• HOME
  • 両親
  • 【内祝い何がいい?予算と時期は?】相手に喜ばれる贈りものを選ぶ超簡単な5つの方法

【内祝い何がいい?予算と時期は?】相手に喜ばれる贈りものを選ぶ超簡単な5つの方法

両親

 

待ちに待った出産後数日の入院を終えると、その後はあわただしい日々の始まりです。

 

赤ちゃんの命名、出生届、慣れない育児に毎日てんてこ舞いです。

 

そんな中であっても、ありがたいことに出産をお祝いしてくれる親類やご友人には返礼を必ずしたいものですね!

 

しかし内祝いっていったいどれくらいの金額のものをいつ渡せばいいのか。

さらにはプレゼントの品は何がいいのかを悩むママはとても多いです。

 

内祝をどうしようかと悩んでいませんか?

 

・内祝いに何をおくったらいいかすごく悩む

・内祝いの予算をどの程度にしたら失礼がないか心配

・相手に喜ばれるものを贈りたい

 

贈り物ってすごく難しいですよねえ。

 

せっかく贈るなら喜ばれるものを贈りたいし。

 

私も毎回とーーっても悩みます。

 

これから親せきづきあいをしていく間柄ならなおさらですよね!

 

今回はそんな内祝いに悩むママに、相手に喜ばれる贈り物を選ぶポイントを紹介します!

 

内祝いは何がいい?相手に喜ばれる贈り物を選ぶ5つのポイント

 

1.贈りたい相手の好きなものをリサーチして選ぶ

 

内祝いをいただく相手の多くは親せきという場合。

 

自分や旦那さんの両親に親せきの好きなモノを聞いてみましょう。

 

好きなものをプレゼントされると

「よく考えてくれたなあ」

ともらった相手も嬉しいです。

 

そもそも内祝いとは、出産祝いをいただい人にお返しするのが基本です。

しかし両親には贈らないということが多いです。

また兄弟もお互い様になるケースが多いので、「なしにしよう」という家庭が多いです。

 

友人や会社関係の人は必ず贈ることが大切です。

 

さらにお祝いをもらってなくても日ごろ感謝ゃ込めて内祝いを贈ってもも構いません。

 

贈る時期は、産後2ヵ月未満には贈るようにしましょう。

お祝いをいただいたのが遅かった人に関しては、いただいてから1ヵ月以内くらいには贈るようにしましょう。

 

金額の目安は、いただいた金額の3分の1から半分くらいとされています。

 

あまり高価な返礼だと逆に失礼にあたります。

 

お祝いが高額だった場合3分の1でも相当な額になることがあります。

 

この場合は相場で考えるのではなく、自分たち自身の気持ちで金額を決めましょう。

 

2.名入れ商品やカードで赤ちゃんを紹介する

 

新しい家族に加わった赤ちゃんの名前を紹介しましょう。

 

今は内祝いを頼むと写真付きのカードを同封してくれるサービスもあります。

 

ulleo / Pixabay

 

親せきやお世話になった人に新しい仲間をお披露目してください。

 

名入れギフトもお勧めです。

カステラなどのお菓子に名前を入れるのも人気です。

 

またお酒やお米などのパッケージ類に名入れすることもできます。

 

3.ゆかりの深い人には持参して挨拶できるとベスト

 

生後1ヵ月をすぎて外出OKが出ている。

赤ちゃんを連れていけるくらいの距離である。

 

そんな場合には内祝いを持参すると丁寧です。

 

赤ちゃんも見せることが出来るためとても喜ばれます。

 

お世話になっている人や、親せき、ゆかりの深い人には赤ちゃんの紹介も兼ねて訪問するのもいいでしょう。

 

4.ネット通販を利用し人気商品を参考にする

 

赤ちゃんを産んですぐに返礼の品を買いにいくのは大変です。

 

ネット通販がとても便利です。

 

また内祝いのカタログも産婦人科などでもらえます。

カタログ注文も自宅にいながら商品を選べるので、ネット通販と同じくお勧めです。

 

ネット通販は売れ筋ランキングなどが表示されます。

迷った場合は参考にしてみるのもお勧めです。

 

ネット通販最旬お勧めギフト記事はこちらから

 

5.内祝いには不適切!NG品がある!

 

内祝いとしては不適切とされるものがいくつかありますので、注意が必要です。

 

・日本茶(香典返しに使われることが多く縁起が悪いととらえられる)

・包丁(切ることから縁を切るにつながります)

・履物、スリッパ、靴下など(足で履く=踏みつけるとつながるため)

・ハンカチ (てぎれとも言うハンカチは「手切れ」縁を切ることを連想するため)

・相手の職業の競合となってしまうもの (例えば米農家に米を贈るのはNG、メーカー勤務の人にライバル社のものを贈るなど)

 

のようにお祝いごとの返礼にはふさわしくないとされているものがいくつかあります。

 

せっかく一生懸命選んだつもりでも、失礼にあたってしまうこともあるので気をつけましょう。

 

忙しい産後でも「相手に喜ばれるものを贈りたい」と思うならリサーチは欠かせない

 

出産のお祝いをくれるような親しい間柄の人とは今後もお付き合いが続いていきます。

 

ぜひ相手に喜ばれるものを贈りたいですよね。

 

そんな時に参考にしてほしいのは

・相手の好きなモノをリサーチ

・名入れ商品や赤ちゃんの写真付きのカードを同封

・ゆかりの深い人には赤ちゃんを連れで持参するのが丁寧

・ネット通販を利用し人気商品をリサーチ

・内祝いNG品に注意

 

の5点です。

 

内祝いはお祝いをいただいた方への感謝の気持ちをきちんと伝えることが大事です。

 

それが親になったパパとママのマナーでもあります。

 

ぜひ今後の良好な関係のためにも、感謝が伝わる内祝いを贈りましょうね!

 

ピックアップ記事

関連記事一覧