【子どもの背が小さい】今小さくても思春期に伸びる子になる3つの秘密

子どもの体

 

誰にでも訪れる

身長がグググーーンと伸びる成長の黄金期。

 

この時期に10㎝しか伸びない子

逆に30㎝も伸びる子

様々な子がいます。

 

その違いは何なのか。

単なる個性?

 

いや、実は個性だけではないんです!!

 

我が子の身長の成長期、心配ではありませんか??

 

・ママかパパの身長が止まるのが早かったので遺伝しないか心配

・今小さいので「思春期に伸びるはず」と期待はしているが確信は持てない

・早めに成長期を迎えてしまってこのまま身長が止まってしまいそうで困っている

 

親せきの子どもが久々に会うと急激に大きくなっていることありますよね。

 

私もヒザが成長痛で傷んだ時期がありました。

 

「そんな身長が伸びる時期、最大限に身長を伸ばしてあげたい!!」

と願うパパママはとても多いです。

 

実際、この時期に伸びるためには、ある工夫が大事なんです。

 

せっかくの成長期を生かすも、生かさぬも普段の過ごし方次第!!

 

特に女子は小学校高学年頃から、男子は中学生~高校生にかけての成長期。

 

この人生最大の成長期に伸びることができないと低身長決定です。

 

幼少期から身長が伸びる下地を作っておくことが大切です。

 

それが爆発的なググーーーンと伸びにつながります!

 

 

親の身長を軽~く超える高身長のイマドキ体型に育てるたった3つの秘訣

 

 

1.小学生9~10時間睡眠、中学生8~9時間睡眠を目指す

 

子供の身長が伸びるのは睡眠時です。

 

睡眠中に成長ホルモンが分泌されるためです。

 

特に一番多くの成長ホルモンが分泌されるのが眠り始めからの3時間。

 

この時間にぐっすり深く眠ることが大事です。

 

そのためには

 

・眠る2時間前は食事をしない

・眠る1時間前からはテレビ、パソコン、スマホ禁止

・眠る1時間前にゆっくり入浴

・部屋は暗くして眠る

 

この4つを注意し、寝入りの3時間にぐっすり眠れるようにしましょう。

 

さらに睡眠時間の確保も大事です。

 

昔から

「寝る子は育つ」

と言われていますが、科学的にも睡眠時間の重要性が立証されています。

 

入学前の子どもは11時間以上

小学生は9時間~10時間

中学生は8時間~9時間

が推奨されています。

 

これ以上長くてもOK!!

 

出来るだけ小学生も8時半までには布団に入る

中学生も9時半までには寝るようにしましょう。

 

研究者によっては

「もっと短くてもいい」とか

「何時に寝るかはさほど問題ではない」

という意見もあります。

 

しかし実際に高身長の人は

「早寝早起きでよーーく寝た」という人が多いのです。

 

逆に子役など小さい時から寝るのが遅かったり睡眠時間が短い子どもは大人になっても低身長が多いですよね。

 

「ぐっすりいっぱい眠ること」が大事です。

 

 

2.毎日2時間以上運動する

 

筋肉や骨は刺激を受けることで成長が促されます。

 

特に骨を刺激する

・ジャンプ

・走る

・伸びる、反らす

動きは身長を伸ばす運動です。

 

Skitterphoto / Pixabay

 

なわとび、おにごっこ、ブランコ、バトミントン

などなど体を使った遊びをたくさんしましょう。

 

逆に偏った運動をし過ぎることは身長を止めてしまうこともあります。

 

過度な筋トレをするのではなく、習い事なら

・サッカーとスイミング

・バレエとバスケ

など色々な動きが出来るように組み合わせてあげてください。

 

 

3.身長を伸ばす栄養素をバランスよく摂取する

 

身長を伸ばす栄養素は

 

・カルシウム(牛乳、乳製品、小魚)

・たんぱく質(卵、肉、豆、魚)

・マグネシウム(わかめ、ひじき、ナッツ類、ホウレンソウ)

・亜鉛(牡蠣、しじみ、レバー、ごま、ナッツ類)

・オルニチン(しじみ、チーズ、キハダマグロ)

・ビタミン(緑黄色野菜、果物)

 

の6つです。

 

ぜひ毎日この栄養素を意識して食事作りをしてあげてください。

 

朝ごはんに納豆やヨーグルト、バナナをプラスするだけでもたんぱく質、カルシウム、ビタミンなどの栄養素を摂取できます。

 

おやつにピーナッツと鮭おにぎりを食べると亜鉛とタンパク質、マグネシウムがプラスできます。

 

このように普段の食事に少しずつ簡単に取り入れられるものをプラスしていきましょう。

 

そうは言っても毎日続けるのはなかなか難しいもの。

 

たまには手抜きご飯にしたい日だってありますよね!

私もものすごーーくあります!!

 

そんな時にはサプリメントがおススメ。

 

背が伸びる栄養素をバランスよく配合しているので効率的に栄養摂取できます。

 

・普段の食事だけじゃちょっと不安

・食事の補助として

・栄養バランスを考えた食事作りがムリ

 

そんな場合は、サプリメントの力を借りてみましょう。

 

 

高身長になるためには今から下地作りをしておこう!

 

 

子どもの身長は親の遺伝から3割弱程度の影響を受けると言われています。

 

意外ですよね。

 

もっと遺伝の影響が大きいと思っておられる方が多いんです。

 

だから子どもの身長を伸ばしたいと思ったら、7割強を占める後天的要因を整えてあげる工夫が大事です。

 

簡単な方法は

 

・子どもの睡眠時間を長く、ぐっすり眠らせてあげる

・毎日2時間以上運動をする

・身長を伸ばす栄養素をバランスよく摂取する

の3つです

 

しかもこれら、全部がつながっています。

 

運動をすればお腹もすくし、疲れてぐっすり眠れる。

ぐっすり眠れば疲れが取れて元気に遊べる。

元気に遊べばまたお腹が空いていっぱい食べられる。

 

この好循環が続くと、身長がグングン伸びる下地がしっかりと出来上がります。

 

ぜひお子さんが、

「背が高くて得した!!」

となるように、サポートしてあげてくださいね!!

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧