• HOME
  • 子どもの発達
  • 【ハイハイが出来ない】しない理由別!出来るようになる超簡単な3つの対策&練習法

【ハイハイが出来ない】しない理由別!出来るようになる超簡単な3つの対策&練習法

子どもの発達

 

 

赤ちゃんの成長は個人差があるとわかっていても、なかなかハイハイをしないとママは悩んでしまいがちですよね。

 

周りの子がどんどん出来るようになると焦る気持ちよくわかります。

 

赤ちゃんがなかなかハイハイできるようにならなくて悩んでいませんか??

 

・ハイハイが一向にできるようにならない

・検診でも指摘され不安でいっぱい

・何か異常があるのではないかと心配になってしまう

 

かく言う我が家の息子も毎回検診で引っ掛かる超スローペース成長でした!

 

自分の子よりよっぽど小さい子にもどんどん先を越されて行くと心配になってしまいますよね。

 

でも赤ちゃんがなかなかハイハイをしないのには理由があります!

 

今回はそんななかなかハイハイをしない赤ちゃんの心に迫ってみます!!

 

ハイハイをしない理由がわかるとママも安心できますよ!

 

そうすると赤ちゃんに合った対策もたてやすくなります!

 

ぜひご一読ください♪

 

 

赤ちゃんがハイハイしない理由と「ハイハイしてみたい!」と意欲的にハイハイに挑戦するたった3つのコツ

 

 

1.支援センターなどに連れていき視覚的刺激を与える!!

 

赤ちゃんの首座りや寝返り、ずりバイなどはいつできるようになりましたか?

 

ちょっとゆっくり目だったらハイハイもゆっくりペースで出来るようになる可能性があります。

 

赤ちゃんの成長には個人差があります。

 

骨格や体格などの肉体的要素と、赤ちゃんの性格的要素などが相まって発達していきます。

 

そんなのんびりペースの赤ちゃんに対しては

 

・ゆっくり焦らず待ってあげる姿勢

・子どもや赤ちゃんがいる場所に連れていき視覚的な刺激も与える

 

の2つが大事です。

 

ゆっくりマイペースな成長を見せる赤ちゃんは今後の成長もずっとゆっくりの可能性もあります。

 

そんな赤ちゃんに対して焦りは禁物!

 

ママが赤ちゃんのゆっくりペースに気持ちを合わせて、気長に待ってあげる姿勢が必要です。

 

そして気長に待ちつつ、赤ちゃんに視覚的な刺激を与えることも重要。

 

児童館や支援センターなどで子どもや同月齢の赤ちゃんが動き回るところを見せてあげてください。

 

そうすると

「僕もああやって動きたいな」

という意欲掻き立てることが出来ます。

 

szymonpacek / Pixabay

 

「ハイハイをしてみたい!」という気持ちにさせてあげる工夫も大事です。

 

 

2.たくさんずりバイをさせる

 

身体が大きかったりぽっちゃりしていたりすると、体が重くて体を動かすにはそれだけ多くの筋力が必要になってきます。

 

赤ちゃんの筋力が大きな体を支えられるくらいに発達するまで少し時間がかかる場合があります。

 

そんな大きめ赤ちゃんは、筋力アップのためにいっぱいずりバイさせてあげてください。

 

ずりバイしやすいように部屋の床には極力モノを置かないようにしましょう。

 

家具なども隅に寄せることが出来れば寄せて、動けるスペースを確保してあげましょう。

 

ずりバイで筋力をつけてあげることがハイハイ習得への近道です。

 

 

3.ママのぼりで体を持ち上げるコツをつかませる

 

赤ちゃん自身の性格がおっとり優しく、マイペースであるとそれほど急いで動き回ろうという気分にならないこともあります。

 

おっとりマイペースな性格は変わりませんから、その後もゆっくりペースで成長していく可能性があります。

 

ママもその性格を受け入れてあげてください。

 

マイペースでおっとりな赤ちゃんは性格的にも優しい子が多いです。

 

その子なりの個性を大事にあたたかく見守ってあげましょう。

 

そしてそんな優しい赤ちゃんはママがハイハイへと誘導してあげましょう。

 

まずは赤ちゃんがずりバイしてくる先でママが赤ちゃんを呼びます。

 

近づいてきたら抱き上げてしまうのは一度やめてみてください。

 

赤ちゃん自らママの膝に登らせるのです。

 

それには腕の力、足で床を蹴る力、体を持ち上げる感覚が必要です。

 

これらはハイハイの動きで必要な力です。

 

ママのぼりでハイハイの動きに必要なコツを掴ませてあげましょう。

 

 

ハイハイ出来ない理由もそれぞれ違う!赤ちゃんに合った方法で赤ちゃんのハイハイを後押ししてあげよう

 

 

ハイハイの出来る時期は早い子だと5ヵ月、ゆっくり目だと1歳過ぎと大きな違いがあります。

 

半年以上の違いがあり、かなり個性が現れます。

 

一人一人違って当然だし、個性も大事にしてあげたいものですが遅いと心配になってしまいますよね。

 

うちもそうだったので、心配するママの気持ち本当によくわかります。

 

大きな体と頭、そしておっとりマイペースな性格とハイハイが出来ない要因が盛りだくさんの我が子!

 

ハイハイができるようになったのは1歳くらいでした。

 

でもそんな我が子も今では元気に走り回っています!!

 

安心してください。

 

その子なりのペースで成長していきます。

 

ママはおおらかな気持ちで「いつかできる」と待ってあげてくださいね。

 

そして赤ちゃんの成長にほんのひとさじの工夫を加えてあげると、赤ちゃんもコツを掴みやすいです!

 

方法は

 

・支援センターなどに連れていき同じような赤ちゃんが動き回る姿を見せる

・たくさんずりバイをさせて筋力を鍛える

・ママのぼりでハイハイの動きのコツを掴ませる

 

の3つです。

 

これら工夫を取り入れながら、焦らず気長に待つ姿勢で見守ってあげてくださいね!

 

ママの笑顔が赤ちゃんの成長のエネルギーになっていきます。

 

いっぱいの笑顔で見守ってあげてください。

 

 

ピックアップ記事

関連記事一覧