• HOME
  • 母乳
  • 【母乳が出ないなんてママ失格!?罪悪感や自己嫌悪でつらい】ミルクで何が悪い!?ミルクだって立派な育児!「ミルクの赤ちゃんは幸せ者」と思えるたった3つの超簡単な魔法

【母乳が出ないなんてママ失格!?罪悪感や自己嫌悪でつらい】ミルクで何が悪い!?ミルクだって立派な育児!「ミルクの赤ちゃんは幸せ者」と思えるたった3つの超簡単な魔法

母乳

 

出産後すぐに始まる授乳。

 

しかし出産してすぐに母乳がよく出るママもいれば、始めは全然出ないママもいます。

 

「なんで私のおっぱいは出ないんだろう」

 

と傷つき悩んでいませんか?

 

・周りのささいな言葉ですら傷ついてしまう

・自分はダメな母親だと自己嫌悪に陥っている

・赤ちゃんへの罪悪感を感じつらい

 

「ミルク足してるんだ!!」

深い意味のないこんな言葉すら悲しい。

 

それもこれも

 

「母乳完全主義」「母乳神話」

 

が背景にありますよね。

 

母乳はスゴイ!

母乳はエライ!

 

っていう。

 

確かに母乳にはたくさんの栄養やママからの免疫が含まれています。

赤ちゃんにとって優れた栄養素であることに間違いはありません。

 

でも

 

「出ないもんは出ない!!!」

 

本当は人にとやかく言われることじゃないんです。

 

それにミルクで何が悪いの!??

 

私はミルクで育った子をたくさん見てきました。

みんなすくすく元気に成長していますよ。

超大手企業に就職した人もいたし、立派な大人になった人だって見ています!

 

ミルクだって全然問題ないんです!

 

「母乳神話」を振りかざされても、ママは余計につらく悲しく惨めな気持ちになってしまうだけですよね。

 

ただでさえ大変な育児を頑張っているママ。

 

さらに精神的にも追い詰められてしまうのはとてもつらいことです。

 

ぜひここに書かれたことを一読してみてください。

 

ママは十分頑張っていますよ!!

 

 

母乳神話に傷つくママに読んでほしい。ミルクも立派な育児!と思える3つの魔法

 

 

1.毎朝赤ちゃんをギュッと抱きしめて笑いかけてみる

 

あなたの赤ちゃんは元気にすくすく育っています。

 

ミルクだって愛情はきちんと伝わっています。

 

それを確かめるにはスキンシップが一番。

 

ママがギュッと抱きしめれば、赤ちゃんは幸せそうです。

笑顔で語り掛ければ、笑いかけてくれるようになっていきます。

 

そんな

「赤ちゃんのママへの愛情」

を実感すること。

 

それによってママ自身も安心し自己肯定できます。

 

まず毎朝の目覚めで赤ちゃんを抱きしめ、笑顔で

「おはよう」

と語り掛けてみてください。

 

赤ちゃんの存在がママの心が満たしてくれます。

 

こんなにかわいい赤ちゃんがママを必要としてくれているんです。

 

母乳が出なくたって、赤ちゃんにとっては大好きでかけがえのないたった一人のママとしっかり認識されていることがわかります。

 

ママの愛情はしっかり伝わっていることを実感できます。

 

そして母乳が出ない自分も

「それも個性」

と言い聞かせてみてください。

例えば背が高い人、低い人。太りやすい人、太りにくい人。頭のいい人、頭の悪い人。

 

いろんな人がいますよね。

人間みんな別々の個性をもっています。

 

母乳だって同じです。

 

出産前から出ている人、出産直後からたくさん出る人、あまり出ない人、全然出ない人。

 

みんな違って当然なのです。

 

それを同じように「母乳が一番」とひとくくりにまとめて母乳育児を推進すること。

 

それは無理があります。

なかなか母乳が出ない場合、自分を責めがちです。

 

でもママのせいでは決してありません。

Profile / Pixabay

母乳がなかなか出ない自分を悲しく思う必要は全くありません。

 

現代のミルクはとっても高性能です。

 

大丈夫!安心してください。

 

 

2.周りで批判する人には「そんなことしか考えられないなんてかわいそうな人」と思ってみて

 

ちょっと卑屈に聞こえるかもしれないですが、これって正論ですよね。

 

「ミルクなんてかわいそう」

「母乳こそ育児」

 

など声高に母乳至上主義を掲げる人。

 

ですが育児は人それぞれ違うものです。

言われた人の気持ちも考えず冷たい言葉をかけてくる人に傷つく必要はありません。

気にしていたらストレスになるだけです。

 

「相手の気持ちがわからないなんてかわいそうな人だな」

と心の中で思ってみてください。

 

実際のところ、

「人を傷つけていること」

に全く気が付いていない場合が多いんです。

 

ツライですが、この経験であなたは

色々な立場の人がいる事

・自分が正しいと思って言ったことでも相手が傷つくことがあること

 

がよくわかったはずです。

それってすごく人生にとってプラスじゃないですか!?

 

この経験のおかげで、これからあなたは人を傷つけずにすむようになります。

人に優しくなれますよね。

 

「そういう考えの人もいるよね」

と割り切って聞き流しましょう。

 

その結果、他人に優しい大人の振る舞いができる素敵な女性になれますよ。

 

 

3.赤ちゃんの写真を撮り部屋に飾る

 

育児中は毎日の生活にいっぱいいっぱいです。

 

赤ちゃんの小さな成長や表情の変化はあっという間に過ぎ去り忘れてしまいます。

 

ぜひ赤ちゃんの写真を撮り、部屋に飾りましょう。

 

アルバムを作ってすぐに見られるところに置いておいてもいいです。

 

少し前の写真と今の赤ちゃんを比べるととっても成長していることが一目瞭然です。

 

「こんなに大きくなっていたんだ」

 

と思えると、育児に自信が湧きます。

 

ミルクだからって

「赤ちゃんの成長が止まってしまっている」

とか

「笑顔がない」

なんてことないって、写真を見ればわかります。

 

毎日目に入るところに飾って、ナーバスになった時に写真を見るようにしてみてください。

 

赤ちゃんの笑顔や成長を感じる事

 

それがママにパワーを与えてくれます。

 

 

「母乳がエライ!?」そんなことはない!「ミルクもスゴイ」と思うための救世主は赤ちゃんの存在

 

 

母乳がなかなか出ないと悩むママは実はとても多いです。

 

でもミルクだからって愛情が伝わらない

 

なんてことは絶対にあり得ません!

 

断言できます。

 

安心してください!

 

母乳で育てていたって、ママが疲れ果ててイライラしていたら赤ちゃんは敏感に感じ取ります。

 

逆にママがミルクをニコニコ優しく微笑みながらくれたら、赤ちゃんは安心します。

 

母乳が出にくくて悩んだり、自分を責める必要なんてないって少しずつ思えてきましたか!?

 

もっともっとママが自信を持つために、ママの心の支えになってくれるのは赤ちゃんの存在です。

 

・毎朝ぎゅっと抱きしめ語り掛ける

・赤ちゃんの写真を撮る&それを目に入る位置に飾る

 

ことで赤ちゃんの健やかな成長を実感しましょう。

 

「赤ちゃんが育っていること」

 

それこそがママの頑張ってきた証です。

 

大丈夫!!ママの愛は十分伝わっていますよ!

 

さらに周りの言葉が心に突き刺さるようにつらいこともあるかもしれません。

でもママが悲しんでいること、悩んでいる暗い顔は赤ちゃんにとっても悲しいものです。

 

さらにそんな悲しくつらい言葉を投げかけてしまう人は

 

「人の気持ちがわかならい悲しい人だな」

 

と思ってみると、傷つかずにすみます。

 

実際にこの経験であなた自身も人の気持ちを考える機会となったはずです。

 

ツライ経験だったかもしれませんが、その経験は絶対に人生にプラスとなります。

これからもっと素敵な優しい大人の女性になれます。

 

ママは十分すぎるくらい頑張っています!

 

でも育児って「頑張ったね。エライね。」って褒められることってほとんどないですよね。

 

だから、自分くらいは自分を褒めてあげてほしいんです。

 

責めたりしないでほしいんです。

 

前向きに育児を楽しめるように。

 

あなたの育児が笑顔あふれるものとなりますように!

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧