• HOME
  • お出かけ
  • 【チャイルドシートを嫌がり大泣き】赤ちゃんが劇的に泣かなくなる超簡単な5つの方法でドライブが楽しくなる!

【チャイルドシートを嫌がり大泣き】赤ちゃんが劇的に泣かなくなる超簡単な5つの方法でドライブが楽しくなる!

お出かけ

 

 

赤ちゃんや子どもを車に乗せる時はチャイルドシートに乗せることが必須です。

 

いくら安全運転を心がけていても

「もらい事故」

の可能性もあり、必ずチャイルドシートに乗せなくてはいけないと法律で定められています。

 

実際私の先輩も信号待ちをしていたら、後ろの車に追突されてしまいました。

本人には何も過失はないのに…

 

しかし2歳のお姉ちゃんも赤ちゃんもしっかりチャイルドシートに乗せていたので無傷でした!!

(運転していたパパだけむち打ちになってしまったようですが…)

 

「何が何でもチャイルドシートには乗せないと!」

と再認識しましたよ!

 

でもこのチャイルドシートを嫌がる赤ちゃんはとても多いんです!

 

乗せるとすぐに大泣きをしてしまう赤ちゃんもいてママにとっては大きな悩みの種です。

 

・チャイルドシートに乗せると大泣きで大変

・チャイルドシートを嫌がらずに乗ってくれるようなってほしい

・今度長時間ドライブの予定があり不安でたまらない

 

私も本当にコレには悩まされましたよ!

実家への帰省なんて超悲惨!!

 

サービスエリアまでハラハラしながら運転した経験も多々!

 

大人が複数人いればまだマシですが、ママ一人の時はもうめちゃくちゃ大変ですよね(涙)

 

「なんとかチャイルドシートを嫌がらずに泣かずに車に乗れないの?」

そんなママの声にお応えするべく!

 

チャイルドシートで赤ちゃんがご機嫌に座っていられる秘訣を紹介します!

 

簡単ですが、効果は立証済みなのでぜひ試してみてくださいね!

 

チャイルドシート嫌いの赤ちゃんが泣かなくなる!ご機嫌ドライブの5つの秘訣

 

1.ママの顔が見えるミラーをつける

 

赤ちゃんがチャイルドシートで泣く要因の一つとしてママが見えなくて不安ということがあります。

 

生後6ヵ月までは後ろ向きまたは横向きのチャイルドシート。

そのためママの顔が全く見えません。

 

ママの顔が見えて、ママからも赤ちゃんの様子見える車用ミラーが売られています。

ぜひつけてみましょう。

 

しかしママの顔を見て

「だっこしてー」

ともっと泣く赤ちゃんもいますので、つけて様子を見てください。

 

2.上から吊るすおもちゃ&チャイルドシート用おもちゃをつける

 

赤ちゃんは自由も効かず、視界も狭いチャイルドシートで退屈しています。

 

RitaE / Pixabay

 

チャイルドシートにつけるおもちゃや上からつるすタイプの車用おもちゃも沢山あります。

 

赤ちゃんが飽きないようにおもちゃをつけてあげることもお勧めです。

 

3.DVDやおやつなどで気を紛らわす

 

赤ちゃんが安心するDVDやCDをつけてあげましょう。

気分が紛れます。

 

またおやつが食べられる月齢に達している場合はおやつを与えることも一つの手です。

 

しかし運転中はママがすぐに手助けできません。

のどにつまらせてしまう危険性のあるようなモノはやめましょう。

 

4.暑さ・寒さ対策

 

夏のチャイルドシートはとても暑いです。

赤ちゃんを下すと汗びっしょりということもありますよね。

 

チャイルドシート用の汗取りマットや冷感シートなども売られているので検討してみてください。

 

さらに窓からの日光もきついです。

カーテンをつけてあげるなどして直射日光を避けましょう。

 

夏の暑い時期はチャイルドシートにまずママが触ってみて暑すぎないかの確認をしてあげてください。

 

想像以上に暑いので注意が必要です。

また寒い時期も注意が必要です。

 

赤ちゃんの手足の肌が露出していると冷たくなってしまうことが多いです。

レッグウォーマーをつけたり毛布などを掛けてあげるなど工夫が必要です。

 

毛布などは蹴とばしてしまうことが多いので、専用のクリップが売られています。

試してみるのもいいでしょう。

 

さらに車の中は独特のにおいが苦手な赤ちゃんもいます。

芳香剤などはやめて、換気をしてあげてください。

 

赤ちゃんが好きなにおいがするタオルなどをかけてあげることもお勧めです。

 

5.こまめに休憩して外の空気を吸う

 

泣いてしまった場合は近くの駐車場などに車を止めて休憩してください。

 

大泣きしている赤ちゃんが気になっての運転は危険です。

 

赤ちゃんも一度抱っこして外の空気をすって気分転換すると泣き止むことが多いです。

 

さらに赤ちゃんとの長時間ドライブは特にこまめな休憩が大事です。

赤ちゃんが起きている場合は1時間に1回はSAに立ち寄り、気分転換させてあげてください。

 

チャイルドシートで大泣きの赤ちゃんの気分を紛らわす5つの工夫

 

赤ちゃんとのお出かけは大変です。

 

チャイルドシートが大好きという赤ちゃんは珍しいです。

身動きがとれず縛り付けられたかのような状態で不安になるのは当然ですよね。

 

そんな赤ちゃんの気分を紛らわし、車の中でも楽しくすごせるポイントは

 

・ママの顔が見えるミラーをつける

・おもちゃをつける

・DVDやおやつ作戦

・暑さ寒さ対策

・こまめな休憩

 

の5つです。

これをすれば何とか乗り切ることが出来ます。

 

車での大泣きは本当に大変です。

ママも泣きたくなってしまいますよね。

ウチもそうだったので、よくわかります。

 

ですが数年すれば車で大泣きする子どもはほとんどいません。

本当に今だけです。

 

今は赤ちゃんが車の中でも機嫌よく過ごせる工夫をできるだけしてみてあげてください。

徐々に車やチャイルドシートに慣れます。

 

ドライブ後には楽しいことが待っていることを覚えていきます。

 

赤ちゃんとのドライブを楽しめるようになるまでママやパパも一緒に頑張ってください!!

 

きっといい思い出になりますよ♪

 

この記事もおススメ♪

【赤ちゃんと車での初めての遠出・帰省・里帰り】長時間ドライブのグズグズは○○で乗り切る!超単純な3つのポイントで渋滞も怖くない!

http://mother-of-love.net/child-seat-2/

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧