• HOME
  • 母乳
  • 【本当に飲んでるの!?1時間乳首を離してくれない赤ちゃん】おっぱい大好き赤ちゃんに疲れたママに試してほしい超簡単な乗り切り術3選

【本当に飲んでるの!?1時間乳首を離してくれない赤ちゃん】おっぱい大好き赤ちゃんに疲れたママに試してほしい超簡単な乗り切り術3選

母乳

 

気が付くと1時間くらい乳首をくわえて離さない!!

 

そんなおっぱい大好き赤ちゃんに悩んでいませんか!?

 

・1時間もおっぱいを離してくれなくて授乳の度に疲れてしまう

・無理やり離そうとすると噛まれて痛いし大泣きしてしまい困る

・夜もずっと離してくれなくて全然眠れない

 

「うちもそう!まさにこんな感じ!!」

 

っていうママ多いですよね。

 

ほんと、まさしくうちの長男もこのタイプ。

 

「寝たな~」

 

と思っておっぱいを引き離そうとすると

 

「まだ飲んでるわい!!」

 

と言わんばかりにチュクチュクやりだすやつ。

 

1時間も吸われててると、本当に疲れてしまいますよね。

 

さらに「長時間吸っているのは、母乳が足りないの?」と心配するママの声も聞かれます。

 

赤ちゃんがいつまでもおっぱいを離さない理由と対処法を知っておけば、ママの不安も解消されます。

 

「おっぱい大好き赤ちゃん育児」とともに紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください♪

 

 

おっぱいを吸い続けて1時間。もう限界!!なママに試してほしいおっぱい大好き赤ちゃんとの向き合い方3選

 

 

1.添い乳をマスターする

 

 

おっぱいをなかなか離してくれない赤ちゃんを抱えるママがマスターしておきたいのが添い乳です。

 

寝ながら授乳ができるので、夜中の授乳や長時間おっぱいをくわえていたい赤ちゃんの授乳には最適です。

 

ぜひマスターしてください。

 

私もこれで乗り切りました!

 

気が付くと、赤ちゃんにおっぱいをあげながら自分も寝ていた…

 

なんてことも多々!(笑)

でも、寝ながら赤ちゃんを踏んでしまわないように注意が必要です!

 

 

2.散歩や外出をする

 

ママと二人きりの家の中でいつでもおっぱいがもらえる状況だと甘えたくなります。

 
それも大事なことです。
 

しかしたまにはそんな環境から抜け出しましょう。

 

putevodnik / Pixabay

 
たまにはベビーカーでお散歩に行く。

支援センターに連れていく。

公園に行く。

 
など、環境が変わると赤ちゃんも別の事に興味がいきます。

 
外の刺激を受けて、おっぱい以外のことに興味をもってもらいましょう。

 

 

3.吸いたければ吸わせてあげてOK

 

 

母乳不足を心配するママがいますが、

 

「おっぱいを飲んでいるのと吸っている」

 

のは根本的に違います。

 

前者はお腹が空いている。

後者は安心したいだけです。

 

見分け方は飲んでいる時の様子と音。

 

おっぱいを飲んでいるときというのはゴックンゴックンと勢いよく飲みます。

 

しかしおっぱいを口にくわえていたいだけの時はチュクチュクと吸ってはちょっと休み、離そうとするとまたチュクチュクと吸いだします。

 

ただ吸っているだけの時間が長い赤ちゃんはおっぱいが大好きで安心したいだけです。

母乳が足りていないというわけではありません。

 

吸いたければ吸わせてあげて大丈夫です。

 

大いに安心させてあげてください。

 

しかしママの体力がもつところまででOKですよ。

 

どうしても疲れた場合は赤ちゃんの頬を両側から指で押してください。

 

そうしてゆっくり乳首を引き出します。

 

無理やり出そうとすると、噛まれたりして乳首のケガにつながります。

 

ゆっくり丁寧にやってみてくださいね。

 

 

おっぱい大好き赤ちゃんにママが根気負けしないための3つの方法

 

 

おっぱい大好き赤ちゃんはとっても多いです。

 

そんなおっぱい星人と化した赤ちゃんの育児を乗り切るためにママに実践してほしいのが

 

・添い乳マスター

・外出で気分転換

・吸いたいだけ吸わせる

 

の3つです。

 

どれがやりやすそうですか!?

 

日によって変えてみるのもお勧めです♪

 

色々な方法で乗り切ってください!

 

おっぱいをあげられるのも限られた時間だけです。

 

長時間授乳はつらいですが、それだけママのことが大好きでたまらない証拠でもあります。

 

ぜひこの貴重な母乳育児タイムを楽しんでくださいね♪

 

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧