• HOME
  • 【夫の言葉に傷つく】育児参加もせず口だけ出す夫への上手な対処法5選

【夫の言葉に傷つく】育児参加もせず口だけ出す夫への上手な対処法5選

 

仕事、飲み会、遊び、趣味。

 

全然家にいないくせに、珍しく家にいると思ったらゴロゴロテレビにスマホ。

 

それでいて口ばっかりは出してくるそんな夫にムカついていませんか??

 

・夫に腹が立ちすぎてこの怒りをどこにぶつけていいかわからない

・暴言を吐かれて傷ついた

・イクメンとまではいかなくても少しは子育てに参加してほしい

 

育児中の夫って、どうしてあんなに「敵」なんですかね?

 

イラつかせるために存在しているんじゃないかと思っちゃうほど、わざわざ怒らせることしてきますよね。

 

「あのデリカシーのなさはどこから来てんの!?」

って思います!

 

しかもそれでいて

「隣の奥さんはキレイにしててかわいいよね~」

「なんでウチの子ってこんなに泣くの??やっぱ育て方かな~(笑)」

とか….。

 

「はーーーー!!???どの口が言ってんじゃ。ボケエ」

ってこと軽々しくぬかすんですよね。

 

わかりますよ。

 

ホント、私も何度キレて家を出ようかと思ったことか。。。

 

そんな怒れる、そして悩める、傷ついたママに贈りたい

「ムカつきを抑えて、さらに夫を更生させる方法」

を紹介します。

 

 

夫の発言に傷つきムカつきもう限界!なママに実践してほしい夫を改心させる5つの行動

 

 

1.異常なほど褒めてみる

 

旦那さんは、あなたに甘え切っています。

 

あなたになら許されると思ってやっています。

 

こんな場合はキレても逆効果です

 

「なんでそんな事いうの!!」

「これくらいやってよ!!」

と言っても、全部向こうからすれば

「うるさいなあ~」

ってな感じです。

 

もうこうなると中学生男子と母ちゃんの関係性ですよ。

 

いわゆる反抗期です。遅すぎるけどね。

 

そんな場合は、わざと褒めまくってみてください。

 

「わーー。今日のネクタイ似合ってるねえ。すごーーくカッコいいよ」

「自分で全部やってくれたんだ。スゴイ助かっちゃったあ!!」

 

まるで自分の息子を褒めるように接してみてください。

 

おそらく、初めは

「なんだよ。気持ち悪いなあ」

かもしれません。

 

もしくは

「なんか企んでる!?」

と勘ぐってくる可能性もあります。

 

でも褒められると、行動が変わっていくものです。

 

褒められるのが苦手と言う人はいても、褒められるのが嫌いと言う人はほとんどいません。

 

自発性が出てくるというパターンが多いです。

 

褒めて褒めて褒めまくって、手のひらで転がすように子どもと一緒にパパも育てる気持ちで接してみてください。

 

 

2.「夫は3歳児」と言い聞かせる

 

夫を自分と同レベルの大人と考えないという方法です。

 

「こうしてほしい」

「これが出来て当たり前」

と自分と同レベルと思ってしまうがゆえに、期待してしまいます。

 

そのため、出来ない姿を見て腹が立ってしまいます。

 

そんな場合は夫に期待しないことが大事です。

 

「夫は3歳児」

「夫は私の子どもの一人」

と自己暗示をかけてみてください。

 

ちょっと難しいですかね。

そうしたら、

「ペット」

と思ってみてもいいです。

 

「うちはゴリラを一頭飼っている」

と思うのです。

 

「ゴリラってペットちゃうやろ!」

というツッコミは置いといて(笑)

 

「今日もまたゴリラがいつものようにゴロゴロしています」

「おっと。起き上がりました!バナナでしょうか?」

「いや違った!!まさかのスマホだ!!」

「スマホが操れるゴリラ!なかなか知的ですね」

 

と自分の中で実況中継してみてください。

 

すると結構笑えてきますよ。

 

夫にムカつくのは

「私だって大変なのに」

っていう気持ちが働いています。

 

そんな時に有効なのは自己暗示と言い聞かせです。

 

「夫は3歳。夫は子ども。夫はゴリラ」

などと自分に言い聞かせてみましょう。

 

「私のほうが出来た人間だ」

でもいいです。

 

とにかく自分と同レベルで考えず、期待を捨てることから始めてみてください。

ママの心に余裕が生まれます。

 

 

3.突然「ありがとう」と言ってみよう

 

夫が家でゴロゴロしている時。

テレビを見ている時。

 

何気ない瞬間に突然

「ありがとう」

と言ってみましょう。

 

おそらく

「へ?何が??」

と言ってくるでしょう。

 

そうしたら

「子どもって本当にかわいいね。」

「今日いないないばあしたらキャッキャ声を上げて笑ったの」

 

など子どもの近況を話してみてください。

 

「そうなんだ。今そんな事できるようになったんだ」

と思うはずです。

 

そうしたら最後に

「あなたと私の子ども、かわいいね。ありがとう」

 

と言ってみてください。

これでミッション終了です。

 

後は夫の心の中で何かが変わってくるのを待ちます。

 

翌日こっそりいないないばあしているかもしれません。

 

不意打ちの

「ありがとう」

にはパワーがあります。

 

また普段育児に参加していないパパにとって、子どもとどんなふうに接していいかわかっていない場合も多いです。

 

パパ自身が父親になり切れていないパターンもあります。

 

徐々に父親にしていくために、子どもの今の状態を教えてあげましょう。

 

「ありがとう」

という言葉には自分の心をなだめる効果もあります。

 

もちろん夫側も

「ありがとう」

と言われて嫌な気はしません。

 

普段の生活の中にもちょっとした時に

「ありがとう」

の言葉を使いたいですね。

 

 

4.パパが育児に協力的な家族と一緒に行動する

 

あなたのまわりにイクメンはいますか??

 

もしいたらそのイクメンが子どもと一緒にいる場に夫を遭遇させてみてください。

 

StockSnap / Pixabay

 

家族ぐるみで一緒にお出かけできるような間柄なら、一緒にお出かけもいいですね。

 

やはり目の当たりにすると刺激を受けます。

 

もしかすると旦那さんのお父さんもあまり育児に協力的ではなかった可能性も高いです。

 

そんな場合

「これが当たり前」

と思っているというパターンが多いです。

 

「現代でそれは時代遅れ」

と認識させるためにも、イクメンと触れ合わせてみてください。

 

公園などに一緒に行くと、子どもと楽しそうに遊んでいるパパさん結構います。

 

ぜひ一度、旦那さんを連れて行ってみてくださいね。

 

 

5.ママ自身のストレス発散方法を見つける

 

人間何十年も生きてきて形成された人間性はなかなか変わらないものです。

 

ママ自身も気にしない姿勢も大事です。

 

私の知人に

・夫は帰宅後毎日釣り具いじり

・休日は一日中サーフィン

・子育てには全くノータッチ

という家庭があります。

 

それなのに奥さんは旦那さんの事をあまり悪く言わないんです。

 

不思議で不思議でしょうがなかったんですが、聞いてみたところ

「だって言っても無駄だもん」

とのこと

 

「お、お、大人~~~」

それくらい大人になりきれるかというと難しいですよね。

 

でも「気にしない」精神は大事です。

一昔前に流行った、鈍感力ってやつですね。

 

そしてママ自身は自分のストレス発散方法を見つけてみてください。

・友達とおしゃべり

・お笑い番組を見る

・読書

・ネットショッピング

何でもいいです。

 

気晴らしをしながら、鈍感力を養いましょう。

 

 

夫の言動全てがムカつくイライラ絶頂のママでも5つの工夫をすると夫が変わる

 

子育て中のママのイライラのベスト3に入るともいえる「夫」。

 

大好きで結婚したはずなのに、年月とともに関係性も変わっていきますよね。

 

でもそれは仕方がないことでもあります。

 

いつまでもラブラブ仲良しな夫婦ってなかなかいないですもん!!

 

だいたいどの家庭も大なり小なりストレスを抱えています。

 

そんなムカつく夫へのイライラを解消しながら徐々に改心させていくには

 

1.異常なほど褒めてみる

2.「夫は三歳児」「夫は私の子ども」「夫はペット」と自己暗示

3.突然「ありがとう」と言ってみる

4.イクメン家族と一緒に行動してみる

5.ママ自身のストレス発散法を見つける

 

この5つです。

 

子どもが産まれると、ママにとっては子ども中心の生活にガラッと変わります。

 

でも旦那さんも一緒に変わってくれるかというと、なかなかすぐにはそうもいきません。

 

徐々に旦那さんにもわかってもらえるよう、ママがコントロールしてみてください。

 

子どもも

「パパ大好き!!」

に育つと、後々楽ですよ♪

 

休みの日も

「パパ―!!遊ぼう~♡」

「パパ大好き♡」

と言う子どもに育ってくれると、パパにとってもかわいいですしね。

 

そうなるためにも、ママが先手を打って

「パパがお仕事してくれて、おいしいご飯が食べられるね」

などと子どもの前でもパパを褒めてあげてくださいね。

 

ムカついている時にはそれもなかなか難しいかもしれませんが、今後のためにもなっていきますよ!

 

ピックアップ記事

関連記事一覧