• HOME
  • 腰痛
  • 【痛すぎて育児も家事も無理!】ツライ腰痛を超お手軽に解消&予防までしてくれる助っ人食材5選!

【痛すぎて育児も家事も無理!】ツライ腰痛を超お手軽に解消&予防までしてくれる助っ人食材5選!

腰痛

 

 

妊娠中や産後ママを悩ます、つらすぎる腰痛。

 

腰が痛いと日常生活そのものさえも大変ですよね。

 

痛くてつらい腰痛に悩まされていませんか?

 

・妊娠で腰痛が悪化して動くのもつらい

・出産後も腰痛がひどくて赤ちゃんのお世話がキツイ

・もとから腰痛持ちな上に妊娠・出産でさらに深刻化している

 

 

かく言う私も腰痛歴15年&ぎっくり腰経験アリ。

 

起き上がることもできないほどのあの痛み!

 

特に寒い時期になると毎年のようにやってくるあのつらさ!

 

妊娠中も産後育児もヤツは超悩ませてくれましたよ!

 

当然腰痛対策もしました。

 

骨盤ベルト

骨盤体操&ストレッチ、ヨガ

腰を温める

 

これらは腰痛対策の基本中の基本。

 

もちろん効果もあります!

 

でも食事の見直しからも腰痛にアプローチできるって知っていましたか!?

 

栄養面からも腰痛ケアができるんです!!

 

超簡単お手軽に腰痛対策できる食べ物を5つピックアップしてみました♪

 

ぜひ試してみてください!

 

「ピキッ」と来る前に!!ツラ~イ腰痛を撃退するために食べてほしいのはこの5つ!

 

 

 

1.納豆や牛乳を朝食にプラスしてカルシウムを摂ろう!

 

 

慢性的カルシウム不足は腰痛の原因となります

 

牛乳、青魚など意識的にカルシウムをとるようにしてください。

 

チーズや小魚をおやつに食べる。

 

ご飯に納豆やしらすをかける。

 

小松菜とブロッコリーなどの緑黄色野菜のサラダをおかずに一品プラスする。

 

牛乳や豆乳を意識的に飲む。

 

などでカルシウムをたっぷりとりましょう!

 

 

 

2.魚料理でビタミンD摂取

 

 

カルシウムの吸収効率を上げると言われているビタミンD。

 

あまり知られていませんが、実は万能ビタミンと呼ばれるほど重要な役割を持っているんです!

 

なぜなら骨を丈夫にするだけではなく免疫力UPにも一役買ってくれるからなんです。

 

うつの予防

がんの予防

風邪やインフルエンザなどの感染症予防

 

にも役立つと言われているんですって!

 

腰痛対策としてだけではなく、育児中ママも摂っておきたいですよね♪

 

ビタミンDを多く含む食品は

 

鮭やいわし、さんまなどの魚介類です。

 

他にきくらげやきのこ類にも含まれています。

 

きくらげと干しシイタケの煮物

青魚系の焼き魚

 

を今夜のおかずに作ってみてはどうですか?

 

 

 

3.サラダやフルーツからビタミンCを摂ろう

 

 

ビタミンCは背骨にかかる衝撃を和らげてくれる椎間板を丈夫にします。

 

赤ピーマン、黄ピーマン、レモン、イチゴ、アセロラ、ブロッコリーなどに多く含まれるので意識して摂る様にしてください。

 

silviarita / Pixabay

 

ビタミンCは水溶性ビタミンです。

 

カットして水にさらすとビタミンCが流れ出してしまいます。

 

さらに過熱することでも損失があります。

 

さっと水洗いして食べられるイチゴなどのフルーツ。

 

生で食べられるパプリカのサラダ。

 

アセロラジュース。

 

などで手軽に摂取できます。

 

ぜひぜひ朝ごはんのデザートなどに取り入れてみてくださいね。

 

 

 

4.ビタミンB(青魚・レバー)を食べて疲労物質とサヨナラ

 

 

腰痛の原因は血行不良と筋肉のコリです。

 

血流改善と筋肉を軟らかくする栄養素をとることで腰痛を緩和できます。

 

筋肉を軟らかくする栄養素と言えばビタミンB群!

 

ビタミンB類は背骨を支える筋肉を上質にします。

 

特に魚介類・まぐろ・レバー・バナナなどに多く含まれるビタミンB6。

 

貝・青魚・みそ・醤油に含まれるビタミンB12を意識的に取りましょう。

 

さらにビタミンB群は筋肉の疲労物質の蓄積を抑える働きまであるんですよ♪

 

お勧めはまぐろの煮つけ。

 

あさりの味噌汁。

 

バナナヨーグルトなどです。

 

青魚系はビタミンB・D・カルシウムも同時に摂れます。

 

腰痛時の食事には最善メニューといえますね!

 

 

5.大豆製品や卵のたんぱく質も忘れずに!

 

 

たんぱく質には筋肉のコリをほぐす働きがあります。

 

さらに筋肉の疲れをとって柔らかくするので大事な栄養素です。

 

ささみ、大豆製品、たまごなどたんぱく質を多く含む食品を毎日とるようにしましょう。

 

 

 

育児できないほどのツライ腰痛に悩むママに摂ってほしい5つの栄養素

 

 

育児で睡眠不足。

 

イライラ忙しい毎日に追い打ちをかけるかのような激痛。

 

それが腰痛ですよね。

 

骨盤サポーター&ストレッチ&腰を温める(腰にカイロを貼る)

 

と合わせて工夫してほしいのが、食事からの腰痛へのアプロ―チ。

 

摂ってほしいのは

 

・カルシウム(大豆製品、乳製品、小魚)

・ビタミンD(青魚、キノコ類)

・ビタミンC(フルーツ、緑黄色野菜)

・ビタミンB(青魚、大豆製品、バナナ)

・たんぱく質(大豆製品、鶏肉、卵)

 

の5つです!

 

特に重複が多い青魚や大豆製品は毎日取り入れたいくらいです!

 

腰痛にはタンカルBCD♪と覚えたいですね♪

 (タンパク質カルシウムビタミンBCDの略)

 

栄養面からも腰痛を撃退しましょう!!

 

腰痛は、経験者しかわからないつらさですよね。

 

育児も家事もままならないほどの痛みですよね。

 

ますます悪化してしまう前に、ぜひ紹介した対策をとってください!

 

そして腰痛持ちの人は日ごろからの食事も

 

腰痛緩和メニュー

 

を取り入れ、予防してみてくださいね。

 

あなたの腰痛のつらさが和らぎますように…

 

 

 

 

 

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧