• HOME
  • 病気
  • 【兄弟がインフルエンザの時の習い事】元気でも休む?絶対後悔しない3つの選択法

【兄弟がインフルエンザの時の習い事】元気でも休む?絶対後悔しない3つの選択法

病気

 

兄弟がインフルエンザになってしまうと、その兄弟もうつる可能性は高いですよね。

しかしうつらないっていうケースもあります。

 

そんな時に、悩むのは元気な子の習い事…。

 

月謝も払っているのに、

「これじゃあ休んでばっかり!」

「もったいない!!」

って誰しも思いますよね。

 

インフルエンザに感染した兄弟がいる時の習い事に悩んでいませんか??

 

・兄弟や家族がインフルエンザの時の習い事にいつも悩んでしまう

・本人はいたって元気なので行かせたい気持ちもある

・もし保菌者だったら申し訳ないし、周りの視線も気になる

 

これ、インフルエンザに限らず胃腸炎とか流行りの感染症の時は悩みますよねえ。

 

ウチの幼稚園は去年から

「家族がインフルエンザなどの感染症の場合は元気な兄弟も欠席」

になりました。

 

おかげで、家族全員完治までに時間がかかり丸一ヵ月幼稚園休みましたよ。。。

 

ホント、勘弁してよ!!

って感じでした(涙)

 

習い事も然り…。

 

しかも兄弟が増えればさらにみんなで順番に色々な病気を持って帰ってきますよね。

 

その間ずっと習い休んでいたら

「冬になっていけない日ばかり!」

になってしまいます。

 

「そろそろ行ってほしいなあ」と

悩む気持ち、よーくわかります。

 

そんなママのために、今回は兄弟がインフルエンザの時の習い事をどうするかのママの意見をまとめ総括してみました!!

 

 

兄弟がインフルエンザの時の習い事。みんなどうしてる??悩んだらコレ!後悔しない選択方法3選

 

 

1.先生がOKの方針なら行ってもいい

 

習い事の中で感染症に兄弟がかかった場合の規定がなければ原則的には行ってOKです。

 

学校保健安全法第19条でインフルエンザ発症本人に関しては出席停止が定められています。

しかしその兄弟に関しては決められていません。

 

まずは先生に相談してみるのが確実です。

 

kaboompics / Pixabay

 

「本人が元気ならマスクして来てくれればいいですよ」

というところもあるし

「兄弟がインフルエンザなら休んでほしい」

という方針のところもあります。

 

また同じ習い事のお友達がみんなどうしているかも参考になりますね。

 

他のお友達も兄弟がインフルエンザでも来ている子が多いのなら行かせやすいです。

 

これはその家庭の考え方によって大きく分かれるところです。

 

・本人が元気なんだからいい

・もしうつしたら申し訳ないからやめておく

どちらも間違いではありません。

 

どちら派が多い習い事なのかも参考にしてみてください。

 

ちなみに我が家は

・スイミング

・体操教室

・公文

・陸上クラブ

この4つの習い事をしています。

 

どれも『兄弟がインフルの場合は元気な子も休む』いう規定はありません。

 

スイミングと体操、公文は兄弟がインフルでもみんな結構来ています。

陸上クラブは念のため休ませている家庭が多いです。

 

私的には、外でやる陸上の方が感染の可能性が低そうな気がするのですが…

よっぽど密室でくっついて勉強している公文の方がうつりそう!

 

先生。

それから同じ習い事をしているお友達の家庭の例を参考に考えてみてください。

 

 

2.ネットの意見は行かせない派が多数

 

「もし保菌していて先生やお友達にうつしてしまったら困る」

この意見が圧倒的に多かったです。

 

特に先生にうつしてしまったら、習い事自体をお休みにしなくてはなりません。

経済的損失も与えてしまいます。

 

お友達にうつしてしまっても、またその家族に拡大していく可能性も大いにあります。

パパやママがお仕事休んで看病しなくてはならないかもしません。

 

重症化して脳炎になってしまったりしたら一生恨まれます。

 

そんなリスクを冒してまで習い事に行かせられないという意見が大多数。

 

習い事の発表会の前や、学校行事を控えている時などはさらに慎重派が多かったです。

 

やっぱり

「〇〇ちゃんからうつって、楽しみにしていた発表会に出られなかった」

という最悪の事態は避けたいですよね。

 

そうは言っても周りでインフルエンザが流行していれば誰からの感染かなんて本当は厳密にはわかりません。

 

また兄弟間の感染確率は実は平均すると10%程度なんです。

(高校生の兄弟なども含まれるため幼児や小学生の兄弟の場合はもう少し高い可能性があります)

 

必ずうつるとも限りません。

 

また潜伏期間からも感染する可能性はありますが、それほど高くありません。

発症し高熱が出ている時が一番感染力が強い時期です。

 

それを気にしていたら、本来なら学校だって休ませなくてはならないということになってしまいますよね。

 

「学校も行っているのだから、習い事も行かせる」

こういった考えも決して間違ってはいませんよね。

 

しかしネット上の意見の割合からすると、少数派でした。

 

やっぱり

「なった時の苦しみ、迷惑、申し訳なく肩身の狭い思いをしたくない」

これらを考えると行かせないという選択が多いようです。

 

 

3.「どうしよう」と迷ったら行かせない方がいい

 

行かせて後悔するより、行かせない後悔のほうが圧倒的に気楽だからです。

 

行かせてうつった子がもし出てしまった場合の後悔。

これはもううつった子の家庭にまで影響を与えていますよね。

 

しかし行かせない後悔なら…

「もったいなかったなあ」というママの後悔と

「本当は行きたかったのに」という自分の子どもの気持ちだけで終わります。

 

それに「どうしよう」と迷ってネットで調べているママの本当の心は

「人に迷惑かけたくない」

「他人に陰で文句言われたくない」

がありませんか??

 

行かせなければ、それは解決します。

 

確かに月謝が発生する習い事を休ませるのって決断力がいります。

 

でも長い人生でこの数回を休むことがどれほどの影響力があるかといえば…

ほとんど「ない」に等しいです。

 

毎日習い事を頑張っている子ども達です。

 

こんな時くらいゆっくり休んでおうちで過ごすのも悪くありませんよ!

 

 

多くのママが悩む『兄弟がインフルエンザの時の習い事』決めるのはママ次第!後悔しない選択をしよう!

 

 

毎年この時期になると、兄弟のどちらかのクラスでインフルエンザが流行りますよね。

 

兄弟みんな同時にインフルエンザにかかるなんてまずないです!

だいたい1~2日程度の時差を置いて、順番になっていきますよね。

 

しかしその順番待ちの最中?

もしくはそのままうつらないですむかもしれない兄弟の習い事は本当に迷いどころです。

 

後悔しない選択をするためには

 

・先生に電話して相談する

・同じ習い事の周りの子たちはどうしているかリサーチする

・ネット上の意見は行かせない派が多数

・迷ったら行かせないほうが後々後悔する可能性は少ない

 

以上のことを参考にしてみてください。

 

どちらも間違いではありません。

ママの考え方次第です。

 

ぜひ後悔しない方法を考えてみてくださいね!

 

ピックアップ記事

関連記事一覧