• HOME
  • 卒乳 , 母乳
  • 【ケアしないとトラブル多発の危険性】簡単なのに効果は絶大なお手軽断乳おっぱいケア方法5ステップ

【ケアしないとトラブル多発の危険性】簡単なのに効果は絶大なお手軽断乳おっぱいケア方法5ステップ

卒乳

 

 

断乳・卒乳時にはおっぱいのケアが不可欠です。

 

きちんとケアをしないと乳腺炎になってしまったり今後もトラブルを抱えやすくなります。

 

しっかりおっぱいのケアはしましたか?

 

・断乳中だけどおっぱいが痛くて張ってつらい

・授乳中に乳腺炎になった経験があるので断乳後が不安

・母乳が残ったままにしておくと後々困ると聞いて不安になってきた

 

私も授乳中に乳腺炎になりまくったので、断乳がすごく不安でした。

 

「またあの痛みの再来!?」

ってビビりまくってました。

 

特に母乳の分泌量が多いママは注意が必要です。

乳房の張りが強く痛みもきつい場合があります。

 

そうなってしまうと家事・育児どころではなくなってしましますよね。

 

またきちんと母乳ケアをしておかないと、古い母乳が乳腺にたまりしこりとなって残ることがあります。

 

そうすると次の出産で授乳する際に乳腺が詰まってなかなか開かないことだってあり得ます。

 

さらに乳がん検診をしてもしこりが残っていて診察がしにくくなってしまう場合もあります。

 

怖すぎる….!!

 

きちんと断乳ケアをすることがとっても大事なんです。

 

ここに断乳・卒乳の簡単なケアのポイントを5つ紹介しますので、ぜひぜひ実践してみてください。

 

 

断乳・卒乳時のスムーズでお手軽なおっぱいケアはこの5つ!

 

1.搾乳は3日目まで・4日目・1週間・1ヵ月とポイントがある

 

断乳をするとそのままでも自然に母乳は吸収されます。

しかし古い母乳が乳腺に溜まったままになってしまう場合もあります。

 

胸が張ってつらい場合は搾乳をしてみてください。

断乳初日~3日間は乳房が張ってきてつらい時に、圧抜き程度に少し楽になるくらいまで軽く搾ってください。

そして4日目に全て搾り切るつもりで搾乳します。

その後は張って痛くなったら軽く搾る程度を繰り返します。

1週間後にまた出なくなるまで全部搾り出してください。

その後は基本は搾乳なしで過ごします。

 

でも張ってつらい場合はまた少しだけ搾乳してOKです。

 

すると次第に胸が張ることもほとんどなくなっていきます。

1か月後にまた搾ってください。

ほとんど出ない場合が多いです。

あとはたまにお風呂に入っている際に搾ってみる程度でOKです。

 

2.お風呂はシャワーのみにしておく

 

体を温めると血行が良くなり母乳の分泌を促進してしまいます。

 

断乳から初めの一週間は湯船に浸かるのはやめて、シャワーのみにしましょう。

1週間すぎても、長湯や温泉はしばらく我慢しておきましょう。

 

さらに

・温かい飲み物を飲む

・辛いものを食べる

・根菜などの食材をたくさん摂る

 

などの体を温める行為をしばらくNGです。

 

 

3.脂質や糖質を控えた食生活は絶対NG!

 

断乳時期から一ヵ月程度は乳腺炎を発症しやすい時期です。

 

脂っこい食べ物や甘いものは控えましょう。

乳管の詰まりを引き起こしやすいです。

 

お勧めの食事はあっさり系の和食です。

 

takedahrs / Pixabay

 

また食べすぎや水分の摂りすぎも厳禁です。

母乳がたくさん作られてしまいます。

 

この時期は和食、小食、最低限の水分摂取を心がけましょう。

 

一ヵ月の辛抱です。

それを超えて、母乳がほとんど出なくなったら解禁できます。

 

4.睡眠と休息をいつも以上にとる

 

ストレスや睡眠不足は乳腺炎を引き起こしやすくします。

 

また断乳児には赤ちゃんが大泣きして寝不足やストレスを引き起こしやすいです。

 

旦那さんに協力してもらえるタイミングで断乳しましょう。

長期休暇がお勧めです。

 

昼間は赤ちゃんと一緒にお昼寝すること。

日中はお散歩などでトレス解消。

家事もこの時期は手抜きで疲労をためない。

 

など疲労と睡眠不足、ストレスを蓄積させない生活を心がけてください。

 

5.母乳外来や母乳マッサージに通うなど専門家にケアを任せる

 

一番安心な方法です。

断乳ケアを行ってくれる助産師にマッサージをしてもらいや搾乳方法を教えてもらいます。

母乳分泌の状態を見て、個人に合った搾乳回数なども教えてくれます。

さらに困ったときは電話応対もしてくれるのでお勧めです。

しっかりとケアをしておくと次の出産の授乳もしやすくます。

 

乳管に母乳が残るなどのトラブルも回避しやいので余裕があればぜひ行ってみてください。

 

私も最後の断乳後は母乳ケアに通って、指導してもらいながら断乳しました。

それでもマッサージをしてもらうとかなり母乳が出ていました。

 

私の選ぶ最善策はこの方法です♪

お金はかかりますが、将来的にも安心です。

 

乳管に詰まりが残り、マンモグラフィで乳がんを発見しにくい!

なんてなったら、一生後悔してもしきれません。

 

 

断乳・卒乳ケアは覚えておけば難しくない!5つのステップで安心ケア

 

断乳・卒乳後のケアを怠ると後々になってトラブルが出てくることがあります。

この時にしっかりとした処置をしておくことが重要です。

 

方法は、簡単♪

 

・搾乳はポイントを覚えておくべし

・お風呂はシャワーですませる

・脂質と糖質を抑えてた食事を心がける

・睡眠と休息が大事

・専門家のケアが一番安心

 

断乳・卒乳後のケアまで含めてすべてが終わった時が卒乳完了です。

子どものことだけではなく自分の体もいたわることを忘れないでください。

 

今だけではなくて、今後のママの健康にかかわる大事なことです。

これからも育児は長く続きます。

 

ママが健康でいることがとっても重要です。

一つ一つ大事にクリアしていきましょね。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧