• HOME
  • 出産
  • 【帝王切開翌日の激痛がつらい】モーレツな痛みがウソのように消える3つの方法

【帝王切開翌日の激痛がつらい】モーレツな痛みがウソのように消える3つの方法

出産

 

「帝王切開って陣痛もないし、痛みに弱い私にはもってこい!」

 

なんて考えていたとしたら、超・超・超大間違い!!!

 

手術後、麻酔がきれた後の激痛は悶絶するほどですよね。

 

今まさに、その痛みと戦っている真っ最中ではありませんか??

 

・想像以上の痛みに眠ることすらできない

・この状態で授乳しろなんて鬼か!と思う

・この激痛がいつまで続くのかと不安

 

私も二人目三人目で帝王切開でしたが、術後の痛みはもう想像をはるかに超えていました。

 

地味ーに痛い尿管カテーテルも不快だし。

後腹+傷の痛みに

「もうムリ」

って思いましたよ。

 

「寝返りしてくださいね~」

なんて言われても

「できるか!!」

って逆切れしそうでしたもん。

 

そんな今まさに帝王切開後の激痛と戦うママのために、この痛みの鎮め方と乗り越え方のポイントを紹介します。

 

簡単なのでぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

「こんなに痛いなんて聞いてない!!」痛すぎて動けない術後ママの過ごし方ポイント3つ

 

 

1.座薬を切らさない

 

帝王切開の傷の痛みに一番効果があるのは痛み止めの座薬です。

 

飲み薬より確実に効きます。

 

私の体験からも、周りのママも飲み薬じゃ効かないって言ってました。

 

そして

「ちょっと痛いな」

っていう時が座薬のタイムリミットです。

 

それ以降の激烈な痛みになってから座薬を入れても効果が半減されてしまいます。

 

ポイントは

・痛くなりそう

・ちょっと痛い

・前回の座薬から6時間(効果持続が6時間程度の座薬なら)くらい時間が経過した

 

このいずれかのタイミングで痛み止めの座薬を入れてもらってください。

 

「痛み止めを使うと産後の回復が遅れる」とか

「陣痛はもっと痛いんだから我慢しろ」とか言ってくる人の言葉は無視でオッケー。

 

その人の見てないところで座薬使ってください(笑)

 

一番確実性があるのはこの方法です。

 

 

2.スマホ、漫画、読書、妄想で気分を紛らわす

 

動けないほど痛い時に何もしないで痛みと戦っているとさらに痛みを感じやすくなります。

 

気を紛らわす工夫をしましょう。

 

スマホでネットサーフィンでもよし。

大好きな漫画でも小説でもよし。

 

とにかく他の事に気を向かせて痛みを少しでも忘れましょう。

(完璧には忘れられないけど)

 

私は消灯後の深夜に痛くてたまらなくってしょうがないから妄想していました。

 

「竹野内豊が私の旦那」という設定の妄想です。

竹野内が優しく「出産お疲れ様。ありがとう」って言ってくれる(笑)

でもお見舞い来たらこの病院パニックだから、、、とかいろいろ考えてました。

 

薄明かりの中ニヤニヤしていたら看護師さんがちょうど来て、すこーし恥ずかしかったですが…。

 

他の事を考えて集中すると、痛みが少しだけ和らぎます。

 

 

3.面会は手術3日後くらいからにしてもらって安静にする

 

出産をすると色々な人がお祝いに来てくれますよね。

 

それはそれで嬉しいことですね。

でも帝王切開の場合『出産日、翌日、翌々日』の3日間くらいが痛みのピークです。

 

面会に来てもらった方が気が紛れていい場合は来てもらって構いません。

 

Stefan_Schranz / Pixabay

 

しかし来てもらってもつらすぎる状態の場合は出産後3日くらい経過して体が少し楽になって来てからにしましょう。

 

帝王切開の傷の痛みは通常は日を追うごとに弱くなっていきます。

 

痛みのピークは先ほども言ったように術後麻酔がきれた後から2~3日くらいが一般的です。

 

この期間に無理をすると痛みが強くなる可能性もあります。

 

また個室に面会者が入ってきて会える場合はいいですが、面会ルームまで行かなくてはならないシステムの病院の場合はさらに大変です。

 

言いにくいかもしれませんが、

「ちょっとまだ大変だから退院してから遊びに来て」

と言ってもいいですね。

 

無理をせず、自分がリラックスできる状況で過ごすことが大事です。

 

 

今がピーク!これから痛みは弱くなるので無理せず過ごすことが大事

 

帝王切開の傷の激痛は本当につらいですよね。

 

たまに硬膜外麻酔がうまくあってあまり痛くなかったという人もいますが、多くの人は激痛と戦うことになります。

 

ただ手術のために切ったという痛みだけではありません。

大きく膨らんだ子宮を切って、その傷ごと子宮が縮んでいくんです。

 

痛くて当然なんです。

 

そんな今痛くて痛くてたまらないママに紹介したい入院中の過ごし方ポイントは

 

・猛烈に痛くなる前に痛み止めの座薬を入れる

・スマホ、漫画、読書、妄想etcなど好きなことをして気を紛らわす

・痛みのピーク術後3日は面会も最小限で安静に過ごす

 

この3つです。

 

今無理をする必要はありません。

 

「この痛みと戦ってこその出産だ」

と意地を張る必要も全然ありません。

 

もしそうしたいならそれは個人の自由ですが…。

 

だってこれから否応なしに育児が始まるんです。

 

毎日毎日授乳にオムツ替え、抱っこに寝不足。

 

ベッドで横になっていられるのって今だけですよ!!

 

今は体力を回復する大事な期間!

 

無理をするべきタイミングじゃありません。

 

痛みは痛み止めで抑え、できるだけ安静にゆっくり過ごしましょう。

 

ママのつらい痛みが少しでも和らぎますように、祈っています!!

 

ピックアップ記事

関連記事一覧