• HOME
  • 出産
  • 【逆子が治らず帝王切開】偏見に悩むママが前向きになれるシンプルな3つの魔法

【逆子が治らず帝王切開】偏見に悩むママが前向きになれるシンプルな3つの魔法

出産

 

 

逆子が治らず帝王切開になったというママ。

 

しかし逆子=頑張れば治るもの

逆子はママの体質や妊婦期間の過ごし方のせいでなる

 

などという偏見も少なからずあります。

 

逆子で帝王切開になったというとネガティブな言葉をかけられ悩むママも多いです。

 

逆子で帝王切開が決まって悩んでいませんか?

 

・逆子体操をしても治らなくて帝王切開になってしまいショック

・周りの言葉や偏見にすごく傷ついている

・逆子が治らなかったのは自分のせいではないかと自分を責め続けている

 

その気持ち、ものすごくよくわかります(涙)

 

私も二人目で逆子が治らず帝王切開が決まりました。

 

もしかして妊娠中に飛行機乗ったせいかな

食生活が悪かったのかな

 

とかずっと自分を責めていました。

 

でも逆子体操をしても、体を温めても、針治療やお灸治療をしても、治らない時は治らない!

 

逆子も帝王切開もママの努力などには全然関係ないことなんです。

 

帝王切開も大変な命がけの出産です!

 

ぜひ自信を取り戻すために、この3つの方法を試してみてください。

 

逆子で帝王切開になったママが自信を取り戻す3つの方法

 

1.「帝王切開=陣痛のない楽な出産ではない」という事実を知って!

 

帝王切開が「陣痛を経験しなくていい楽な出産」というのは全くの間違いです。

 

実際に帝王切開と自然分娩の両方経験したママの多くが

「やっぱり自然分娩の方が色々考えると楽だった」

 

と話している事実を知っていますか??

 

帝王切開を

「楽でいい」

 

なんて言う人は帝王切開を経験したことがなく、知識がない人です。

 

楽な出産何てありません!

 

自然分娩でも陣痛1時間で産まれるスーパー安産の人から、陣痛が2日続いたなど、人それぞれです。

 

同じように帝王切開も術後の経過が良好な人もいれば、麻酔の副作用などがきつく起き上がることもできないほどの人もいます。

 

出産は人それぞれ違うのです。

 

まずは

「帝王切開が実は自然分娩よりもつらかった」

と語るママが多いほど、大変な出産である事実を覚えておいてください。

 

初産が帝王切開であった場合

「自然分娩の人はもっとつらいんだ」

と考えがちです。

 

でもそんなことないんです!

 

私も自然分娩と帝王切開両方を経験しました。

どっちが大変!?

って聞かれればぶっちぎりで帝王切開が大変でしたよ。

(もちろん中には逆の人もいますけどね)

 

そんな大変な帝王切開を決断したまま、乗り越えたママは本当に立派です!

自信を持ってくださいね。

 

2.逆子は「赤ちゃんがその位置が気に入ってしまっただけ」と考える

 

逆子はママの努力不足では決してありません。

妊娠中期までは半数近くの妊婦さんが逆子です。

しかし出産時まで逆子のままなのは全体の5%以下と言われています。

 

逆子には色々な原因が考えられますが、ほとんどの場合は原因不明なんです。

赤ちゃんがたまたまその姿勢が気に入ってしまったという説が有力です。

 

 

逆子体操などを勧められますが、体操をやったからと言って治るというものではありません。

 

実はやらないよりはマシというレベルのものなんです。

 

逆子で帝王切開をしたママは色々手を尽くしたけれど治らなかったというママがほとんどです。

ママの努力でどうにかなる事ではないのです。

 

大人になったって寝方はそれぞれ違いますよね。

仰向けがいい人もいれば横向きが落ち着く人もいます。

 

赤ちゃんも一緒です。

たまたまその位置が心地よかったんです。

 

それも赤ちゃんの個性です。

 

ママの逆子体操にも負けず自分の意思を貫き通したんですよ!

すごいですよね。

 

意志の強い頑張り屋の赤ちゃんが産まれるかもしれませんよ!!

期待に胸を膨らませてくださいね!

 

3.安全でベストな方法を選ぶのは立派なことだと考える

 

逆子の場合母子ともに安全を第一に考えるなら現代の医学では帝王切開が一番安全です。

 

逆子だと出産時に一番大きな頭が最後に出ることになってしまいます。

骨盤に頭がひっかっかってしまう可能性があります。

 

そうなると呼吸が出来ず後遺症や障害、死に至る危険性もあります。

 

これらのリスクを考え、逆子である場合帝王切開を選択する病院が多いのです。

 

より安全な方法を選ぶこの選択に誇りを持ってください。

 

ママの決断が赤ちゃんの命と健康を守ったんです。

 

「赤ちゃんの安全を第一に考えた」と前向きに考えてくださいね。

 

逆子で帝王切開を決断したママが前向きになるために必要なことはたった3つの考え方

 

色々手を尽くしても逆子が最後まで治らないママも大勢います。

ぜひママの気持ちが少しでも前向きになれるようにこの3つを心にとめておいてください。

 

・帝王切開=陣痛のない楽な出産では決してない

・逆子は赤ちゃんの個性でありママのせいではない

・帝王切開を選ぶのは赤ちゃんの命を守る誇るべき決断

 

この3つです。

これが偏見のない真実なんです。

 

逆子が治らない、帝王切開になったママは自分を責めがちです。

私もそうでした。

 

でも真実は違うんですよ。

 

帝王切開で自分の体に傷を作ってまで赤ちゃんを産むママの頑張りはすごく立派なことです。

 

どうか自分を責めたり傷ついたりしないでください。

 

ママは十分頑張っています。

本当に偉いです!

 

そしてそんなママの愛情は必ず赤ちゃんに伝わっています。

 

大丈夫!!

赤ちゃんの命を最優先に考えた、あなたは立派なママですよ。

 

帝王切開の関連記事はこちらから↓

【帝王切開で悲しい】偏見に悩むママの自信が劇的に蘇る!簡単な3つの方法

【帝王切開が不安】痛みやつらさを劇的に軽減するための5つの心得

 

逆子の関連記事はこちらから↓

【逆子が治らない】逆子を治す超簡単で効果絶大な5つの方法

 

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧