【子育てにかかるお金が不安】自宅で稼げるママになるたった一つの方法

子育て中の仕事

 

子どもが大きくなってきたと思ったら、とたんに家計を苦しめる出費の数々。

 

習い事代だけだってかなりの金額。

 

今後の子育てにかかる費用が心配になっていませんか??

 

・習い事代が毎月地味にスゴイ

・食べ盛りの子ども達の食費がかさむ

・毎月金欠状態だが、月々の出費がいくらなのかはわからない

 

かく言う我が家も毎月赤字続きの火の車!!

 

二人の幼稚園代(近くに公立幼稚園がないため私立幼稚園)、小学校の学費や給食代、習い事、学資保険の固定出費だけで毎月約15万円(汗)

 

それに加えて住宅ローンの返済、食費、光熱費、通信代、生命保険、さらに恐怖の固定資産税や車の税金、車検…。

 

もうボーナスなんて毎年税金と車検でパーですよ!!

(すみません。だんだんグチになってきました)

 

ちなみに一応聞きたくないかもしれませんが、今後のお金の話(怖い話です)をしますと

 

・幼稚園から高校まで公立だと 505万円

・国公立の大学(4年生) 520万円

と言われており幼稚園から大学まで全て公立でも1025万くらいかかるんです…。(学費のみで)

 

・幼稚園から大学まで全て私立だと2500万

 

さらに食費や諸々の出費で+1650万円

 

合わせると22年間で2700万(公立合計)~4200万円(私立合計)くらいかかることなるんです。

 

子ども一人当たり立派なおうち一件分くらいかかって育てるんです。

(もちろん大学に行かないという選択もありますけどね)

 

さらに大学が遠方なら仕送りだって必要。

 

「医大に行きたい」と言われた日には…

 

私立医大なら6年間で3000万円くらいかかると言われています。

(ヒエ~~~ですよね)

幼稚園から医大まで全部私立なら養育費込みで6000万円だって。

もう「金持ちしか医者になれないのか!」

って話ですよ。

 

しかもこれに加え

「やっぱり塾や予備校に行きたい!」

とか

「今年の夏休みは海外旅行に行きたい」

とかいろいろな出費はいくらでも積み重ねられるワケで。

 

お金がかかる年齢としては

大学>高校>中学>幼稚園・保育園>小学校高学年>小学校低学年

と一般的には言われています。

 

高校や中学が高いのは『塾』ですね。

 

つまり一番お金がかからないのは小学校低学年時代なんです。

 

「今、まさに2年生!!」

 

そんなママ、お金の貯め時です。

 

貯金していますか??

 

出来るだけこの時期にお金を貯めておかないと、後々破産してしまいますよ!!

 

今からでも遅くない、主婦を卒業し少しずつでも稼ぎましょう。

 

ママが稼いだ分を貯蓄に回せれば少しは今後の『足し』になりますよ!

 

 

「このままじゃ塾に行かせられない」「大学は諦めてもらうしかない」そうなる前にコツコツ貯蓄するたった一つの方法

 

 

1.在宅ワークなら家事育児の空き時間を有効に活用できる

 

「お金はないけどなかなか外で働けない」

というママはとっても多いですよね。

 

・旦那さんの仕事が忙しくて家事や育児は全てママ

・実家が遠方で子どもの急病などで頼れる人は身近にいない

・子どもが病気がち

・職場などの人間関係が面倒

 

育児中でママが働きに出られるには、誰かしらのサポートが必須です。

 

「サポートしてくれる人はいない」

そんなママには在宅ワークがお勧めです。

 

在宅なら「空いた時間に」「自由に」仕事をすることが出来ます。

 

子ども達が学校に行っている間だけ。

夏休みなどの長期休暇や急な病気にも対応できる。

 

在宅ワークの最大のメリットです。

 

ちなみに私も在宅ワークをしています。

そんなにガッツリ仕事はしていませんが毎月の収入は4万円~9万円くらいです。

 

多くはありませんが、これを将来のための貯蓄に回せれば『チリも積もれば山となる』ですよね!

 

毎月5万円としても年間60万円。

10年続ければ一人分の大学費用は稼げます!

(10年も続けていれば毎月5万円以上確実に稼げるようになりますが)

 

まずはクラウドソーシングのサイトに登録してみましょう。

 

PourquoiPas / Pixabay

 

パソコンかスマホがあれば自宅で簡単にできる仕事を紹介してくれます。

 

その際に悪質サイトには十分注意が必要です。

 

「短期間で20万円ゲット!」

「高収入を約束」

などの甘い言葉に騙されないようにしましょう。

 

個人情報を聞き出すことを目的としていたり、情報商材を買わせようとしている詐欺サイトもあります。

 

まず初めはランサーズやクラウドワークスなどの大手サービスに登録しておけば安心。

 

収入の何割かは仲介料を取られてしまいますが、

 

・個人情報をしっかり保護してくれる

・支払いシステムが整っている

・大手クライアントも求人を出している

 

など安心感が抜群で、登録しているユーザー数もけた違いに多いです。

 

ユーザー数が多いため必然的にクライアントも膨大です。

 

そのため仕事内容も多義にわたります。

 

・ライティング業務

 

美容、子育て、病気、商品紹介、エンタメ、ゴシップ、など色々なジャンルの執筆依頼があります。

 

文字数も様々。

200文字程度~5000文字以上のものなど。

 

単価も一文字0.5円~2円程度まで幅が広いです。

 

スキルや文章力はそれほど求められないブログ記事風のモノ

専門的知識を必要とする医療系記事

(専門的なものなどは収入単価が高いです)

 

など色々ありますが、初心者でも簡単に書けそうなものを始めは選んだ方が無難です。

 

まずは身近で簡単に書けそうなものからチャレンジしてみましょう。

 

他にも

 

・企業や商品のネーミング

・テープ起こし

・求人情報をまとめる

・翻訳

・キャッチコピー制作

・webコンテンツ制作

 

など様々なものがあります。

 

一番の魅力は「自由度」です。

 

私も

「末っ子が熱出してしまいました!」

「上の子にうつりました!」

「私もうつりました!」

と2週間立て続けにお休みをもらったり…。

(普通のパートじゃ、かなり言いづらいですよね)

 

夏・冬休みはゆっくり長期休みをもらいつつ、時間のある日には子どもが寝ている間に少し進めたり。

 

柔軟に仕事をさせてもらっています!

 

また仕事をしながら、発注者から仕事のコツも教えてもらえ自分のスキルアップにもつながりますよ!

 

ぜひ空き時間を有効活用して、「自分で稼げるママ」を目指しましょう!!

 

 

これからかかるお金を試算すると専業主婦では厳しい!少しずつでも貯蓄をしておこう

 

 

お子さんの人数や一人当たりにかける金額は家庭によってかなり差があります。

 

しかし出来る事であれば『子どもの願いや将来の夢』を経済的理由でつぶしたくはありませんよね。

 

我が家も夫と

「医者になりたいって言われたらどうする??」

なんて話したりもします。

 

ビンボーでも子どもの夢は叶ってほしいと思っています。

 

しかし「今、カツカツ!」という家庭が多いのが現状。

 

その状態から子どもが大きくなって「経済的余裕」が出来ることはほぼありません。

 

今少しでも貯蓄しておきましょう。

 

そのためには

『専業主婦改め、在宅時にこっそりお小遣い稼ぎをできる賢い主婦』

になりましょう!!

 

方法は簡単。

 

まずはクラウドソーシングサービスに登録し、自分に合った在宅ワークを探してみてください。

 

子育てはこれからますますお金がかかります。

 

ぜひ思い立った今、始めてみてくださいね!!

 

ピックアップ記事

関連記事一覧