【食欲旺盛すぎる産後】止まらない食欲の超簡単なたった3つの撃退法

産後ダイエット

 

出産した途端、

甘いものが食べたい!

コッテリしたものが食べたい!

とにかくたくさん食べたい!

など食欲が大爆発してしまうことがよくあります。

 

食べても食べてもお腹が空く産後の食欲に悩まされていませんか?

 

・授乳のせいか育児の疲れかとにかくお腹が空いてしまう

・食べても食べても食べ足りない

・こんなに食べていたら産後太りが心配

 

育児中ってめっちゃお腹減りますよね!

 

すっごくよくわかります!

 

お茶碗3杯はイケル!みたいな。

 

でも食欲の赴くままに食べまくっていたら…行く末は想像できますよね(汗)

 

そう。授乳や育児でいくらカロリー消費していると言えども、

限度ってもんがあります!

 

食べ過ぎればそりゃ、太りますよね(涙)

 

「でもお腹空いちゃうんだもん!」

 

そんなママのために、旺盛すぎる食欲を抑える方法を紹介します!

 

できることであれば、子どもや夫のため、そして自分のためにもキレイでかわいいママでいたいですよね。

 

食欲が増す原因と対処法を知って、産後太りを防ぎましょう♪

 

産後ママの旺盛すぎる食欲を抑える超簡単な方法3選

 

1.あっさり和食を心ががける

 

体の中で母乳を作るのは大きなエネルギーが必要です。

 

だいたい母乳を1日に750ml授乳するためには、およそ500㎉消費することになります。

500㎉というとほぼ一食分のカロリー。

 

さらにだっこや赤ちゃんのお世話で体力を消耗するわけですからお腹が空いて当然なのです。

 

だからと言ってそれ以上のカロリーを摂取していては太るのは目に見えていますね。

 

母乳のためにもママのダイエット観点からもあっさりした和食が一番いいことは明白です。

 

和食は母乳の質を良質にします。

さらに低カロリー高たんぱくで太りにくい調理法です。

 

1日3食、できるだけ和食を取り入れるようにしましょう。

 

しかしたまにはがっつり系が食べたくなる気持ちもわかります。

 

そんな時はあまり脂質が多すぎない赤身肉や鶏ムネ肉などの料理がお勧めです。

脂分は母乳のつまりの原因にもなります。

 

様子を見ながら食べ過ぎないように注意してくださいね。

 

2.少量ずつ小分けにして1日5食にする

 

お腹が空きやすい時は少量ずつ食べることがお勧めです。

 

空腹感が続くと、ドカ食いにつながってしまうからです。

 

食事を5回くらいに分けるなど出来れば一番理想的です。

 

しかし忙しい育児の中それは現実的ではありませんよね。

 

小腹が空いたら低カロおやつをとりいれてみるのが手軽です。

 

小さなおにぎりや干し芋、バナナなどだと短時間でパッと食べられます。

 

7時に朝ごはん→10時におにぎり→12時に昼ご飯→15時にバナナ→18時に夕ご飯→20時にきな粉入り豆乳

など、少しずつ食べるようにしてみてくださいね。

 

3.甘いもの食べたかったら洋菓子より和菓子、フルーツを

 

疲れると無性に甘いものが食べたくなったりしまうよね。

 

そんな時は高カロリーな洋菓子よりも和菓子やドライフルーツなどを食べてください。

 

webar4i / Pixabay

 

洋菓子によく使われる上白糖は体を冷やし、太りやすい体質を作ってしまいます。

 

太りにくいとされる糖質はオリゴ糖です。

オリゴ糖は大豆、バナナ、リンゴ、牛乳、はちみつなどに含まれています。

 

間食に上手に取り入れてみてください。

(はちみつは授乳中のママが摂取する分には問題ありませんが、1歳未満の赤ちゃんには絶対に与えてはいけないので注意してください)

 

またストレスで食欲が増幅することがあります。

イライラしてやけ食いってありますよね。

 

しかし育児中はイライラの連続です。

 

イライラして

「ストレスがたまってきているな」

と感じたら、食事で発散するのではなく別の解消法を探してくださいね。

 

外出してもいいし、お友達と愚痴大会でもいいです。

 

ママがストレスをため過ぎないようにも注意していください。

 

食欲旺盛すぎるママの食欲を抑制するたった3つの方法

 

産後の育児中って不思議なほどお腹が空きますよね。

 

よーーくわかります。

 

でもちょっとした工夫で食欲を抑制し産後太りを解消できるんです!

 

・あさっり和食を心がけ摂取カロリーを抑える

・小分けにして少しずつ食べ空腹時間を短くする

・おやつはドライフルーツなどがお勧め

 

この3つで旺盛すぎる食欲を軽減することが出来ます!

 

そうは言っても育児は体力勝負。

若干の蓄えがないと倒れてしまいます。

 

あまり無理をしないようにしてくださいね。

今は笑顔で楽しく育児をすることが一番です!

 

食欲を適度に抑えながら、赤ちゃんとの時間を楽しんでくださいね♪

 

ピックアップ記事

関連記事一覧