• HOME
  • 子どもの発達
  • 【なかなか伝い歩きが出来ない】伝い歩きマスターへの近道は3つの超簡単なママの手助け

【なかなか伝い歩きが出来ない】伝い歩きマスターへの近道は3つの超簡単なママの手助け

子どもの発達

 

 

ハイハイやつかまり立ちが出来るようになると赤ちゃんの行動範囲も広がり、ママも目が離せなくて大変な時ですね。

 

しかし次のステップである伝い歩きがなかなか出来ないという赤ちゃんは意外と多いものです。

 

特にハイハイが得意な赤ちゃんは立ってみたもののまた座り込んでハイハイで移動という赤ちゃんも多いですよね。

 

赤ちゃんがなかなか伝い歩きをマスターできないと悩んでいませんか??

 

・月齢的にはもう伝い歩きしてもいい頃なのになかなかしなくて心配

・足腰が弱いのではないかと不安

・周りの子はみんなすでに歩いていて成長の遅さが気になる

 

我が家の息子もせっかくつかまり立ちしても、移動は常にハイハイ。

 

「そのまま伝って歩いてみなよ!!」

って思っていましたが、本人にその気はゼロ!!

 

1歳過ぎまで伝い歩きなんて、全然できませんでした。

 

赤ちゃんの成長には個人差があるとはわかっていても、気になるものですよね。

 

今回はそんななかなか伝い歩きをしない赤ちゃんが「伝い歩きしたい」と思えるコツを紹介します!!

超簡単なのでぜひ試してみてください♪

 

 

なかなか伝い歩きをしない赤ちゃんが「ハイハイ以外で移動してみよう」と思えるたった3つの超簡単な方法

 

 

1.伝い歩きしやすい環境を整える

 

赤ちゃんが伝い歩きをしやすい高さで伝って歩けるくらいの大きなものをおいてあげましょう。

 

例えば赤ちゃんの腕の高さくらいの段ボール箱を並べてみるなどすると一時的な練習用には便利です。

 

しかし段ボールは軽くて倒れてしまう危険性があるので中に重りになるものを入れてくださいね。

 

ちなみにうちはなぜかテレビ台がやりやすいみたいでした。

テレビに近づきたかったのかな!??

 

maribu / Pixabay

 

またその際足元に邪魔になるようなものがないようにしてあげてください。

 

転んでも痛くないようにフロアマットなどを敷いてあげるのもいいですね。

 

赤ちゃんが伝い歩きをしやすいような環境を作ってあげることも、伝い歩きの手助けになります!!

 

 

2.手をつないで一緒に歩く

 

つかまり立ちが十分安定しているようなら足腰の発達は十分です。

 

ママ両手をつないで歩いてみたりママの膝の上に手をつないだまま立たせてみるなどの運動をしてみましょう。

 

赤ちゃんが

「ハイハイじゃなくって立って動くのも楽しい!!」

と遊びの中で思わせてあげるのです。

 

しかし無理は禁物。

短時間の遊び程度で終わりにして、赤ちゃんが嫌がるようならやめましょう。

 

 

3.赤ちゃんがつかまり立ちをしたら40㎝程度離れた場所から赤ちゃんを呼んでみる

 

「1回すわってハイハイするには近すぎるけど、手を伸ばしただけでは届かない距離」

から呼んでみましょう。

 

赤ちゃんがつかまり立ちをしている位置から物を伝って来られる位置で、なおかつ40㎝程度離れた場所がお勧め。

 

そうするとちょっと伝って歩いてみようかなという気持ちになるかもしれません。

 

実は伝い歩きを始める時期はというのは、早い子とゆっくりな子で半年以上の違いがあります。

 

伝い歩きをしない理由も

・ハイハイがとっても楽しくて大好き。

・ハイハイの方が早いと自然と合理的に考えている。

・伝い歩きしてみようという気分になっていない。

・伝い歩きがちょっと不安で怖い。

などなど人それぞれ。

 

その子なりの理由があります。

 

基本的にはママは赤ちゃんの成長のペースに合わせ気長に待ってあげる姿勢で大丈夫!

 

気長に待ちつつも、ちょっとした手助けをプラスしてあげると赤ちゃんもコツをつかみやすいです。

 

ぜひやってみてくださいね!!

 

 

伝い歩きが出来るようになるコツは「ハイハイ以外の移動の魅力」を感じさせること

 

 

伝い歩きができなくて不安に思い悩むママは実はとっても多いです!

 

私もその一人でした。

 

検診ではいつも引っ掛かる我が子。

そんな超スローペースの成長を見せてきた我が子も今では元気に走ってます!!

 

大丈夫!いつかできるようになります!

安心してくださいね!

 

伝い歩きが出来るようになるコツは

 

・伝い歩きしやすい高さのものを用意しておく

・手をつないで一緒に歩く練習をして歩く楽しさを共有する

・赤ちゃんがつかまり立ちをしたところを見計らって、40㎝程度の距離から「おいで」と呼ぶ

 

の3つです。

 

のんびりペースな赤ちゃんにはママがちょっと一押ししてあげると本人のやる気スイッチが入りやすいです。

 

そしてそんなのんびりな子どもと付き合うにはママは忍耐が必要です。

 

待って待って待ちわびて出来るようになると、感動もひとしおですよ!

 

ぜひ出来た際にはいっぱい褒めてあげてくださいね。

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧