• HOME
  • 母乳
  • 【夕方に母乳が足りない!赤ちゃんもグズる】今すぐ負のスパイラルから抜け出す超簡単な5つの工夫

【夕方に母乳が足りない!赤ちゃんもグズる】今すぐ負のスパイラルから抜け出す超簡単な5つの工夫

母乳

 

夕方になると母乳の出が悪くなるというママの声が良く聞かれます。

 

夕方になるとグズる赤ちゃんもよくいます。

 

それが重なると赤ちゃんの機嫌はさらに悪化。

 

そんな夕方の超悪循環で悩んでいませんか?

 

・夕方になると母乳の出が悪く、赤ちゃんの機嫌が悪くて困る

・晩御飯の準備など忙しい時間なのにグズグズされて何もできない

・夕方だけミルクを足そうか迷っている

 

私も夕方

おっぱい完売状態

になりました!

 

それもそのはず!

 

一日中家事育児に追われていたママの体は夕方にはかなり疲労が蓄積されているんです。

 

おっぱいと疲労は密接に関係しています。

 

今回はそんな夕方の母乳不足に悩むママにその解決法を紹介します。

 

夕方になるとおっぱいの出が悪くなるママに!超簡単な5つの解決法

 

1.日中なるべく赤ちゃんと一緒にお昼寝しておく

 

朝からフルスロットルで家事に育児に全力投球してきたママにとって夕方には疲れのピークがやってきます。

 

疲労がたまると母乳の出も悪くなります。

 

夜ぐっすり寝れた日の朝や、パパがお休みで家事や育児の負担が少なかった日の夕方には母乳不足を感じない場合。

 

そんな場合は疲労による母乳量の低下と考えられます。

 

日中出来るだけ休息をとりましょう。

 

夕方まで母乳量を持続させるためには、休息が大事です。

 

「赤ちゃんと一緒にお昼寝をする」

ようにして、休める時は休むことを心がけてください。

 

また疲労がたまっているなと感じる時はパパに助けを求めてみてください。

「疲れて母乳が出にくいから今日は休ませてほしい」

と伝えることも大事です。

 

パパが休みの日には1時間だけでも赤ちゃんを預けてぐっすり眠ってください。

 

2.日中に少なくとも3リットル以上水分補給をする

 

母乳育児に水分補給はとても大事です。

 

特に夕方に母乳の出が悪くなると感じるママは意識的に日中に水分補給をしてください。

 

最低でも3ℓの水分を摂取するのが好ましいと言われています。

 

その際に冷たい水ではなく常温の水、母乳の出をよくすると言われているタンポポ茶やリラックス効果のあるハーブティーなどもお勧めです。

 

3.朝とお昼は必ずご飯を食べる&間食におにぎりも効果的

 

母乳育児中は栄養バランスのいい和食中心の食事がおすすめです。

 

中でもご飯は母乳分泌を促すので特に意識的に摂りたいです。

 

母乳不足を感じるのであれば間食としておにぎりを食べることもいいですね。

 

chosang / Pixabay

 

そして育児が忙しくて朝食や昼食がしっかりとれないというママがいますが、これは絶対NGです。

ママが倒れてしまいますよ!

 

特にパパのご飯を準備しなくていいお昼は抜いてしまうというママもいます。

 

しかしお昼食べたご飯のエネルギーが夕方に生きてきます。

 

おにぎりでも納豆&ご飯でもいいので必ず食べてください。

 

4.晩御飯は朝のうちに作ってしまう

 

夕方になると晩御飯の支度や洗濯物の片づけ、お風呂掃除や上の子がいる場合は帰宅が重なったり夕方はママにとって忙しい時間帯です。

 

家事はできるだけ分散することが望ましいです。

 

出来る家事は午前中に済ましてしまいましょう。

 

・晩御飯は午前中のうちに作っておく。

・洗濯物は乾いたらすぐにしまう。

など出来る事からやっておくと夕方に家事が集中しません。

 

赤ちゃんが夕方にグズグズするのはお腹が空いているからだけではありません。

 

忙しそうなママを見て不安になったり、構ってもらえず寂しい時間なのが習慣になったりして黄昏泣きといわれる夕方のぐずりを助長するとも言われています。

できるだけ夕方を忙しすぎない時間にする工夫が大事です。

 

5.ミルクを足すのは赤ちゃんの体重増加を確認してから

 

母乳は夜の就寝中に多く作られます。

夜中の11時から朝4時ごろまで母乳を作るホルモンの分泌量は昼間の1.5~2倍。

朝には満タンになっています。

 

しかし日中の授乳で徐々に減っていき、ついには夕方「母乳量が追い付かない」と感じるママが多いのです。

 

でも実は夕方母乳の出が悪いと感じているママでも十分母乳が足りていることがほとんどなんです!

そんなに心配する必要がないケースが多いです。

 

しかし心配な場合は体重増加をチェックしてみると安心!

 

目安は生後1~3ヵ月は一日30g以上の体重増加。

4~5ヵ月頃は一日20g

6ヵ月~1歳は一日10g

 

の体重増加が目安です。

 

これより少ない日があっても母子手帳にある体重成長曲線がきちんとカーブを描き、標準範囲内に入っていれば問題ありませんので安心してください。

 

また尿や便が出ているかも目安となります。

 

ウンチがでなかったり尿の回数が減った場合は母乳が不足している可能性もあります。

 

これらの項目をチェックして、母乳不足が疑われる際は

 

地域の乳幼児相談に行ってみてください。

 

行くのが難しければ電話相談でもOK!

 

現在の授乳量と体重増加を加味して、ミルクを何時に何ml足すべきか、細かく教えてもらえます。

 

夕方になると母乳が出なくて赤ちゃんもグズグズ!負のスパイラルから抜け出す5つの方法

 

夕方はママにとって魔の時間と言っても過言ではないハードな時間帯ですね。

 

家事育児が集中する時間。

 

母乳の出も悪く、赤ちゃんもグズグズ…

 

大変ですよね。

 

そんな負のスパイラルから抜け出せるポイントは

 

・日中は赤ちゃんとお昼寝して体を休めておく

・日中に3ℓ以上の水分補給

・朝と昼はしっかりご飯を食べる

・晩御飯は午前中に作るなど家事は分散してやっておく

・ミルクを足す目安は体重増加を見る

 

の5つです。

ぜひ実践してみてください!

 

頑張りすぎなくらい頑張っているママ。

本当にエライです!

お疲れ様です。

 

夕方母乳不足になるくらい、頑張っているんです!

本当にスゴイことですよ!!

 

自分をたくさん褒めてあげてくださいね!

 

ママの疲労や不安が少しでも減りますように、この記事が少しでお役に立てれば幸いです。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧