• HOME
  • 母乳
  • 【母乳の出すぎで服までシミてぬれる!!】母乳過多は放置すると乳腺炎の危険あり!?今すぐできる超簡単な母乳過多対策3つ

【母乳の出すぎで服までシミてぬれる!!】母乳過多は放置すると乳腺炎の危険あり!?今すぐできる超簡単な母乳過多対策3つ

母乳

 

 

母乳育児中の悩みといえば「母乳不足」が圧倒的に多いと思われがち。

 

ですが

「母乳が出すぎてつらい」

 

と悩むママもいます。

 

実はとっても大変でありがた迷惑な母乳過多に悩んでいませんか!?

 

・常に乳房が張って、母乳で服が濡れてしまうほどで外出もできない

・母乳が出すぎて詰まりやすく乳腺炎などのトラブルが起こりやすい

・赤ちゃんがむせてしまい飲みにくそう

 

母乳が出すぎると実は困ることがたくさんあるのに、

 

「母乳が出ないよりいいじゃない」

 

と軽くあしらわれてしまいません??

 

私も一人目の時に

 

「その母乳を作るエネルギーを疲労回復に回してくれないか!!」

 

って思うくらい母乳が出まくっていました。

 

常におっぱいパンパンで痛いし、母乳が噴き出すように出て赤ちゃんは苦しそうだし…

 

しかもそのまま放置していたら、めちゃくちゃ後悔する苦痛を味わいましたよ(涙)

 

そう、乳腺炎です。

 

母乳過多のママは特に乳腺炎になりやすいです。

 

高熱と悪寒、震えと節々の痛みと胸の痛みと….。

 

例えるならインフルエンザとぎっくり腰(実際に痛いのは胸です)が同時に来た!

 

みたいなつらさ…(涙)

 

あんなつらさ、もう二度と味わいたくない!!

 

っていうか、みなさんにも味わってほしくない!!

 

ということで母乳過多を改善することは、とっても大事なんです。

 

ぜひこれから紹介する母乳の出すぎ防止方法を実践してみてください!

 

簡単ですが、効果は絶大です!!

 

母乳パッドを一時間おきに交換するくらいの母乳過多に悩むママへ。乳腺炎になる前に必ずすべき母乳量調整方法はたった3つ!

 

 

1.ママの食生活は和食中心&脂っこいものと甘いものは我慢する!

 

 

脂っこいものや甘いものを摂ると、母乳の分泌量は一時的に増えます。

 

しかし母乳はドロっとして質が悪くなってしまいます。

 

それが乳管のつまりの原因となります。

 

サラサラで良質な母乳にするためには、脂分と甘い物はなるべく我慢です!

 

ケーキやチョコレートなどの洋菓子は特にNG食品!

 

悲しいですが…しばらくの辛抱です!

 

食事は和食中心であっさり薄味を心がけましょう。

 

takedahrs / Pixabay

 

また母乳が出やすい体質の人はたくさん食べれば食べるほど、どんどん母乳が作られて行ってしまいます。

 

食べる量を少しだけ減らしてみてください。

 

授乳中は水分を多くとるようにといわれますが、母乳の分泌が多い人は摂りすぎにも注意です。

 

また水分を多く含む柑橘類なども控えてください。

 

特に夜間は母乳がたくさん作られる時間です。

 

さらに昼間よりも授乳回数も少なくなりがち。

 

夕食は低カロリーなものを早めの時間に食べるようにしてください。

 

ただ極端な食事や水分制限は危険なのでやめてください。

 

育児は体力勝負です。

 

ママが倒れてしまっては大変なので、きちんと一日3食はとるようにしましょう。

 

 

2.お風呂はシャワーですませる

 

 

体を温め血行をよくすると母乳の分泌を促します。

 

母乳が出すぎる人は、お風呂に長時間つかるなど体を温めすぎることは控えてください。

 

シャワーですませてしまうくらいがおすすめです。

 

温泉などもしばらく我慢です。

 

温か飲み物もできるだけ控え、常温の飲み物にしましょう。

 

 

3.搾乳は授乳前に10搾りだけ

 

 

母乳が出すぎると乳房が張って痛くてつらいです。

 

そんな時「搾乳」をすると少し楽になりますね。

 

しかしこの搾乳によって乳房が空っぽになると

「もっと母乳を作らなければ」

 

と体が母乳をもっと作るようになってしまいます。

 

搾乳はすっきりするほど絞ってはいけません。

 

片方50mlが限度です。

 

だいたい10搾りで50mlくらいになってしまいます。

 

パンパンに張ってしまっている時や、授乳前にやってみてくださいね。

 

また母乳が噴水のように出ると、赤ちゃんはむせてしまいます。

 

授乳前に5~10搾り程度搾乳してから飲ませてあげましょう。

 

 

母乳の出すぎに悩まされているママは食事と搾乳に注意!今やらないと絶対後悔する母乳過多対策

 

 

母乳が出すぎる人にとって一番怖いのは乳腺炎になってしまうことですね。

 

乳腺炎になると本当につらいです。(経験者が言うので間違いないです)

 

ひどい場合は乳房を切開する手術が必要になってしまいます。

 

絶対に!!今のうちから、母乳過多対策をしてください!!

しないと本当に後悔しますよ。脅しじゃないです!

 

それだけ乳腺炎はつらいんです!

 

・和食中心で脂モノと甘いモノはなるべく我慢!

・体を温めすぎないように長湯しないorシャワーで済ます

・搾乳は10回搾る程度でやめておく

 

これだけです。

 

とくに食事は、超ダイレクトに母乳に反映されてしまいます。

 

食べ過ぎと脂っこいモノと甘いモノは、つらいですがしばらく我慢してください。

 

母乳の出方が落ち着いてきたら、ご褒美で少しだけ食べてみるくらいにしてくださいね。

 

母乳がたくさん出るというのは、本当はとってもありがたいこと!

 

母乳は赤ちゃんにとって最高の癒しです♡

 

そしてママも母乳がいっぱい飲んでもらうと、体系の戻りが早いですよ!

 

乳腺炎にならないように気をつけ、母乳の出すぎ改善していきましょう!

 

 

 

 

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧