• HOME
  • 姑トラブル
  • 【断乳勧める義母】「まだやめないの?」をお互いに納得できる超簡単な3つの裏技

【断乳勧める義母】「まだやめないの?」をお互いに納得できる超簡単な3つの裏技

姑トラブル

 

 

昔は生後3か月くらいから徐々に果汁などを与え、生後4ヵ月頃から離乳食を与え、1歳までには断乳というの一般的でした。

 

そんな世代から見ると1歳を過ぎても母乳をあげている姿には

「まだあげてるの?」

と思いがちです。

 

しかし現在はその考え方も変わってきているので、それを義母に言われてしまうと悩んでしまいますよね。

 

義母に断乳を進められ悩んでいませんか??

 

・「もう断乳した方がいいんじゃない?」としつこく言われて困っている

・義母なので反論しにくい

・義母さんが断固自分の意見を曲げず押し付けてきて悩む

 

自分の母親なら

「今は違うんだよ」

と言いやすくても、義母だとそれも言いづらいですよね。

 

さらに義母が近くに住んでいる場合は育児に関して口を出されることも多いでしょう。

 

しかし無下にすることは今後の付き合いを考えても避けた方が無難です。

 

義母の意見を聞きつつ、うまく付き合っていける裏技を今のうちから習得しておくことをお勧めします!!

 

 

断乳を進める義母と悩めるママ。両方が納得できる超単純な3つの方法で今後の関係性も良好に

 

 

1.ママ自身があげたいと思うなら続けるべき

 

WHOのガイドラインでも

「母乳育児は2歳以上まで、頻繁に子どもの要求に応じて与えましょう」

とされています。

 

根拠をもとに母乳の有効性が認められているのです。

 

grisguerra / Pixabay

 

赤ちゃんの卒乳は焦らずに、ママ自身が納得した時期で大丈夫です。

 

ママ自身が納得しないまま断乳をしてしまうと後々

「もっとおっぱいあげたかった」

という後悔の元となります。

 

そして

「義母のせいで」

とママの中でわだかまりが残ってしまいます。

 

ママがまだ授乳をしていたいと思うのなら続けてみてください。

 

 

2.旦那さんにやんわりと伝えてもらう

 

ママから言うと角が立つことでも息子である旦那さんから言ってもらえば義母も納得しやすいです。

 

その際に

「嫁に言わされている感」

は絶対に消してください。

 

「私より嫁の言いなりになって!」

と反感を買ってしまいます。

 

「会社の上司がね、最近はWHOのガイドラインでも2歳までは母乳をあげなさいって言ってるって言っててさ、うちはそんなに長くあげられるかわからないって話したけどね。でもとりあえずもうちょっと頑張ってみることにしたほうがいいかなって俺は思ってね」

 

などと旦那さん自身の考えとしてやんわりと伝えてみてください。

 

またその際に

・会社の上司などに助言された

・根拠も示す

と義母も納得しやすいです。

 

「上司」と「根拠」は反論されにくいポイントワードです。

 

そんな回りくどいことをしなくても大丈夫という家庭は

「うちはこうしたいって決めたから」

と単刀直入に伝えてもいいですね!

 

またママ自身が言っても納得してくれそうな義母であれば、ママが伝えてもOKです。

 

自分の意見を言い合える関係を構築していくのも素敵なことです。

 

 

3.「そうですねえ」と聞き流し、気にしないのも大事

 

今回登場した義母さんですから、今後も末永く口出ししてくることは目に見えていますよね。

 

その度に悩んでいては身がもちません。

 

「そうですねえ」

と相づちをうって聞き流すのも一つの手です。

 

納得したフリです!

 

「うん。うん。えー!そうなんですか!!」

って。

 

私も義母に限らずめちゃくちゃよくやります(笑)

聞いているように見せかけて実は全然聞いていない、相づち。

 

だからといって断乳しなくていいですよ。

 

とりあえず納得したような姿勢だけ毎回見せておくというパターンです。

 

しびれを切らして

「いつ断乳するの??」

と迫ってきたら

 

「ちょっと赤ちゃんの体調が悪いのでよくなったら」

「今度は私も体調が悪くなってしまって」

などと先延ばし作戦を決行してみてください。

 

あまり気にしすぎると疲れてしまいます。

気にせずに聞き流すことも時には必要です。

 

 

義母の「おっぱいまだやめないの?」に悩むママをお助け!超簡単な3つの対処法

 

 

義母さんの時代とは科学的にも医学的にも進歩した現代。

 

育児定説は変わってきています。

 

しかしそんな中にも変わらないものもたくさんあります。

 

それは我が子を愛する気持ちです。

 

義母もきっと息子さんがかわいくて仕方ないのです。

 

そんな気持ちも尊重してあげたいものですよね。

 

義母のプライドを傷つけずママも納得できるためには

 

・ママが授乳していたいと思っている間は続けるべき

・パパにやんわりと伝えてもらう

・ママは相づちは打ちつつ聞き流し、気にしない

 

の3つです。

 

あまり気にせず、旦那さんと力を合わせて思う通りにやってみて大丈夫ですよ!

 

ママとパパの子どもです!

 

二人が納得する育児をしてあげてくださいね!

 

ピックアップ記事

関連記事一覧