【育児に全く参加しない夫】自ら進んで抱っこするイクメンにする超簡単な3つの方法

イクメン

 

 

「イクメン」

 

と言われるパパがいるにもかかわらず、うちの夫は何もしてくれない!

 

と悩むママはとても多いです。

 

仕事が忙しいなら仕方がない!?

 

だけど家にいるのにダラダラゴロゴロ。

 

何か頼むと

 

「何で俺が!?」

 

と面倒くさそう。

 

産後育児で疲労困憊なのに、なんで全然協力してくれないんだろうと悩んでいませんか?

 

・おむつぐらい替えてほしいのに何もしてくれない!

・私が疲れているときは家事も分担してほしい

・夫ばかり自分の時間を楽しんでいてずるい!!

 

夫が育児に協力的でないとママはとっても大変ですよね。

 

「いなくてやれない」

のと

「いるのにやらない」

 

では全く違う!!

 

この大変な育児を旦那さんが手伝ってくれたらどれほど楽になることか!?

 

ママが食事の支度、洗濯など家事をしている間だけでも子どもを見てくれる旦那さんだったら。

 

休みの日に

 

「子どもを連れて出かけてくるから、ママはショッピングでもして息抜きしてきなよ♡」

 

なんて気の利いたことを言ってくれる旦那さんだったらどんなにスバラシイことか!!

 

実際に近所にいたんです!

 

こういうパパ!!

 

連休に1歳の双子を含む子ども3人を連れてパパがお出かけ。

 

ママは一人でら〇ぽーとでショッピング~♪

 

もうママ友の間で、そんな旦那は神ですよ!!

 

拍手喝采です(笑)

 

アパート内のママたちの伝説のヒーローとなりました!

 

どうやったらそんな「イクメン」夫になるのかな?

 

という疑問にお応えするべく!

 

ママの負担を軽くするためにも!

 

「育児に協力的でない夫を持つママさんの悩み」

 

を解消する方法を紹介します。

 

 

育児に全く協力しない夫が「イクメン」に育つ3つの魔法

 

 

1.やってほしいことを具体的に伝える

 

 

実は本当に鈍感で何も感じていない夫というのは非常に多いです。

 

うんうん!うちもこのタイプ!

 

ママがご飯を作っているときに赤ちゃんが泣くと、

 

「泣いてるよー」

 

とか平気で言っちゃう感じ。

 

それは

 

ママがご飯を作っていて手を離せない状態であること。

夫自身が抱っこしてあげればいいこと

 

どちらも頭にないっていうか、何も考えていないのです。

 

そういう場合は、冷静にやってほしいこととそのやり方を説明するしかありません。

 

やり方がわかっていないということも多いのです。

 

少し面倒だし、自分でやってしまったほうが早いのも事実です。

 

だけど今後のために教えておいて損はないです。

 

・オムツの替え方

・抱っこの仕方

・泣いた場合にはどうしたらいいか

 

など赤ちゃんのお世話の基本を教えてあげてください。

 

「何で俺が?」

「どうせおっぱいのほうが泣き止むし!」

 

とか言われたらイラっときますよね。

 

うちもそうでした!

 

事あるごとに

 

「俺はおっぱい出ないしさ~」

 

「は!?じゃアンタは何もやらないワケ!?」

 

とキレたくなる気持ちを何とかおさえて

 

「今ご飯作ってるの。手が離せないからお願い」

 

と素直に伝えてください。

 

そうすると夫自身も気が付いていくことが増えていきます。

 

やってみて初めて、育児の大変さも実感するものです。

 

どんどん色々な育児をやらせてみましょう♪

 

 

 

2.お礼を言う&褒めて褒めて褒めまくる!

 

 

男は感謝されることやおだてに弱いものです。

 

夫が家事や育児を手伝ってくれた時、

 

「ありがとう。とっても助かったよ」

 

と伝えてください。

 

感謝されると嬉しいもので、また次もやろうという気持ちになります。

 

うまくできなかった場合も

 

「ありがとね」

 

と言われることで、もっと頑張ろうと思ってくれるものです。

 

GingerQuip / Pixabay

 

 

上手くできなかったところも、大目にみてあげてください。

 

そして最も効果的なのは

 

褒めて褒めて褒めまくっておだててあげることです。

 

相手は夫ではなくて子どもだと思ってみてください!

 

子育てもイクメン育ても同じ要領です!

 

褒められておだてられると単純な男の頭の中は一気にお花畑~♪状態です。

 

「そ、そうかな?」

 

なんてちょっと照れながら言って、次から言われなくても自分でやったりしますよ。

 

ほんと子育てと一緒だな!と思います。

 

「わー!パパがやったら○○ちゃんとっても機嫌いいねえ。

きっとパパが大好きなんだよ~。」

 

「抱っこするのすごくうまいねえ。

やっぱりパパの大きな体だと赤ちゃんも守られてるみたいで安心するんだよ」

 

と大げさなくらい褒めまくってあげてください。

 

褒められると

 

さらにやってみようというイクメンサイクル

 

に入っていきます。

 

「パパの子どもなんだからあなたもやって当たり前」

 

という思いはありますが、うまく夫を乗せることもママの腕の見せ所ですよ!

 

 

 

3.パパと二人きりにしてみる

 

 

さあ、ここまで来ればもう「イクメン」まであと一歩!

 

次のステップはママ不在状態を作ることです。

 

パパと二人っきりでのお出かけをさせてみましょう。

 

逆にママの用事でパパと子どもを残して出かけてもいいです。

 

ママがいるとどうしてもママに頼ってしまいがちです。

 

ママに頼れない状況にしてください。

 

パパも育児の大変さや、子どもと過ごす楽しさも知ることが出来ますよ!

 

さらに

 

「一緒に何かをさせてみる」

 

のもいいですね!

 

一緒に何かに挑戦することは親子ともとても素晴らしい経験です。

 

赤ちゃんのうちは難しいかもしれませんが、少し大きくなったら

 

・二人で虫取り

・川にカニ捕まえにいく

・山登り

 

など自然の中へ二人でお出かけさせてみてください。

 

二人でやり遂げたという達成感が親子のきずなを強くします。

 

帰ってきたら

 

「今度は何しに行く?」

 

なんて夫のほうから言っているパターンもありますよ。

 

 

夫がイクメンになるかどうかはママ次第!イクメン育てに挑戦してみて!

 

 

夫がイクメンになってくれれば、ママにとってもとってもいいことばかりですよね。

 

また子どもにとっても、ママからもパパからもバランスよく愛情を受けていくことが健やかな成長につながります。

 

夫がイクメンになるかどうかはママの腕次第。

 

あなたの能力の見せ所です!!

 

・やってほしいことを具体的に説明する

・パパを褒めておだてまくる!

・パパと子どもの二人きり時間を与える

 

を実践し、素敵なイクメンにパパを変身させましょう!

 

その時に小言やクレームは絶対NG!

 

例えば夫が

 

「ご飯まだ?遅すぎない?もっと早く作ってよ」

「なんかまずいんだけど。」

 

と言ってきたとしたら。

 

イラっときませんか?

 

頭にこないママもいるかもですが、大抵はいちゃもんつけられたらムカッときますよね。

 

パパも同じです。

 

一生懸命やっている時に、口うるさく文句を言われるとやる気がなくなってしまいます。

 

ぜひ褒めて褒めて褒めまくって!上手におだてて図に乗らせてあげましょう♪

 

それがイクメンへの近道です!

 

ママ自身のためにも、お子さんのためにもなるのでぜひやってみてくださいね!!

ピックアップ記事

関連記事一覧