• HOME
  • 出産
  • 【陣痛が怖い】いつくる?どれくらい痛い?5つの陣痛乗り切りグッズで乗り越えられる

【陣痛が怖い】いつくる?どれくらい痛い?5つの陣痛乗り切りグッズで乗り越えられる

出産

 

初めての出産を間近に控え、いつ陣痛が始まるかもわからない状態の時。

 

不安でいっぱいですよね。

 

よく陣痛は鼻からスイカを出す痛みとかいうけど…

「そんなの想像も出来んわ!!」

って感じですよね。

 

初めての陣痛が恐怖や不安いっぱいではありませんか??

 

・痛がり怖がりな私に耐えられるのか不安

・自宅で一人の時に陣痛が始まっちゃったらと思うと怖い

・日に日に恐怖感が強くなっている

 

初めての出産は、とにかく何もかもが不安でいっぱいですよね。

「陣痛は痛い!!」

ってみんな言うけど、脅しにしか聞こえませんよね。

 

私も極度の怖がり&痛がりの超腰抜け小心者野郎です(笑)

そんな小童でもなんとか乗り越えられた陣痛。

 

ママの不安を取り除くべく、陣痛前に準備しておくと安心な陣痛乗り切りグッズを紹介します!

 

「完璧に準備はしてある!!」

と思うと、少しは不安が取り除かれますよ。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

突然やってくる?陣痛の痛みを乗り切る5つの快適グッズ準備でもう怖くない!!

 

 

1.ゴルフボールとテニスボール

 

もともと腰痛持ちの人には特にお勧めしたいのがゴルフボールとテニスボールです。

 

陣痛が始まると腰が痛みだします。

 

その際にボールを腰や肛門付近などを押すと痛みが和らぎます。

 

テニスボールの方が広範囲に押せますが、局所的な痛みにはゴルフボールくらいの大きさの方が適しています。

 

両方あると自分に合った方を使えるのでお勧めです。

 

陣痛は突然Maxの痛みになったりしません。

「あれ?なんか下腹部が痛いな」

から始まり、だんだん時間をかけてその痛みが周期的になっていきます。

 

私の場合、夜中にお腹が痛くて目が覚めてそこから一晩家で

「この痛みって陣痛かな」

と眠れずに過ごしました。

 

痛みの程度は生理痛がきつくなったようなイメージです。

 

突然鼻からスイカ出すような激痛が始まるわけではないので安心してください。

 

痛みが徐々に強くなって、立てないほどの痛みになるのは出産の直前です。

 

それに鼻からスイカを出したことがないのでわかりませんが、赤ちゃんが産まれる瞬間自体はそれほど痛くありません。

 

会陰切開自体も痛みを感じません。(中には感じる人もいるようですが)

痛いのは陣痛です。

 

そして赤ちゃんが外に出ようとしている体の内側からの痛みです。

 

本来より自然と耐えられるようになっているものです。

(痛いですけどね)

 

ずっとずーーーと昔からお母さんが経験し、乗り越え、それでもまた産みたいと思っていますよね。

 

その事実からもわかるように、母親が乗り越えられる力を自然と持っているんです。

 

すごいですよね。

神秘です☆

母、強し!です。

 

大丈夫ですよ!

 

あなたの体にも乗り越える力が必ず宿っています!

安心してください。

 

 

2.お茶とストロー

 

陣痛が進むと、痛みから口呼吸でゼーゼーハーハーしてきます。

 

究極に喉が渇きます。

 

しかし起き上がってお茶を飲むことも大変です。

 

500mlのペットボトル数本準備しておきましょう。

 

そして100均に売っている、ペットボトル用のストローをセットしておきましょう。

 

曲がるタイプのストローでもいいです。

 

 

起き上がらずに水分補給できます。

 

私が通っていた産院では吸い呑器が準備されていました。

陣痛中はものすごく喉が渇くと覚えておいてください。

 

 

3.かわいいシュシュ

 

陣痛時は汗をかきます。

 

暑いです。

 

夏場ならうちわを持参してあおいでもらいたくらいです。

 

髪が長い人はシュシュを持っていき、髪を束ねましょう。

 

そして出産が終わると赤ちゃんと記念写真を撮られたりしますよね。

 

これが想像以上にヒドイ!

しかも一生残る記念の写真なのに。

 

そりゃ、痛みと戦って汗だくで産んで、産まれた感動で泣いてグチャグチャ。

すっぴんで髪もボサボサ。

 

それも思い出なんですけどね。。。

 

でも産院に飾られたりするわけですよ。

ボロボロの自分が。

 

その際にかわいいシュシュで髪を束ねていると結構ごまかせます(笑)

っていう裏の理由もこっそりあります。

 

 

4.ミュージックプレーヤー

 

音楽を聴く余裕があれば、音楽をかけるのも効果があります。

 

スマホに元気が出る曲を入れておくのもいいですね。

 

YS-Park / Pixabay

 

緊張状態だと痛みにばかり神経が集中してしまいます。

 

音楽を聴いてリラックス出来ると、こわばった筋肉もほぐされます。

 

またこの時に聞いていた音楽って一生覚えてるほど印象深い一曲になったりします。

 

陣痛の時聞いた曲。

すなわち自分を奮い立たせてくれる曲。

 

となればこれから出産して育児をする際に、ふと出発点に立ち戻れるきっかけにもなります。

 

「産みの苦労を思い出し、産まれた感動を思い出し、また育児頑張ろう!」

って思えたりもしますよ。

 

 

5.タオル

 

陣痛時は汗をかきます。

 

汗拭きタオルが必要です。

 

もっとスッキリしたければ、デオドラントシートで拭くのもお勧めです。

 

また力む時にタオルを握ることもできます。

 

他にもドーナツクッションがいいと聞いていたので、持っていきましたが私は使いませんでした。

 

陣痛が早く進むように病院についたらとにかく階段の昇り降りをさせられたからです。

 

階段昇降をしているうちに破水して、そのまま分娩台行きだったので座ることがなかったんです。

(ベッドがそのまま分娩台になるやつ)

 

陣痛中に椅子に座る場合はドーナツクッションがあると便利です。

 

出産後も膣や会陰切開部分が痛いのでドーナツクッションがあると重宝します。

 

入院準備として持参しておいてもいいですね。

 

 

不安でいっぱいな出産直前でもコレを準備しておけば大丈夫な陣痛乗り切りお勧めグッズはこの5つ

 

出産を間近に控えると、とたんに恐怖感が増すというママもとっても多いです。

 

でも大丈夫!

何とかなります!!

 

病院はお産のプロ集団です。

先生や看護師さん、助産師さんを信じて頑張りましょう!!

 

そして出来る事であれば母親か旦那さんに陣痛室は付き添ってもらいましょう。

 

一人で陣痛を乗り切るより、断然心強いです。

 

前もって準備しておくべきお助けグッズは

①ゴルフボールかテニスボール

②お茶とストロー

③かわいいシュシュ

④ミュージックプレーヤー

⑤タオル

この5つです。

 

そしてこれ以外に一番大事なのは、ママの精神力!!

 

ここまできたら

「なんとかなる!!」

って思うしかないんです。

 

っていうか、なんとかなります!

 

大丈夫。

赤ちゃんの産まれてくるパワーを信じて頑張ってください!

 

ステキな出産を迎えられますように。

心から応援しています!

ピックアップ記事

関連記事一覧