• HOME
  • 病気
  • 【インフルエンザで学級閉鎖】習い事は行く?休む?失敗しない3つのポイント

【インフルエンザで学級閉鎖】習い事は行く?休む?失敗しない3つのポイント

病気

 

この時期になるとインフルエンザで学級閉鎖の情報が飛び交いますよね。

 

我が家の息子の学校も出ています。

 

毎年のこととはいえ、迷うのは習い事ですよね。

 

インフルエンザに疾患中なら確実に休みますけどね。

 

インフルエンザ流行で学級閉鎖だけど、我が子は元気!

こんな時の習い事に悩んでいませんか??

 

・学校からは一応学級閉鎖中は自宅で過ごすようにとのお達しがある

・我が子はとっても元気。もしくはもう治った後

・習い事の月謝や進み具合も気になる

 

学級閉鎖はだいたいクラスの3分の1以上が欠席になると決まります。

 

学年閉鎖は全体の1割という学校が多いようです。

 

また曜日にも関係していて週の始めの方が、週末間際より学級閉鎖になることが多いとされています。

週末に近いと土日を挟んで感染拡大が収まると考えられることもあるようです。

 

私も子どもの頃

「いえーーい!!学級閉鎖だ!!」

って超喜んでいた記憶がうっすら…。

 

元気だとそんなもんですよね。

 

でもSNSも発達した現代。

 

「○○ちゃんインフルエンザらしいよ」

「○○くんのお姉ちゃんインフルだって」

 

とかすぐ噂が広まりますよね。

 

ほんと、めんどくさいな~なんて思いつつ…

 

そして学級閉鎖だと真面目の自宅にちゃんとこもる子。

元気だからと言って買い物や習い事に行く子。

 

様々です。

 

学級閉鎖なのに習い事に行って発症したら散々言われるのは目に見えているし。

でも行っている子もたくさんいるし…

 

悩みどころですよね。

 

今回は様々な声をもとに、どうすべきか考えてみました!

 

 

インフルエンザで学級閉鎖!どうする!?習い事!!真面目に休むか。キリがないから行くか!!

 

 

1.真面目に休む

 

インフルエンザには潜伏期間がありますよね。

潜伏期間は短いと1日。長いと5日と幅があります。

 

インフルエンザの型や個人の体調などにもよって違ってきます。

 

今元気でも潜伏期間中ということも考えられます。

 

潜伏期間中から多少の感染力があるもの。

 

念のため休ませるのは安全策ですよね。

 

その教室の生徒や先生にうつしてしまうと大変です。

 

特に先生にうつれば教室はお休みにせざるを得ません。

教室に通う生徒にうつればその家族にもうつって…

 

そう考えると、自分の子どもが1日休むことによってそれが回避できるならその方がベターでしょう。

 

もう治った後という場合。

 

解熱後2~3日(小学生以上2日。幼稚園児3日)

発症後5日たっている

 

そんな場合は習い事の先生に電話して相談してみてもいいですね。

 

「それなら来ていいですよ」

と言われるかもしれませんし

「一応お休みしてもらえるとありがたい」

と言われるかもしれません。

 

もしくは特別に代替授業を行ってくれたなんて言う声もありました。

 

発症後5日たっていても咳や鼻水が残っているのなら感染力はまだあります。

 

発症して1週間たっていなかったり、咳や鼻水がまだ出るのなら休ませましょう。

 

確実に治っていたとしてもやはり

「学級閉鎖期間だから」

と言って休む判断も間違っていません。

 

我が家は休ませます。

 

というか「学級閉鎖なんだから習い事行っちゃだめなんだよ」

と子どもたちが言います。

 

理由は「行きたくない」が一番なんだろうけれど…(笑)

 

でも長い人生のたった1回の習い事、こういう理由があるときは休ませてもいいかなという考え方もありますよ。

 

 

2.元気なんだから行く

 

子どもが元気なら行かせるという家庭もあります。

 

strausadolf / Pixabay

 

我が家も公文に通っているのですが、学級閉鎖のクラスの子どもたちも来ていました。

 

行くのであれば最低限マスクはしておいた方がいいでしょう。

もしかしたら保菌者である可能性もあります。

 

また学校や園によっては

「学級閉鎖中は習い事もなるべく休んで自宅で過ごすように」

「授業時間帯の外出は控え、習い事は制限なし」

このように違いがあります。

 

渡されるプリントをもう一度見てみてください。

 

今この時期、どこでもらってくるかもわかりません。

学校の廊下やトイレ、買い物先どこでだってうつってくる可能性はあります。

 

気にし出したらキリがないとも言えますよね。

 

そういう考えの方、もしくは周りもみんなそうしている環境の方などは行かせてもいいでしょう。

 

 

3.迷ったら行かせないほうが後々後悔しない

 

上記上げた2つの考え方。

どちらにより賛同できましたか??

 

結局決めるのはママであるあなたです。

 

もし迷っているのであれば、やめたほうが後々後悔がないです。

 

「行かせる派」のママは、すっぱり行かせるタイプです。

「そんのお互い様じゃん。気にしてたらキリがないよ」

とはっきりと考えが決まっている人です。

 

でももし行かせたこと後に習い事でインフルエンザが拡大したら。

ピアノ教室の発表会を控えインフルエンザを発症してしまったら。

先生にうつって教室がお休みになったら。

 

もし感染源があなたの子どもでなくても、疑われる可能性は大いにあります。

 

そんなリスクを気にしない人は、こうやって調べることなくすんなり行かせているでしょう。

 

ママの中に迷いがあるのなら、休ませた方が後悔が少ないです。

 

あとあと文句を言われる可能性がなくなるからです。

 

あなたの子どもが疑われる感染拡大も確実に防げます。

 

確かに1回分の月謝や進み具合など色々気になりますよね。

 

でもその1回で陰口をたたかれるくらいなら、休ませてしまった方が気が楽ですよ。

 

 

学級閉鎖中の習い事、行くも行かぬもママ次第!迷ったら休ませて方が無難

 

 

学級閉鎖になってしまうと働くママにとっては大ダメージですよね。

 

自分の子どももインフルエンザなら問答無用で自宅安静。

 

でも元気だと本当に悩みどころですよね。

 

ですが後悔しないために、迷惑をかけないために最低限の親のモラルをもちたいものですよね。

 

習い事に関しては意見が割れるところです。

 

「真面目に学級閉鎖中は自宅で過ごす」という家庭も「元気なら行かせる」という家庭も両方あるのが実情です。

 

ですがもし迷っているのならば休ませておいたほうが、後悔は確実に減らせます。

 

やっぱり我が子が原因でインフルエンザが拡大してしまうのは避けたいですよね。

 

そして濡れ衣を着せられるのもごめんです。

 

それならばたった1回くらい休んだっていいじゃない!?

というのが多くの方の意見でした。

 

私もその考え方に賛成です。

 

もちろん行かせる派の人への非難など一切ないですよ!

それもそれでアリだと思っています。

 

でもやっぱり

「○○ちゃんにうつされた」

って言われるのって、私はツライです。

 

そんな証拠はない!のにね。

 

でもこの時期だからこそ、行動は慎重にしましょう。

 

マナーやモラルを疑われるのはママ自身です。

 

ぜひ後悔のない選択をしてくださいね。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧