• HOME
  • 病気
  • 【子どもの風邪がすぐうつる】ママが劇的にうつらなくなる超簡単な5つのコツ

【子どもの風邪がすぐうつる】ママが劇的にうつらなくなる超簡単な5つのコツ

病気

 

 

子どもの病気の菌ってものすごく強烈ですよね。

 

毎日育児をしているママは

「毎回うつってしまう」

という声もよく聞かれます。

 

子どもの病気が毎回うつってしまい悩んでいませんか??

 

・子どもの病気に毎回うつってしまい体力的にも精神的にもキツイ

・前の風邪が治ったばかりなのにもう次の風邪をもらってきて滅入ってしまう

・兄弟が順番に風邪をひく無限のループにはまりもう限界

 

これ、ものすごーーーーくよくわかります(涙)

 

うちも長男が幼稚園に行き始めたばかりの頃、もうズタボロでした。

 

家事も育児もしなくちゃいけないのに常に風邪でフラフラ。

本当につらいですよね。

 

でもこのまま無理を続けると、ママが倒れてしまいます。

 

ママが倒れてしまったら…

もうそれこそ緊急事態です。

 

ママは倒れるワケにはいかないのです(涙)

 

そんな頑張るママに!

ママの体のために今できることを紹介します。

 

今が本当につらい時です。

 

ぜひ紹介する方法を実践してみてください。

 

ママのつらさが少しでも和らぐことを祈って、厳選してみました。

 

 

子ども達の風邪がうつりまくってもう限界なママにお勧めしたい5つのもらわないコツ

 

 

1.夜は子どもと一緒に早く寝る

 

睡眠不足は抵抗力・免疫力を落とします。

 

特に子どもやママが風邪気味の時はいつも以上に睡眠時間を確保するように注意しましょう。

 

子どものお昼寝中は一緒に寝る。

夜も一緒に早く寝る。

 

調子が悪い時は最低でも9時間は寝るようにしましょう。

 

睡眠不足の状態では単に風邪が治りにくいだけでなく、新たなウイルスにも感染しやすくなります。

 

ぜひ「寝られるときには寝る」を徹底してください。

 

特にまだ授乳中ママは要注意。

細切れ睡眠でかまわないので赤ちゃんが寝ている時は一緒に寝てください。

 

 

2.3食しっかり食べる

 

子育てに忙しいママは自分の食事にまで気を配る余裕がないという声も多いです。

 

しかし栄養不足のままではいつまでたっても元気は取り戻せません。

 

野菜、果物、肉、魚、豆類、海藻類

 

など色々な食品をバランスよく食べるようにしましょう。

 

特に体を温める食品を意識的に取るようにしてください。

 

・調味料(味噌、醤油)

・根菜(ショウガ、人参、ごぼう、玉ねぎなど)

・魚介類(鮭、鯖、秋刀魚)

・肉類(牛肉、鶏肉、豚肉)

 

などを食べて体を内側から温めることも風邪予防につながります。

 

ネギやにんにくも疲労回復効果があり風邪気味の時に摂りたい食品です。

 

 

また食事だけで栄養を補うのが難しければサプリを飲むようにしてもいいですね。

 

育児で忙しいママは、食事をしている余裕もないというママも多いです。

そんな場合はサプリで効率的に栄養をとるのもお勧めですよ。

 

 

 

3.子どもの食べかけは食べない

 

もったいないからといって風邪気味の子どもの食べ残しを食べるのはやめましょう。

一番うつるもとです。

風邪をひいている時の子どもの唾液には風邪のウイルスがいっぱい。

食べ残しを食べるのは、ウイルスをわざわざ食べているのと一緒です。

 

もったいないですが、風邪の時はやめましょう。

 

また子どもが風邪をひいていなくても、ちょっとでも

「怪しいな」

と感じる時はやめておいた方が安心です。

 

 

4.パパが休みの日は子どもをパパに任せる

 

子ども達が家にいてはママは体が休まりません。

 

パパが休みの日は、子ども達を連れてどこかに出かけてもらいましょう。

 

2~3時間出かけてもらうだけでも全然違います。

 

その間に家事などやりたくなってしまうかもしれません。

しかし我慢してゆっくり横になってください。

 

とにかく今ママに大事なのはゆっくり体を休めることです。

 

平日が始まったらまた怒濤の日々です。

 

パパが休みの日はママの体調回復だけに努めましょう。

 

 

5.寝る時もマスクをつける

 

子どもが風邪気味の時は家の中でもマスクをつけているママが多いですよね。

 

子どもの咳などから飛沫が飛び散ることでママもうつってしまいます。

 

マスクをしていると多少は防御できます。

 

その際に

・隙間を作らないようにフィットするマスクをつける

・あごや鼻部分に隙間が出来ないように折ってからつける

この2つに注意してみてください。

 

そして就寝時こそマスクをつけるようにしてください。

 

就寝時は一番免疫力が落ちる時。

最も感染リスクの高い時間帯です。

 

マスクをしてウイルスの侵入をなるべく防ぎましょう。

 

さらにマスクをしていると喉の乾燥を防げます。

乾燥状態はウイルスが付着しやすい状態。

 

ぜひ就寝中もマスクをして喉の加湿に努めましょう。

 

また寝室の温度や湿度も適温にするようにしましょうね。

寝室も室温22~24℃。湿度40%以上を心がけウイルスの入りにくい状態にしましょう。

 

 

子どもの風邪がいつもうつってしまうママは育児疲れで免疫力が落ちている!免疫UPを目指そう!

 

 

子どもの風邪が毎回毎回うつってしまうというママ。

 

そんなママはちょっと疲れすぎてしまっています。

 

疲労で免疫力がかなり落ちてしまっているのです。

 

ぜひまずママの免疫力をUPさせる生活を心がけてください。

 

そのためには

・とにかく睡眠がとっても大事!寝られるときは寝ること

・栄養もものすごく重要。3食しっかり食べる

・子どもの食べ残しは食べない

・パパが休みの日は育児をバトンタッチしてもらいゆっくり休む

・寝る時もマスクでのどを守る

 

この5つを心がけてみてください。

 

風邪がうつってばかりでは本当につらいです。

 

ぜひママの免疫力を上げて、風邪予防してくださいね。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧