• HOME
  • 卒乳 , 母乳
  • 【泣かずに自然に卒乳したい】ストレスフリーな自然卒乳で自分からおっぱいバイバイできる超お手軽な5つの秘訣

【泣かずに自然に卒乳したい】ストレスフリーな自然卒乳で自分からおっぱいバイバイできる超お手軽な5つの秘訣

卒乳

 

 

自然に卒乳できるのを待ちたいと考えているそこのママ!!

 

おっぱい大好きな子どもが自分から卒業できる日が来るなんて想像もできないと悩んでいませんか!?

 

・できるだけ悲しい思いをさせないで自然と卒乳させてあげてたい

・何歳くらいがベストなタイミングなのか悩む

・卒乳しようとしては「うまくいかず断念」を繰り返している

 

一般的に卒乳というのは子どもがだんだんおっぱいをほしがらなくなり、自然と離れていくことをいいます。

 

子どもにとっておっぱいは精神安定剤のような役割もあります。

 

急におっぱいがもらえなくなる断乳は子どもにとって衝撃的な出来事です。

 

しかし卒乳は子どものタイミングでやめるので、不安や悲しい思いをしなくてすみます。

 

また急に授乳をやめると、乳腺炎などのトラブルを抱えやすいです。

 

卒乳の場合、徐々に回数が減っていくので、母乳分泌量も自然と徐々に減っていきます。

 

そのためおっぱいのトラブルが少ないです。

 

今回は自然派を熱望するママにむけ、ストレスフリーで自然な卒乳方法を紹介します。

 

 

子どもが悲しまずに自然におっぱい卒業できる5つの方法

 

1.おっぱいをやめる理由を説明する

 

ママ自身が卒乳するためのきっかけを子どもに与えてあげる方法です。

 

おっぱいをやめる理由を話してあげてください。

 

例えば

「そろそろママのおっぱいが疲れてきちゃって休みたいみたい」

 

「ママお薬を飲まなくちゃいけないの。

お薬飲むとおっぱいが○○ちゃんにとってよくないおっぱいになっちゃうんだって。

だけどお薬飲まないと病気がもっとひどくなっちゃうから一緒に頑張ってくれるかな」

 

など子どもに寄り添って丁寧に理由を説明してみてください。

 

それを聞いてすぐに理解できる子どもと、心の準備に時間がかかることもがいます。

 

一ヵ月程度言い聞かせの期間をゆっくりとって、徐々に理解させていってあげてください。

 

 

2.おっぱいをやめる目標を「何月何日までに」と一緒に決める

 

「3歳になったらお兄ちゃん、お姉ちゃんだしそろそろおっぱいやめてみようか」

 

など親子で話し合ってやめる日の目標を一緒にたてることもおすすめです。

 

自分で決めたことを達成できると、子供自身の達成感にもつながます。

 

この方法は大きな成長を親子ともに感じることができます。

 

 

3.おっぱい以外のことで、出来るようになったことを褒める

 

少しでもできることが増えたら、大げさにほめてあげてください。

すごく些細な事でも褒めてあげてください。

 

例えば朝起きてママが

「おはよう」

と言ったら、子どもも

「おはよう」と返してくれた。

 

それだけでも

「気持ちのいい挨拶ができてすごいねえ。ママもとっても嬉しい気分になったよ」

など、褒めることができるポイントは日常にたくさんあります。

 

ClasinalaVerge / Pixabay

 

・ご飯を残さず食べられた

・お片付けが出来た

・笑顔で過ごせた

 

何でもいいんです。

とにかく子どもは褒められると

「もっと褒められたい!」

「もっと頑張りたい!」

と意欲がわきます。

 

子どもはママにほめられるのが一番うれしいのです。

 

少しでも上手にできれば

「わー!すごい!!さすがお兄さん!!かっこいいねえ!」

と褒めすぎなくらいオーバーに褒めてください。

 

頑張る→ママが褒めてくれる→嬉しいからまた頑張る→褒められる

の褒められ癖がついていると、自ら頑張る子どもになっていきます。

 

「こんなにかっこいいお兄さんだから、もうおっぱいもさようならが簡単にできちゃうかもね!」

 

と言われるとその気になって自分からやめると言い出したりしますよ。

 

 

4.昼間外でたくさん遊んで疲れさせる

 

昼間に外でたっぷり遊んでぐったり疲れると、夜ぐっすりと眠ってくれます。

 

そうなってくると徐々に夜中の授乳回数が減っていきます。

天気の良い日は公園で思いっきり走り回らせて疲れさせてください。

 

ぐっすり眠るだけではなく体力もつくのでとてもおすすめです。

 

 

5.三食ごはんとおかずをいっぱい食べおやつや牛乳も与える

 

ごはんをしっかり食べるとそれでお腹が満たされ、おっぱいの量や回数が減っていきます。

 

また色々な味に触れ合うことで、味覚を感じる楽しさも知っていきます。

自分にとって大好きなおいしい「おっぱい以外のもの」を発見することも大事です。

 

次第に関心が食へと移っていくこともあります。

 

いっぱい遊んで、お腹を空かせることが大事です。

 

さらにアレルギーがなければ牛乳も与えてみましょう。

 

寝る前に温めた牛乳を飲むと安心するという子もいます。

 

 

自然派ママのストレスフリーな卒乳方法は超シンプルな言い聞かせ&工夫で達成できる!

 

大好きなおっぱい。

卒業するのは子どもにとってもママにとっても大きな成長です。

 

そしてそれが自然に出来るなら、ママにとっても子どもにとっても素晴らしいですよね!

 

シンプルなその方法は

 

・ママの言い聞かせ

・目標を一緒に定める

・褒めまくる

・日中いっぱい外遊び

・ご飯やおかずをいっぱい食べる

 

超簡単なので、ぜひ実践してみてください!

 

そして自然に卒乳を待つと決めたなら焦りは禁物です。

卒乳のタイミングは人それぞれです。

1歳前に自ら卒乳する子だっているし、5歳すぎても卒乳しない子もいます。

 

それを理解したうえで自然卒乳を待つと決めたのであれば、自分の決断に自信をもってください。

 

周りと比べて焦ることはやめましょう。

 

ママ自身が焦ったり不安に感じていると卒乳がうまくいきません。

焦らずゆったりした気持ちで待ってあげることが大事です。

 

ストレスなく笑顔でおっぱい卒業できるようにぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧