• HOME
  • 妊娠初期 , 腰痛
  • 【妊娠初期からすでにツライ腰痛】今やらないと悪化を招く初期腰痛に効果絶大な超簡単な3つの対策

【妊娠初期からすでにツライ腰痛】今やらないと悪化を招く初期腰痛に効果絶大な超簡単な3つの対策

妊娠初期

 

 

お腹が大きくなり腰痛というイメージはありますよね。

 

しかし実は妊娠初期の腰痛も要注意なんです!

 

痛くてつらい妊娠初期の腰痛に悩んでいませんか?

 

・まだ妊娠初期なのに腰痛で動くのもつらい

・これから妊娠週数が進むにつれ腰痛もさらに悪化してしまうのではないかと不安

・赤ちゃんに異常があるのではないかと心配でたまらない

 

 

実は私も妊娠初期から腰痛がつらかった一人!

 

腰痛は動くのもしんどいですよね(涙)

 

「なんでまだお腹も出てないのに腰痛なわけ??」

 

って泣き言言いまくってました!

 

妊娠初期に腰痛を起こす人は、

 

もともと腰痛持ち

腰痛が起こりやすい骨格

 

であるケースが多いです。

 

そのまま腰痛を放置するとさらに悪化してしまう危険性があります。

 

妊娠初期のうちから腰痛対策をしておくことが大事です!

 

 

妊娠初期の痛すぎて動けない腰痛を劇的に改善する3つの方法

 

 

1.サポーターを利用する

 

 

腰痛の救世主は「骨盤サポーター」です。

 

私も一番効果があったのはコレです!

 

一度試してみてください。

 

妊娠初期の腰痛の原因は、出産に向けての体の変化関係しています。

 

妊娠すると骨盤周りの靭帯を緩ませ、少しずつ骨盤が開きます。

 

そのせいで骨盤は不安定な状態。

 

さらに骨盤周りを支える筋肉に負担がかかります。

 

これが腰痛の原因!

 

赤ちゃんに異常があって腰痛になるというわけではありません。

 

サポーターはそんな不安定な骨盤を支える働きがあります。

 

さらに妊娠中から骨盤サポーターを利用していると産後の腰痛対策にもつながりますよ!

 

ぜひ初期から利用できる骨盤サポーターを利用しましょう。

 

 

2.腰にカイロを貼る

 

 

腰回りを温めることで血行が良くなり筋肉も柔らかくなるので腰痛が和らぎます。

 

腰に貼るカイロを貼っておきましょう。

 

さらに冷える場所ではブランケットを腰に巻く。

 

厚手の下着を重ね着する。

 

靴下は2枚履き。

 

tookapic / Pixabay

 

 

など腰から下半身にかけて温めましょう。

 

足湯につかることも体を芯から温めてくれるのでおすすめです。

 

 

 

3.毎日の寝る前ストレッチを習慣にする

 

 

血行を良くするためにストレッチをしてみてください。

 

旦那さんがいる時は二人で向かい合い、お互いの肩に手を乗せあいます。

 

ゆっくりと息を吐きながら腰を曲げていきます。

 

背筋の筋肉が伸ばす運動です。

 

凝り固まった背筋をゆっくりと伸ばしてみてください。

 

ですがストレッチも妊娠中は疲れない程度でやめましょう。

 

お腹を圧迫するような動きは絶対禁止です。

 

無理をしないでやってみてくださいね。

 

また普段の生活での姿勢も気をつけましょう。

 

腰を曲げたままの姿勢は腰に負担がかかります。

 

キッチンでの立ち仕事

ずっと座った姿勢でパソコン業務

 

などの前屈みになりやすい動作の時は要注意です。

 

適度に休憩をはさみ、体のコリをほぐしてください。

 

 

妊娠初期から対策を講じないと絶対後悔!!腰痛持ち妊婦さんが今すべきことはこの3つ

 

 

妊娠初期の腰痛は、出産に向け体が準備を始めた証拠でもあります。

 

しかしこの時期から腰痛に悩まされている妊婦さんは、腰痛が悪化しやすい傾向にあります。

 

ぜひ初期のうちから対策をとりましょう!!

 

方法は超簡単!

 

・骨盤サポーターをまく

・腰を温める

・毎日軽いストレッチをする

 

のたった3つです。

 

簡単なことですが、効果は必ず出ます。

 

そして今やっておくことが、後々のためにもなります。

 

妊娠後期や産後に腰痛が悪化しないために。

 

後悔しないように、始めるなら今ですよ!!

 

 

 

 

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧