• HOME
  • 母乳
  • 【赤ちゃんが母乳嫌い!?】母乳を嫌がって飲まない赤ちゃんがおっぱい大好きに劇的に変身するたった3つの魔法

【赤ちゃんが母乳嫌い!?】母乳を嫌がって飲まない赤ちゃんがおっぱい大好きに劇的に変身するたった3つの魔法

母乳

 

 

赤ちゃんがおっぱいを全然飲んでくれない。

 

飲み始めてもすぐにやめてしまう。

 

そんなおっぱい嫌いの赤ちゃんに悩んでいませんか?

 

・完全母乳で育てたいと意気込んでいたのに赤ちゃんがうまくおっぱいのを飲んでくれない

・このままでは母乳が出なくなってしまうのではないかと心配

・ミルクを足すべきなのか悩んでしまう

 

 

「赤ちゃんって自然とおっぱいを飲むものだと思っていたら全然聞いていた話と違う!!」

 

っていうママ、実はすごく多いです!!

 

赤ちゃんの小さなお口でおっぱいを飲むのって難しいもの。

 

でも赤ちゃんの栄養源はおっぱいのみで栄養不足が心配だし。

 

このまま赤ちゃんが上手におっぱい飲めるようになるまで待ってて大丈夫??

 

そんなママの不安にお応えするため!

 

赤ちゃんがおっぱいを上手に飲めるようになる裏技をお教えします!

 

実は赤ちゃんにとって飲みにくい条件が重なってしまっているのかも!?

 

これを読んで、日ごろの授乳について振り返ってみてください!

 

おっぱい嫌いな赤ちゃんがおっぱい大好きに生まれ変わる超簡単な方法3選!

 

 

1.安定する抱っこの体制を見つけてあげる

 

 

授乳体制が安定していなくて赤ちゃんが飲みにくかったり疲れて飲めない場合があります。

 

抱っこの体勢を安定させてあげましょう。

 

授乳の仕方で最も一般的なのは横抱きです。

 

授乳しているおっぱいの逆の手で赤ちゃんの頭を下から支えます。

 

赤ちゃんの頭の位置をちょうどいい位置に調節しながら授乳しやすい抱き方です。

 

縦抱きは乳首が短い、扁平、陥没の方は授乳しやすい体勢です。

 

ママの乳首の形状に合わせて、赤ちゃんに合った飲みやすい体勢を色々試してみてください。

 

また脇抱き(フットボール抱き)といって脇に抱えるような抱き方もあります。

 

添い乳は寝ながら授乳できるのでママにとっての負担が減り、楽チンでお勧めです!

 

授乳クッションはママも赤ちゃんも安定した姿勢で負担が減ります。

 

ぜひ取り入れてみてください。

 

色々な抱き方をしてみて、赤ちゃんが安心し安定しておっぱいを飲む体制を見つけてあげてくださいね!

 

grisguerra / Pixabay

 

さらに乳首の先だけが赤ちゃんの口に入っているというような形での授乳は避けましょう。

 

乳首を傷つける原因になり、母乳も出にくい飲み方です。

 

乳輪の部分までくわえさせるようにしてください。

 

そして乳首にむかって赤ちゃんの口がまっすぐであるようにしてください。

 

新生児のうちは吸う力も弱いので、乳首がうまく口に入っていないと吸えずに疲れてしまって飲むのをやめてしまうこともあります。

 

乳首の向きは垂直に。

 

そして赤ちゃんにとって安定する抱き方を色々試してみてください。

 

 

2.乳房や乳首のマッサージをする

 

 

まず自分の乳房を触ってみてください。

 

硬いしこりはある場合は乳管が詰まっている可能性があり、母乳が十分に出ていません。

 

一生懸命吸ってもおっぱいがあまり出ないと、赤ちゃんは疲れてしまいます。

 

さらにそのままにしておくと乳腺炎といって乳房に激しい痛みが出てしまう可能性があります。

 

母乳外来にいって詰まりを取り除いてもらいましょう。

 

また乳首が陥没、扁平、短小、巨大乳頭などの場合、赤ちゃんがうまく吸えないことが多いです。

 

乳首マッサージをして乳頭を柔らかく保ち、赤ちゃんが吸いやすいようにしてあげてください。

 

 

3.おいしい母乳になるように食生活は和食中心

 

 

赤ちゃんはおいしい母乳が好きです。

 

案外グルメなんですよ!びっくりですよね(笑)

 

赤ちゃんにとっておいしい母乳はママの食生活次第です。

 

濃い味の食事や脂分の多い食事をしていると母乳はまずくなってしまいます。

 

母乳を白いタオルに絞ってみてください。

 

タオルに黄色い色がつきませんか!?

 

おいしい母乳はサラサラしていてお米のとぎ汁のような薄い白色です。

 

何を隠そう、、、突然ですが、、私、ハンバーグや甘い食べ物が大好きなんです…(汗)

 

うっかり脂っこいものを食べて、甘いものを食べていた際、タオルに絞った母乳の色で驚きました!

 

超黄色い!!!!

 

まっずーい母乳を与えていたようです(汗)

 

母乳外来で怒られました…。

 

栄養バランスよく塩分脂分を抑えた和食中心の食生活で、おいしい母乳になるよう心がけましょう。

 

基本は白米+煮物+味噌汁などの薄味和食。

 

母乳の質をよくするだけではなく、詰まりなどのトラブルも予防してくれます。

 

 

母乳を嫌がる赤ちゃんに悩むママにお勧めしたい母乳育児のコツは超簡単なたったの3つ

 

 

赤ちゃんが小さいうちは、まだ上手に母乳を吸えない子も多いです。

 

そうは言っても、栄養源は母乳オンリーの赤ちゃん。

 

上手にゴクゴク母乳を飲めるようになってほしいですよね。

 

そのためのコツはこの3つ

 

・授乳体勢を色々試し、赤ちゃんが安定する抱き方をみつけてあげる

・乳房、乳首のマッサージで赤ちゃんが飲みやすいおっぱいにする

・おいしい母乳になるようにあっさり薄味和食を心がける

 

です。

 

これなら簡単にできそうですよね。

 

母乳育児のすばらしさ。

 

それはただ単に母乳が赤ちゃんにとって大事な栄養素を兼ね備えているからだけではありません。

 

ゆったりとスキンシップをとって信頼関係を築くこと。

 

それが赤ちゃんの成長の一番大事な根底を支えていくのです。

 

初めはうまくいかなくても、だんだん赤ちゃんもおっぱいの飲み方を習得できます。

 

ママはぜひここに書かれた3つを参考に、赤ちゃんの手助けをしてあげてくださいね!

 

そしてあせらず気長に母乳育児を楽しんでください。

 

あなたの母乳育児が笑顔いっぱいになりますように!応援しています!!

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧