• HOME
  • 母乳
  • 【母乳育児でもうヘトヘト】疲労と睡眠不足で爆発寸前ママに試してほしい超簡単な5つの疲労回復方法

【母乳育児でもうヘトヘト】疲労と睡眠不足で爆発寸前ママに試してほしい超簡単な5つの疲労回復方法

母乳

 

母乳育児はママにとって体力・気力勝負!

毎日超・睡眠不足だし、授乳って実はかなり体力消耗するし。

 

赤ちゃんに全て吸いつくされているのかも!?っていうくらい、夕方にはグッタリ。

全然疲れが取れない!っと悩んでいませんか?

 

・頻回授乳でもう疲れた!疲労困憊で限界寸前

・夜も何度も起きて授乳。日中も眠くて眠くてたまらない

・なぜかいつもだるくて疲れが全然とれない

 

出産後すぐにはじまる育児は想像以上に超ハード!

 

さらに母乳を作り出すのには膨大なエネルギーが必要って知っていましたか!?

 

実はママの体の中で毎日たくさんのエネルギーが消費されているんです!

疲れるのは当然ですよね。

 

それに加え、赤ちゃんのお世話や家事などやることは山積。

疲労は溜まる一方です。

 

私も夜中の頻回授乳で寝不足が続き

「育児ってこんなに大変なの!?世のママたちってみんなこれこなしてるワケ!?」

って本気で思いました!

 

でも疲労回復や睡眠不足の症状を緩和できる方法があるんです!!

 

疲れがたまりまくったママは少しでも楽になれるように。

溜まりすぎた疲れを解消する超簡単な方法を5つ厳選してみました!

 

 

母乳育児で疲労困憊。もう限界!になる前にママに試してほしい5つの疲労回復方法

 

1.レバーや卵、納豆などの鉄分豊富な食材を一品プラス

 

母乳は血液から作られています。

そのため授乳中のママは慢性的に鉄分不足になりやすいです。

 

鉄分不足はだるさを引き起こします。

さらに体内の酸素が減り眠気も誘発します。

また免疫力も低下するので風邪もひきやすくなるうえに、感情の起伏が激しくなります。

 

鉄分不足は疲労を感じさせる大きな要因となっているのです。

 

意識的に鉄分を摂るようにしてください。

 

鉄分が多く含まれる食材はレバー、卵の卵黄、みそ、しじみ、あさり、納豆、あおのり、ひじきなどです。

ぜひ食事に一品、鉄分含有食品をプラスしてください!

 

2.昼間も赤ちゃんと一緒にお昼寝する

 

産後ママは寝不足が続きます。

眠れるときに眠ってください。

StockSnap / Pixabay

 

長時間ぐっすり眠ることは難しいので、少しずつの細切れ睡眠で構わないです。

 

少しでも眠れるときに横になってみてください。

 

赤ちゃんがお昼寝している時は、一緒に寝ましょう。

 

3.和食中心を心がけ、バランスよく栄養を摂る

 

母乳育児に最適なのは、あっさり薄味の和食です。

母乳の質が良質になり、赤ちゃんの機嫌もよくなります。

 

毎日の食事を和食中心に変えてみてください。

 

またその際に摂り入れることをお勧めしたいのは以下の食品です。

 

・ビタミンB1(豚肉、あおのり、きな粉、焼きのり)

疲労回復ビタミンといわれることもあり、疲れた時に最適な栄養素です。

 

・クエン酸(レモン、グレープフルーツ、いちご、うめぼし)

肉体疲労、精神疲労のどちらにも有効です。

 

・カルシウム(桜エビ、しらす、ししゃも、いわし)

ストレスを感じにくくなります。

 

・マグネシウム(大豆製品、桜エビ、あさり、しらす)

精神的な疲労を回復します。カルシウムと合わせて摂取すると効果的。

 

・パントテン酸(納豆、いわし、レバー)

疲れにくい体をつくります。

 

・たんぱく質(しらす、いわし、まぐろ、かつお)

ストレスや疲労のダメージで傷ついた細胞修復します。

 

これらの栄養素をできるだけバランスよく取り入れるようにしてみてください。

疲労回復効果があります。

 

4.散歩や日光浴など外気に触れる

 

赤ちゃんと二人きりで家に引きこもっていると、煮詰まりやすいです。

 

そんな時はお散歩に出かけましょう。

日光を浴び、外の空気を吸い込むだけでリフレッシュになります。

 

また赤ちゃんも外の世界の刺激で機嫌がよくなります。

天気がよくて暖かい時間を見計らって、外に出てみましょう。

 

5.共感してくれる人と会話する

 

母乳育児は疲れやストレスがたまります。

 

しかしそれは多くのママ抱える共通の悩みです。

悩みが共感しあえるママ友がいるはずです。

 

公園や支援センターなどに出かけてみましょう。

同じくらいの月齢の赤ちゃんを持つママと話すと気分が晴れます。

 

たまったストレスはためこまず口に出してみてくださいね。

ストレス解消になります。

 

超ハードな母乳育児を乗り切るための疲労回復方法は食事・睡眠・息抜き!!

 

 

母乳育児はとてもハードです。

 

披露のピークがやってくるのが産後1~3ヵ月と言われています。

疲労でママが体調を崩してしまう前に、ぜひ実践してほしいのがこの5つ。

 

・鉄分をたくさん摂ろう

・細切れ睡眠で睡眠時間を確保する

・和食でバランスよく栄養を摂る

・お散歩でリフレッシュ

・人と会話をしてストレス発散

 

です。

 

これなら今すぐできそうですよね。

この疲労回復方法とともに、ママに心がけてほしいのは

 

1人きりで頑張りすぎない事

 

です。

育児は本当に大変です。

 

旦那さんや周りの人に助けを求めてみてください。

この時期は家事だって手抜きで大丈夫!

 

ママは十分すぎるくらい頑張っています!!

その頑張りに気が付いていたわってくれる人がそばにいるといいのですが…

 

そうとばかりはいかないのが現実ですよね。

でも、自分の頑張りを自分で認めてあげる事も大事です。

 

「うん!私頑張ってる!!」

って言い聞かせてください。

 

疲労がたまるほど頑張っているあなたは本当にエライ!

 

これからはぜひ疲労回復の方法を生活の中に取り入れてみてくださいね。

ママの疲れが少しでも和らぎますように。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧