に行く

 

もしかしたら他の病気や傷がしっかり治っていない場合もあります。

 

・退院後も激痛が続く

・育児もままならないほど痛い

・半年たっても一向に痛みがひかず常に痛い

 

などの場合は一度産婦人科で診てもらいましょう。

 

まれに子宮内膜症など別の病気が隠れていることもあります。

 

また傷の癒合がうまくいっていない可能性もあります。

 

痛みが強い場合や常に痛い場合は注意が必要です。

 

帝王切開の傷の痛みは多くは徐々に弱くなっていくものです。

 

そして半年もたつと、常に痛いのではなくたまに痛くなるものです。

(天気や生理。または圧迫された時などに痛む)

 

そうでない場合は一度、病院で診てもらった方が安心です。

 

 

帝王切開の傷がいつまでも痛くて不安なママに試してほしい3つの大事なコト

 

帝王切開の傷の痛みが続くと不安になりますよね。

 

そして痛いと家事も育児も大変ですよね。

 

私もそうだったのでよーーくわかります。

 

紹介した3つの方法を試してみてください。

 

1.靴下をはくなどして体を温めるようにする

2.傷付近を圧迫しないように気をつける

3.痛みが強い、期間が長い場合は病院に行く

 

痛みの期間はかなり個人差があります。

 

私自身も一回目の帝王切開は2年近く痛かったですが、2回目は3か月くらいであまり痛みを感じなくなりました。

 

そうは言っても今でも突然お腹の上に飛び乗ってこられたりしたらものすごく痛いですけどね(汗)

 

ぜひ傷の痛みを解消して、育児を楽しんでくださいね!

 

ピックアップ記事

関連記事一覧