• HOME
  • 便秘
  • 【授乳中の便秘】1週間で便秘が治る!母乳に影響ゼロの3つの裏技

【授乳中の便秘】1週間で便秘が治る!母乳に影響ゼロの3つの裏技

便秘

 

 

便がコロコロ。カチコチ。

育児で忙しいのにトイレに長居なんてできない!!

 

そんな授乳中の頑固な便秘に悩まされていませんか??

 

・授乳が始まってから便秘がずっと続いている

・赤ちゃんのために便秘薬は飲みたくない

・赤ちゃんのお世話でゆっくりトイレに入る時間がない

 

便秘って本当にツライですよね。

 

私も経験者なので本当にそのツラさよーくわかります。

 

しかも超忙しく目まぐるしい毎日を過ごす授乳期ママ。

自分の事に構っている暇なんてない!!ってくらいの慌ただしい毎日。

 

そんな中で便秘が日常化してしまう日々…。

 

でも「たかが便秘」とあなどっていると便秘はさらに悪化してしまう危険性大です!

 

私の経験談ですが…

(汚い話になりますが)出口でカチコチに詰まってどうにもならない状況に陥りますよ。

 

そこまでいくと便秘薬だって浣腸だって効きません。

 

手でほじくり出さなくてはならないんです(涙)

 

それでも出ないあの苦しみ。

 

切れ痔、脱腸にもなりました。

 

本当にツライです。

 

赤ちゃんを抱えて、そこまで行ってしまうと通院治療になってしまいますよ。

 

ぜひ「便秘気味」くらいのうちに手を打ってください!

 

今ならまだ間に合います。

 

育児中でも少し気をつけるだけで劇的に変わりますのでぜひ試してみてください。

 

 

便秘になりやすい授乳期ママでも簡単&安心の便秘解消法でスッキリ快便生活!

 

 

1.一日3リットル以上の水分補給と、水分の多い食事メニュー

 

授乳期ママの便秘の原因のほとんどが「水分不足」です。

 

母乳によって奪われる水分は一日約700ml。

成人女性の一日に必要な水分は 体重×30ml。

 

合計すると50キロ女性なら50×30+700=2.2リットルになります。

妊娠で体重増加して60キロなら2.5リットルということになりますね。

 

しかし便秘が気になる場合はもっと水分を取っておくべきです。

 

さらに汗をかいたりすることを加味して一日3リットル程度水分を摂取しておくことをおすすめします。

 

・起床後

・授乳前後

・食事中

・入浴前後

・就寝前

・夜中の授乳後

 

など複数回に分けて水分補給をしましょう。

 

緑茶やコーヒーなどのカフェインを含む飲料は利尿作用があります。

なるべく控えましょう。

 

おススメの飲み物は白湯やタンポポ茶、ルイボスティーなどです。

 

授乳中は忙しくて水分補給をする暇もあまりないかもしれません。

 

ペットボトルや水筒、コップに飲み物を入れておき常に手に届く位置に置いておくと手軽に水分補給できます。

 

またご飯を多めの水で炊いたり、味噌汁などをを飲むこともお勧めです。

 

パンなど水分を吸収してしまう食品は便秘につながりやすいので、食べる場合はいつもより多めの水分補給を心がけましょう。

 

 

2.パパの休日は1時間赤ちゃんを見ていてもらう

 

育児の緊張と疲れ、寝不足も便秘の原因となります。

 

パパが休みの日は30分でも1時間でもいいので赤ちゃんを見ていてもらってください。

 

その間にゆっくり体を休めましょう。

 

自治体などの育児サポート制度を利用してみるのもいいですね。

 

まずは自分の体を休める時間を確保してみてください。

 

 

3.食物繊維+乳酸菌+オリーブオイルを毎日食べる

 

食物繊維は便のカサ増しと腸壁にこびりついた老廃物を吸着してくれる働きがあります。

 

まさに「腸のお掃除屋!」

 

食物繊維には

 

・水溶性食物繊維(海藻類、果物、納豆、寒天など)

腸内の善玉菌が増える

 

・不溶性食物繊維(野菜、豆類、イモ類、キノコ類など)

水分を吸収して、腸のぜん動運動を活発にする

 

があり両者を水溶性:不溶性=2:1くらいの割合で摂るようにしましょう。

 

また便秘が続くと腸内の悪玉菌が増え腸内環境の悪化が進みます。

 

乳酸菌は悪玉菌の増殖を抑えてくれる働きがあります。

 

特に夕食後のヨーグルトがおススメ。

 

TerriC / Pixabay

 

「腸のゴールデンタイム」と言われる深夜眠っている間に乳酸菌が腸内で活発に働いてくれます。

 

さらに油分も大切です。

油分は便の滑りをよくしてくれます。

 

ただしラードやバターなどの動物性脂質はNG。

腸のためにも母乳のためにもよくありません。

 

おススメの油はオリーブオイルです。

 

オリーブオイルは

 

・便を柔らかくする

・便の潤滑剤

・腸の動きが活発になる

 

などの働きがあります。

 

「天然の下剤」とも言われるほどです。

 

料理で使うだけではなく、お味噌汁やスープに垂らしてもおいしいですよ。

 

そうは言っても忙しいママが毎日自分の食事に気を遣うのはなかなか難しいですよね。

 

そんな場合は、お手軽なサプリメントもお勧めです。

 

授乳中に必要な栄養素や便秘改善に特化したサプリメントがあります。

 

無添加で自然素材のモノなら授乳中でも安心です。

 

 

授乳中に要注意な便秘はコレで治す!3つの方法で快適トイレを目指す!

 

 

授乳中に便秘に悩むママはとても多いです。

 

手に負えなくなるくらいひどくなる前に改善しておくことがとっても大事です。

 

簡単な方法は

 

・一日3リットル以上の水分補給

・パパの休みの日は赤ちゃんを見てもらって休息をとる

・食物繊維、乳酸菌、オリーブオイルを毎日食べる。無理ならサプリで補う

 

この3つです。

 

簡単なことのようですが、効果は必ずあります。

 

私もあれほどまでに苦しんだ便秘がウソのように快便になりました!

 

そうは言ってもたまに忙しい日が続いたり、トイレに行きたいタイミングで行けないことが多いと便秘が復活することもあります。

 

それでも便秘のこの解消法を覚えて実践すればまた元に戻ります。

 

ぜひ簡単なので試してみてください!

 

便秘体質を根本から改善して、育児を楽しんでくださいね!!

 

ピックアップ記事

関連記事一覧