• HOME
  • 母乳
  • 【授乳中一気に老けた!】若さを取り戻すための超簡単な3つの新習慣

【授乳中一気に老けた!】若さを取り戻すための超簡単な3つの新習慣

母乳

 

子どもを産むと一気に、驚くほど老けますよね。

 

特に授乳をしていると、全てを赤ちゃんに吸いつくされてる??

ってくらいに劣化がスゴイですよね。

 

鏡を見て

「こんなオバサンだっけ??」

って悲しくなる事ありませんか?

 

普段通りなのに

「なんか疲れている?怒ってる??」

って言われたり。

 

出産後に急激に老け込んでしまったと悩んでいませんか??

 

・毎日疲れが顔に出ている

・年齢よりだいぶ老けて見られてしまう

・赤ちゃん連れのママがみんな若くてキレイに見える

 

めっちゃわかります~~。

産後って、本当に老け込みますよね。

 

「この一年で10歳くらい老けたかも…」

ってマジで思いましたよ!

 

それくらい疲れているんですけど、でも中にはキレイなママもいますよね。

 

「そのキレイの秘密って何??」

って私も不思議でなりませんでした。

 

でも実は簡単な事なんです。

 

老けて見えるのは顔色、肌のくすみのせい!!

 

顔色が良くなり肌つやがよくなると一気に若返ります!

 

「でも自分の美容なんかに時間を使う暇ないし」

 

うんうん、わかります。

 

私も一人目の出産後は化粧水すらつける余裕ありませんでした。

 

そんな余裕のないママ必見の、老け防止方法を紹介します。

 

育児中でも簡単なのでぜひ試してみてくださいね。

 

 

授乳中に「オバサンになった」と毎日痛感しているママ必見の超簡単若返り方法

 

 

1.朝起きたらコップ一杯の水&日中はゴボウ茶を飲む

 

老化現象の最大要因は体中の血流悪化です。

 

血流が悪いと

 

・顔がくすんで見える

・しわが増える

・疲れが取れない

・痩せない

 

など老けて見える要素をたくさん生み出してしまいます。

 

血流の悪さは体の冷えとも関係しています。

 

身体が冷えている→血流が悪くなる→さらに冷える→もっと血流も悪くなる

どんどん負のスパイラルにハマっていきます。

 

冷えと血流を両方同時に改善するには体を温めながら

水分補給することがとっても大事です。

 

まず朝起きたらコップ一杯の水を飲みましょう。

 

jarmoluk / Pixabay

 

夜中の授乳で想像以上にママの体は水分不足状態です。

 

そして日中は美容効果の高いゴボウ茶を飲むのがおススメ。

 

ゴボウの皮には若返り成分「サポリン」が含まれています。

 

ゴボウ茶を飲むと-20歳若返ると唱えるDrもいます。

 

ゴボウ茶は母乳の質も高め、身体を内側から温めてくれます。

 

授乳中ママに最適なお茶です。

温かいゴボウ茶で若返りましょう♪

 

 

2.若返り食材を使う

 

睡眠不足でイライラストレスのたまる授乳期。

本当に疲れますよね。

 

疲労困ぱいのママがとっても多いです。

 

特に一人目は何もかもが初めてで不安と緊張の連続ですよね。

 

私も自分の事をする余裕なんて全くありまんでした。

 

乳幼児健診で

「化粧したの何ヵ月ぶりだろう」

っていう状態…。

 

本当ならお出かけは日焼け止めを塗って、きちんと洗顔して、

化粧水、保湿、じっくりしっかりやるのが一番なのは当然です。

 

でもそんな余裕ない!!!

ですよね。

 

最低限の出来る範囲の美容でこの時期は仕方ありません。

 

それよりも大切なのは内側からキレイを整えること。

 

特に授乳中はいつも以上に栄養を考える必要があります。

 

とは言ってもそれも

「栄養バランスの取れた食事を毎食用意する時間なんてない!!」

それもものすごーーくよくわかります。

 

なので授乳中の老化防止で特にお勧めしたい食材を紹介します。

 

・かぼちゃ、人参、ホウレンソウなど根菜と緑黄色野菜(ビタミン豊富で乾燥しわ予防)

・いちご、キウイなどのフルーツ(ビタミンCでシミ予防&お肌のハリをキープ)

・青魚、卵、豆類、ナッツ類(抗酸化作用と血流改善で肌の老化予防)

・えごま油や亜麻仁油、ココナッツオイル(不飽和脂肪酸で肌荒れくすみ予防)

 

これらの食材を摂るように心がけてみてください。

 

簡単に一品加えられるものとしては

・納豆

・根菜たっぷりの味噌汁

・料理に使う油を変える

・小腹が空いたらフルーツやナッツ小魚などをおやつにする

 

などなら忙しい授乳期でも簡単に取り入れやすいですよね。

 

ぜひ毎日の食卓に一品加えてみてください。

 

 

3.サプリメントを毎日飲む

 

毎日忙しいママのお助けアイテムと言えばサプリメントです。

 

授乳中にサプリメントはちょっと心配…。

そんなママももいるかもしれません。

 

でも、授乳中だからこそ摂りたいサプリメントというのをご存知ですか?

 

特に一気に老け込んでしまったと感じるママは要注意です。

栄養、ストレス、睡眠不足、運動不足、様々な要因がママの老化を急激に進めてしまっています。

 

このままでは20代なのに30代後半に見え、公園などに行ってもやたら敬語で話されてしまいますよ!

(年上ママと思われてしまうんです。私、経験アリです….。)

 

それって、地味にダメージあります。

「この人、私の事めっちゃ年上と思っているんだろうなあ」って。

 

授乳期に特化したサプリメントは

授乳中に不足しがちな栄養素をしっかり吟味して配合されています。

 

 

もちろん無添加無着色で赤ちゃんにもママにも安心!

 

現役産婦人科医が推奨し、産院に通う妊婦さんや新米ママにも処方されています。

 

このまま老化原因を抱えて育児をし続けると、ますます老け込んでしまう可能性大です。

 

「いやいや、育児を頑張った証だし!」

っていうママもいるかもしれません。

 

でもこれから幼稚園、小学校、中学校…ママ参加の行事もいっぱいです。

 

悪気のない子どもから

「おばあちゃん??」

なんて聞かれたら、ショックすぎますよ(涙)

 

今始めればまだ間に合います!

 

今から若返りの習慣として、ゴボウ茶&若返り食材に授乳期サプリを習慣にしてみませんか?

 

授乳期サプリはママの栄養だけでなく、赤ちゃんへの母乳も良質になるよう工夫されています。

 

ぜひママのためだけでなく、赤ちゃんのためにも始めてみてください♪

 

 

ママの若返りは赤ちゃんのためにもなる!今から始めたい新習慣はこの3つ

 

 

今は忙しすぎて自分の美容に気を配る余裕もないという新米ママさん。

 

そんな忙しすぎるママでも、育児をしながら簡単に始められる若返り新習慣は

 

・毎朝コップ一杯の水+日中のゴボウ茶

・若返り食材を積極的に使う

・サプリメント

 

この3つです。

 

これなら

抱き癖がヒドイ赤ちゃんでも、

おっぱい大好き赤ちゃんでも、

夜中も昼もお構いなしに何度も起きる赤ちゃんでも、

夜泣きがヒドイ赤ちゃんでも、

ママ、続けられそうじゃありませんか??

 

今が一番体力的につらい時期です。

私もそうだったので、ものすごくよくわかります。

泣き止まない赤ちゃんを抱いて、自分が泣きたくなる日々でした。

 

そんなお疲れママにこそ試してほしい新習慣です。

 

自分をいたわることは、赤ちゃんのためにもつながります!

 

ママが元気で健康的に笑顔で過ごせることが、赤ちゃんの健やかな成長にもつながるんです。

 

しわやシミを「自分を犠牲にしてまで育児を頑張った証」と考えるのもアリですが、

これからの長い人生、若々しくて元気なママの方が子どもにとっても魅力的ですよね♪

 

ぜひ一緒に若さ、取り戻しましょう!!

 

ピックアップ記事

関連記事一覧