• HOME
  • つわり , 妊娠初期
  • 【つわりで何も食べられない!】つわりがひどい妊婦さんでも劇的に食べられるようになる3種類の食事とは

【つわりで何も食べられない!】つわりがひどい妊婦さんでも劇的に食べられるようになる3種類の食事とは

つわり

 

 

つわりで常に胃がムカムカ

こみあげるような気持ち悪さで何も食べられない!

っていうか食べたくない!

 

そんなつらいつわりで何も食べられず悩んでいませんか?

 

・つわりでほとんど食べ物をうけつけられない

・食べても嘔吐してしまい栄養が取れていない

・こんなに食べられなくて赤ちゃんの成長がすごく心配….

 

食欲不振が続き、嘔吐を繰り返したりして体重も減っていくいっぽう。

 

そうなってくるとママ自身の体もお腹の赤ちゃんへの影響も心配になってしまいますよね(涙)

 

かく言う私も二人目妊娠の時、ほとんど何も食べられず妊娠初期1カ月間で8㎏痩せてしまいました…。

 

本当にフラフラ、ズタボロ状態でしたよ(涙)

 

でもそんなつらーい状態で不安&憂鬱なまま過ごすのって、実はつわりを悪化させる要因=ストレスにつながっちゃうんです!

 

さらにこの食べられない空腹感こそがつわりをもっともっとつらくさせているという衝撃の事実をご存知ですか?

 

「じゃあ、どうすればいいっていうの??」

 

というママの声にお応えするため、つわりがひどくても

 

食べやすくて、さらに妊娠中に必要な栄養素も効率的に食べられる食べ物をご紹介します!

 

つわり中の「食べられない!」不安を解消して、このつらいつわり期を乗り切りましょう!!

 

 

つわり中はさっぱり系!ひんやり系!フニャフニャ系!の3つ

 

 

1.  つめたい食べ物は口の中をスッキリさせる!

 

 

つわり中はお口の中がスッキリせず常に不快感がありますよね。

 

そんな時にお勧めなのはやっぱり冷たいもの!

 

アイスや冷たい飲み物などのひんやり系!!

 

炭酸飲料は爽快感もあるので、つわり中によく飲んだというママも多いです。

 

さらには氷を口の中に入れておくなどもお勧め!

(私は氷+ガムが最強コンビでした!)

 

さらに裏技でフルーツを凍らせるのもお試しの価値ありです。

 

フルーツはそのまま食べるのもビタミン豊富でお勧めですが、凍らせるとよりつわり中でも食べやすくなります。

 

アイスの糖分よりもフルーツの果糖のほうが体のためにはいいですよね。

 

silviarita / Pixabay

 

またご飯やおかずも温かいものより冷めているものの方が気持ち悪くなりにくいです。

 

ご飯やおかずはよそってすぐに食べるのではなくて、少し冷ましてから食べてみてください。

 

しかし妊婦にとって冷えは大敵なので、冷たいものを大量に摂取しすぎないように気を付けてくださいね。

 

2.  脂分を抑え、さっぱり和食を心がける

 

 

脂っこいものは食べにくいという人が多いです。

 

逆に冷ややっこやそうめんなどさっぱりして冷たいものだと不快感が出にくいです

 

豆腐はたんぱく質、カルシウム、葉酸など栄養満点。

食べられるようなら、ぜひ取り入れてみてください!

 

また酸っぱいものも口の中をスッキリさせます。

梅干しお茶漬けなどもサラっと食べられてお勧めです。

 

梅干しは

・疲労回復効果のあるビタミンB類

・骨や歯を強化したりイライラを抑えるクエン酸

が含まれています。

 

口の中をスッキリさせながらイライラ解消の手助けもしてくれるなんてつわりの救世主ですよね(笑)

 

この時も「さっぱり」だけではなく同時に「冷ます」を心がけると、さらに食べやすくなりますよ!

 

炒め物などの脂モノより煮物や酢のものなどのさっぱり系をぜひ心がけてみてくださいね。

 

 

3.  噛まず食べられる柔らかいものを食べる

 

 

なぜならたくさん噛んで味わうように食べるものは気持ち悪くなりやすいからです。

 

さらに柔らかい食べ物は消化がいいものが多く、胃腸への負担も軽くなるという利点もあります。

 

ゼリーなどのあまり噛まずに食べられるようなやわらかいフニャフニャ系のものがお勧めです。

 

また果物や野菜などをミキサーにかけてスムージーを作ってみるのもいいですね!

 

実は最近

 

妊娠中の果物摂取がこどもの知能に影響する

 

という研究結果が出ているんですって!

 

これは食べなきゃ損ですよね。

 

果物の中では梨やミカン、イチゴなどがつわり期でも食べやすかったというママが多いです。

 

ぜひあなたにとって食べやすい果物を見つけてみてくださいね!

 

 

 

つわり中でも工夫次第で食べやすくなるもの&食べられるものがある!

 

 

つわりで食べられないと悩む妊婦さんはとても多いです。

 

ですが、少しでも食べやすくなる工夫をすることはできます

 

その際に覚えておいてほしいのは

 

・つめたいひんやり系のものは食べやすい

・さっぱり系がサラっと食べられる

・あまり噛まずに飲み込めるようなフニャフニャ系柔らかいものは気持ち悪くなりにくい

 

の3つです。

 

つらいつわりに苦しむママにとっては

 

「このつらさいつまで続くの??」

 

と苦痛と不安でいっぱいですよね。

 

私もそうだったのでよーくわかります。

 

「本当にもう勘弁してくれ!」

 

って思いますよね(涙)

 

でもつわりってママのお腹の中で赤ちゃんが育っていっている証です。

 

赤ちゃんもお腹の中で必死に頑張っているんですよね。

 

そう思うと頑張る気力がすこし湧いてきませんか?

 

そしてその気力をもとに、ここで紹介したつわり中でも食べやすいものを取り入れてみてください!

 

食べやすい&栄養素も同時にとりたいな♪

を念頭に体験談を交え厳選してみました!

 

なんとかこの時期を乗り越え、数カ月もすれば待望の赤ちゃんに出会えます!

 

無理をせず自分の体を大事に、このつわり期を乗り切ってください!

 

陰ながら応援しています♪

ピックアップ記事

関連記事一覧