• HOME
  • 出産
  • 【立ち合い出産が不安】ウンチや尿おならが出るって本当?浣腸は?出産の不安なアレコレを解決する5つの方法

【立ち合い出産が不安】ウンチや尿おならが出るって本当?浣腸は?出産の不安なアレコレを解決する5つの方法

出産

 

出産を直前に控えると、色々な情報が入ってきて心配になりますよね。

 

出産時にウンチが出たとか、おならや尿が出たという話も聞いたことがありますよね。

 

立ち合い出産を希望している場合はなおさら心配でしょう。

 

出産時の便、尿、おならが出ないか不安に思っていませんか??

 

・立ち合い出産予定なのに夫の前でウンチが出たらと思うと恥ずかしい

・病院の方針は浣腸をしないみたいで不安

・もし出てしまったらその後の夫婦関係が心配

 

その気持ち、ものすごーーーくわかります!!

 

実は私も一人目の立ち合い出産のときに便が出ました。

 

しかも夫と母の前で…。

 

さらにその産婦人科は元仕事の取引先で知り合い。。。

(事務員さんとやり取りしていたので、医師との面識は全くなかったのですが)

めっちゃ嫌でしたよ~(涙)

 

先生も母も

「あっ!!」

って言ったので、しっかり見えてたようですごく嫌でした。

 

夫も見えていたと思うのですが、忘れっぽい人なので

「そうだっけ??」

と言っています。(優しさで嘘ついてる??)

 

でもやっぱり先生、看護師、助産師、母、夫に見られてすごく嫌だったのははっきり覚えています。

 

当時は知らなかったのですが、出産で便が出ることはよくあることです。

 

ぜひ事前準備で知識を持って出産に挑んでくださいね。

 

立ち合い出産の場合も、恥ずかしい思いをしないですむ方法があります。

 

簡単なので、ぜひ前もって準備しておきましょう。

 

 

出産時のウンチやおしっこ、おならが心配で仕方ないママも安心の恥ずかしい思いをしないですむ事前準備5選

 

 

1.病院に事前に確かめておく

 

「これやっておいたら少しは違ったのになあ~」

って思う事の一つです。

 

まず病院が出産前に浣腸をする病院かどうかを確かめておきましょう。

 

浣腸をする場合は、体内の便も減っているので出る確率は下げられます。

 

浣腸をしていても出る時は出るのですが、それでもしていない場合よりは少量で済む場合が多いです。

 

しかし現在は浣腸をしない病院が多いです。

 

なるべく自然な形で出産できるようにとの方針からです。

 

浣腸をするかどうかを聞いたら、今度は

 

「立ち合い出産なので尿や便が出てしまうところを見られたくない。

見えないようになるべく配慮してほしい」

 

と話してみましょう。

 

きっと旦那さんに頭側に行ってもらうように指導されるはずです。

 

頭の上の方や顔の上方にいれば、もし尿便が出たとしても見えません。

 

脚に布をかけて見えないようにしてくれる病院もあります。

 

また出産時に便が出ることは、産科では日常茶飯事です。

 

医師も看護師も助産師も慣れています。

 

通常の事なんです。

 

なので後始末もものすごく早い!!

ササっと片づけてくれるので、気がつかれずにすむ場合が多いです。

 

病院側も患者さんの気持ちはわかっています。

 

見えないようになるべく配慮してくれますので、安心してくださいね。

 

 

2.夫に伝えておく

 

出産はとても踏ん張るので尿、便、おならなどが出ることが多々あることを前もって伝えておきましょう。

 

伝えることすら恥ずかしいという場合は、そういうことが書いてある記事や本を読ませてもいいです。

 

陣痛時はものすごい力でいきむので、どうしても体内の物が出てきていまいます。

 

尿に関しては尿がたまって分娩の妨げとなる場合に導尿といってカテーテルを入れて尿を出す場合があります。

 

そういった出産時に行われる処置に関しても、夫に話しておきましょう。

 

通常の事と知っていると

「そうなんだー!」

ってな感じで納得してもらえることがほとんどです。

 

 

3.立ち合い出産希望するかしないか、誰が立ち会うかまでしっかり病院に伝える

 

立ち合い出産を希望するかしないか、また誰が立ち合うのかまでしっかり決めておきましょう。

 

そしてその件をはっきりと病院に伝えておきましょう。

 

アンケートのような形で聞かれる場合もあります。

 

TeroVesalainen / Pixabay

 

しかし念を押すくらいの気持ちで、しっかり伝えておいてください。

 

私は旦那のみ立ち合い希望とアンケートに書いておきました。

 

しかし陣痛中に母が隣にいたので、そのまま分娩の最後まで母と夫が流れで立ち合うことになってしまいました。

 

出産時はとにかく病院側もバタバタしています。

 

さらに最近は陣痛室と分娩室が一体となったLDRが多いので、出ていくタイミングがなく流れで最後まで立ち合ったという声も決まれます。

 

ぜひ家族と病院側両方で、しっかり立ち合い出産の希望の有無、誰が立ち合うかまで意思確認をしておいてください。

 

 

4.出産準備をしたり、産後の赤ちゃん用品のチェックをする

 

先ほどから書いているように実際にうんちやおしっこ、おならが出ちゃうことって多々あります。

 

出産において仕方のないことです。

 

あまり気にしない、考えすぎないことが大事です。

 

それよりも産後の楽しみを考えましょう♪

 

出産の準備や、退院後の赤ちゃんの肌着の洗濯などをしてみてください。

 

心が

「出産への不安」

でいっぱいの状態を脱却しましょう。

 

赤ちゃん用品の準備をしていると

「赤ちゃんとの生活が楽しみ!!」

な方向へと精神状態が変わっていきます。

 

実際に出産でウンチが出てしまったという夫婦の多数派は

「それより産まれた後の感動の方が勝ってしまうので、あまり気にならなかった」

なんですよ。

 

気にしすぎないことが大事です。

 

さらに何度も書いていますが病院側の対応が上手で立ち合い者に気づかれないというパターンも多いです。

 

実際に頭側にいればあまり見えません。

 

おならは聞こえちゃいますけど…。

 

出産をしている自分自身も陣痛の痛みで苦しんでいる状態です。

 

そのため

「そんな事気にしている場合じゃなかった」

という人も多いです。

 

あまり気にしないで

「出産はそういうものだから」

と考えておきましょうね。

 

 

5.それでもどうしても恥ずかしければ立ち合い出産はやめておく

 

出産時の思い出は一生記憶に残ります。

 

その時心に負った傷はなかなか癒えません。

 

もしどうしても嫌で恥ずかしいという気持ちが強ければ、立ち合い出産はやめておくのも一つの選択肢です。

 

「出産はそういうものだからいいじゃん」

と思えるのなら立ち合い出産で、喜びを分かち合ってください!

 

実際に便などが出るか出ないかはその時になってみないとわからないですからね。

心配していたけど全然出なかったっていう人だっていっぱいいます。

 

全て話して相談してみて、それでもやっぱり嫌だという結論に達したなら、その決断を尊重してもOKです。

 

病院のスタッフの方々に見られるのは、一時の恥ずかしさだけなので全然心配しなくて大丈夫です。

 

病院側は日常茶飯事の事です。

全く気にも留めないので安心してください。

 

立ち合い出産は確かに感動的という声も多いです。

 

しかしそれはそう感じた夫婦もいるし、そうではなかった夫婦だっています。

 

メリット、デメリットがあります。

 

立ち合い出産のメリットの記事はこちらから。

立ち合い出産のデメリットの記事はこちらから。

 

ママ自身の気持ちを優先して、決めてみてくださいね。

 

 

出産時にウンチやおしっこ、おならが出ちゃったらどうしよう!?と不安なママも安心な5つの方法

 

ママになったってやっぱり人間だし、一人の女性です。

 

家族とはいえ他人に排便などを見られるのは嫌ですよね。

 

その気持ち、ものすごくよくわかります!!

 

でも、事前に分かっていれば準備しておくことが出来ます。

 

ぜひ出産前に紹介した5つのことを実践してみてください

 

1.病院に事前に確かめ、見えないような配慮をお願いしておく

2.夫婦間でも出産に対する知識や情報を共有する

3.立ち合い出産するかしないか、誰が立ち合うかまでしっかり病院に意思を伝える

4.赤ちゃん用品の準備などをして前向きな気持ちで妊婦期を過ごせるようにする

5.それでもどうしても嫌な場合は立ち合い出産をやめておく

 

受診の際に優しくて話しやすい看護師さんに聞いてみてください。

 

大丈夫です。

 

病院はお産のプロ集団です。

 

幾度も幾度も修羅場をくぐりぬけてきた経験と実績があります。

 

ウンチや尿、オナラははっきりいって全病院側にとっては全然問題じゃありません。

 

むしろ

「どんどん出して。産道が広くなるから」

と心の中で思っているそうです。

 

それよりももっと大変なお産を何度も何度も経験している方々です。

安心して身を任せてみてください。

 

そして見えないような配慮をしてもらいましょうね。

 

大概の病院は言わなくてもやってくれますけどね。

 

念のため、気持ちを伝えておくと

「わかったよ!任せて」

と頼もしい言葉がもらえるかもしれません。

 

ぜひ安心して出産を迎えてくださいね!

 

そして今しかない妊婦の期間を楽しく心穏やかに過ごしてください。

 

心に残る素敵な出産になりますように!

 

ピックアップ記事

関連記事一覧