• HOME
  • 腰痛
  • 【産後に腰痛悪化】育児しながら出来る痛みを劇的になくす5つの方法

【産後に腰痛悪化】育児しながら出来る痛みを劇的になくす5つの方法

腰痛

 

産後すぐに始まる育児にてんてこ舞い。

 

その上腰痛が重くのしかかる…

 

産後ママにとって腰痛はつらすぎますよね。

 

この痛み、何とかならない??と悩んでいませんか??

 

・産後腰痛が悪化して赤ちゃんのお世話がキツイ

・ただでさえ育児で睡眠不足なのに腰痛のせいでも夜中に目が覚めてしまう

・育児が忙しく病院や整体院などに行く暇がない

 

慣れない育児に大忙しの産後ママ。

 

夜中の頻回授乳に、オムツ替え、沐浴、抱っこ…

ヘトヘトですよね。

 

そんなお疲れママに追い打ちをかけるかのような腰痛。

 

「勘弁してよ」

って泣けてきたこと…私もありました。

 

かく言う私も妊娠前からヒドイ腰痛持ち。

案の定妊娠中も腰痛が悪化。

さらに大忙しの産後に再発。

 

撃沈です…。

 

でもおっぱい欲しいって泣いてるし!!

近くに助けてくれる親せきも、頼りになる夫もいないし!

(頼りにならない夫はいましたが)

 

さらにさらに恐ろしいことにこの産後の腰痛を放置すると、

・立ち上がれないほど悪化してしまう

・腰痛が慢性化する

などの危険性が潜んでいるんです。

 

ぜひ今のうちに腰痛対策をして症状を緩和しておきましょう。

 

育児はこれからも長く続きます。

 

早い対策がとっても大切です。

 

 

育児で大忙し!自分の時間なんてナシのママでも簡単&気軽に出来る5つの腰痛対策

 

 

1.骨盤ベルトで骨盤の正常な戻りを補正する

 

骨盤ベルトは出産時に開いた骨盤が正常な位置に戻る手助けをしてくれます。

 

骨盤ベルトをしなくても産後半年くらいをかけ自然と骨盤は戻っていきます。

しかし自然まかせでは、どうしてもゆがみが生じてしまいます。

 

このゆがみをなくし補正しておくことが腰痛予防につながります。

 

 

2.産褥体操をする

 

産褥体操は

・骨盤のゆがみを解消

・子宮収縮・血行促進

・血栓症の予防

などの効果があります。

 

腰痛と血流は大きな関係があります。

血流が滞っていると筋肉が緊張状態になり腰痛を引き起こします。

 

ぜひ産褥体操を取り入れ血流を改善してください。

 

お勧めのポーズは猫のポーズ。

 

四つん這いになり腰を丸めたり伸ばしたりするだけです。

丸める際には息を吸い、伸ばすときに息を吐きます。

 

簡単なのでぜひ試してみてくださいね!

 

 

3.腰にカイロや湯たんぽを利用して体を外側から温める

 

身体が冷えると腰痛を引き起こしやすくなります。

 

できればお風呂にゆっくり浸かったり足湯をするなどでじっくり体を温めたいものです。

 

しかしそんな時間ない!っていうママがほとんど。

 

そんな場合簡単にできる方法は腰にカイロを貼っておくことです。

 

腰を温めると腰痛緩和と共に全身がポカポカ温かくなり血行がよくなります。

そのため腰痛予防にもつながります。

 

また冷え切った足を温めるには湯たんぽがおすすめ。

足先を温め、全身の血の巡りをよくしましょう。

 

 

4.授乳中でもOK!漢方薬を飲んでみる

 

もともと冷え症の人が産後に突然腰痛を発症する場合があります。

 

そんな場合は全身の血流をよくする

『当帰芍薬散』

という漢方がおすすめです。

 

この漢方薬は冷え症だけでなく、貧血やむくみなど様々な症状にも効果があります。

 

angelorosa / Pixabay

 

方の世界では出産は「腎」を消耗すると言われています。

この漢方で言う「腎」というのは五臓六腑のこと。

五臓六腑のエネルギーが弱まると全身の至る所に不調が出てきます。

 

不調が頭痛の人もいれば肌荒れの人もいます。

または精神的不安定、そして腰痛の人も。

 

この「腎」の働きを強める働きがあるのが先ほどからお勧めしている当帰芍薬散です。

 

産後に当帰芍薬散を服用すると腰痛だけでなく全身の不調が改善される場合があります。

 

 

5.高反発か中反発のマットレスに寝具を替える

 

実は睡眠中に腰痛が悪化しているケースが多く見受けられます。

 

朝起きたら

「痛すぎて起きられない!!」

って事、ありませんでしたか?

 

そんな場合は寝具が合っていない可能性が高いです。

 

腰痛に悩むママは高反発か中反発のマットレスがおすすめ!

ある程度の硬さのあるマットレスを使用することが大事なんです。

 

柔らかいマットレスだと体の重い部分が沈み、ムリな体制で睡眠をとることになります。

それが腰痛を悪化させる要因です。

 

自分に合ったマットレスで睡眠をとると、驚くほど腰痛が改善されることがあります。

 

また育児中は睡眠不足がつきもの。

少しずつの細切れ睡眠でも、良質なものにしたいですよね。

 

ぐっすり眠れるために、産後腰痛に悩むママは寝具を替えてみることをお勧めします。

 

 

産後ママの腰痛を和らげる工夫を生活に取り入れよう

 

 

産後大忙しのママにとって腰痛はものすごく厄介でつらいものです。

 

育児って本当に腰に負担がかかる姿勢が多いんですよね。

 

腰痛に悩みながらの赤ちゃんのオムツ替えや授乳。

腰が痛すぎてたまりませんよね。

 

ぜひ紹介した5つの方法を試してみてください。

 

1.骨盤ベルトを巻く

2.産褥体操をする

3.腰にカイロを貼り、足先は湯たんぽで温める

4.授乳中でも安心な漢方薬を飲む

5.高反発か中反発のマットレスに寝具を替える

 

このたった5つです。

 

育児中でも簡単に取り入れられるものばかりです。

 

育児中は赤ちゃんのお世話ばかりでなかなか自分をいたわる時間がないかもしれません。

 

でもママが元気なことって育児でとっても大切です。

ママが元気で楽しく笑顔で過ごせれば赤ちゃんも健やかに成長します。

 

ぜひ自分も大切にしてくださいね。

 

そのためにはまず!!

ツラーい腰痛を和らげる方法をぜひ試してみてください。

 

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧