• HOME
  • お風呂
  • 【赤ちゃんと二人きりのお風呂で自分の事する暇ない】ママ一人で乗り切る5つの裏技!!

【赤ちゃんと二人きりのお風呂で自分の事する暇ない】ママ一人で乗り切る5つの裏技!!

お風呂

 

 

育児の中でお風呂の時間が一番悩みの種というママも多いです。

 

というのもパパやもう一人大人がいれば赤ちゃんを受け取ってもらったり自分の洗髪や体を洗ったりなどもできます。

 

しかし赤ちゃんとママの二人きりでは自分の事をする余裕は全然ありません!

 

赤ちゃんと二人きりでお風呂に入らなければならず悩んでいませんか??

 

・自分の頭や体を洗えない

・入浴後の赤ちゃんの受け取りをどうしよう

・冬は寒くて一人でお風呂に入れるのがつらい

・体が温まらなくて布団に入る前に体が冷え切ってしまう

 

パパの帰りが遅いと

「お風呂はパパの仕事っていう家はいいなあ」

と思ったりしますよね。

 

私もめちゃくちゃ思いました!!

お風呂って大人一人だとけっこう大変ですよね(涙)

 

なりふり構わず全裸で走るしかないし!

自分の事する暇なんてないし!

真冬なんて「修行か!!」ってなぐらいに極寒だし!!

 

ですが工夫次第で何とか乗り切ることはできます。

そしてママの負担も減らせます!

 

ぜひおうちのお風呂タイムに取り入れてみてください!!

 

 

「赤ちゃんとお風呂タイムはいつも二人きり」猫の手も借りたいほどのドタバタと決別するお風呂マル秘テクニック5選

 

 

1.赤ちゃんが寝ているスキに超高速で自分だけ洗っておく(洗面所も可!)

 

赤ちゃんがお昼寝している時、夜寝ている時。

「ぐっすり寝そうだな」

という時や、パパの帰宅後にママ一人で超高速で髪や体を洗います。

 

その際に赤ちゃんがうっかり起きて泣いてしまうこともあるのでたまにお風呂の戸を数分おきに開けて声を確認してみてください。

 

長い時間目を離すと危ないので急いで入ってしまうのがポイントです。

 

赤ちゃんの周りには窒息の元となるような柔らかい布団などは置かないように注意してください。

 

お風呂に入るより手っ取り早い方法として洗面所で洗髪してしまう方法もあります。

 

これは洗面所がそれなりの広さでないとできなく、ママ自身のテクニックも必要。

 

ですが赤ちゃんの泣き声などをお風呂よりは感じやすいので、できそうならトライしてみてもいいですね!

 

私はちょっと「汚い」と思う方もいるかもしれませんが、冬場の洗髪は二日に1回にしていました。

体もしっかり洗うのは週末だけ。

 

週末以外はちゃちゃちゃッと洗ってさっと5分くらいで出ていました。

やっぱり目を離しておくのが怖かったので。

 

次の日何も予定がなければ、お風呂も簡単に済まして終わりという手もありですよ。

 

 

2.バスチェアやバスマットを利用

 

赤ちゃんがまだ首がすわっていないようなときはバスマットを敷いて寝かせておくことも可能です。

 

ですがママがシャワーを浴びているお湯や泡が赤ちゃんの顔にかかってしまうこともあり得るので注意が必要です。

 

首がすわり腰も安定してきたらバスチェアをお風呂に持ち込むのもいいですね。

 

座らせている間にママの体を洗えます。

 

我が家もアンパン〇ンのバスチェアを借りて使っていました。

 

でもこれも超ダッシュで洗わないと、赤ちゃんはあっという間にバスチェアに飽きてしまいます。

 

お風呂用のおもちゃなどで気を紛らわせる工夫してあげることをお勧めします。

 

 

3.お風呂の前に寝かせておく

 

お風呂の脱衣所に赤ちゃん布団を敷いて寝かせておきます。

 

ママはドアを開けたまま体や髪を洗います。

 

赤ちゃんもママが視界に入り、ママ自身もいつでも赤ちゃんを手助けできる距離にいるので安心です。

 

しかし冬場はものすごく寒いのでお勧めできません。

 

これが出来るのは寒くない時期だけです。

 

 

4.たっちできるようになったら湯船で遊ばせておく

 

つかまり立ちなどができるようになったら湯船で遊ばせておいてもいいですね。

 

お風呂用のおもちゃなどがあると飽きずに遊んで待っていられます。

 

この頃になるとママの負担も少し減ってきますよ。

 

 

ですが赤ちゃんから目を絶対に離さないようにしましょうね。

 

小さな子は一瞬で浅いところでもおぼれてしまいます。

 

ちょっとバランスを崩して倒れてお湯に顔が浸かってしまうと、本当にそのまま溺れてしまいます。

 

髪を洗って目をつぶってしまっている時も数秒に1度は赤ちゃんを確認しましょうね。

しつこいですが、本当に一瞬です。

 

またお風呂で使うおもちゃにも注意が必要です。

 

子どもは何でも口に入れてしまいます。

 

我が家の子どもはお風呂でスーパーボールで遊んでいて誤飲し、大急ぎで救急に連れて行ったことがあります。

 

誤飲は窒息の元となりとても危険です。

 

小さなおもちゃは避け、お風呂ではママが目を離さないように気を付けましょう。

 

 

5.入浴後の服は着る形で脱衣所にセットしておく

 

赤ちゃんと二人の入浴後のママは裸族で仕方ありません。

 

多くのママがそうです。

 

お風呂に入る前に部屋のカーテンは閉めておきましょう。

 

脱衣所に入浴後の赤ちゃんの服やバスタオルをセットしておくとスムーズです。

 

また冬場の入浴後はものすごく寒いです。

 

特にしっかり拭く暇もなく裸族のママにとっては極寒です。

 

部屋や脱衣所は暖めておきましょう。

 

ママが風邪をひいてしまったら大変です。

 

電気代などは気になりますが、風邪をひくよりはマシと考えてみてください。

 

まず赤ちゃんの服から着せるので、ママはタオルキャップやバスローブなどを準備しておいてもいいですね。

 

 

 

何とかお風呂は入れたけど、身体が全然温まらないときは

 

超特急でお風呂にに入ったはいいけど、身体が温まる前にお風呂から出てしまって、すぐに冷え切ってしまうこと、ありませんか?

冬は普通に寒いし、夏はクーラーで手先まで氷のように冷えきってしまいますね。

 

そもそも、女性にとって『冷え』は絶対に避けるべきことで、美容と健康に大きな影響が出てしまいます。

 

そんなとき、私はこのサプリをサクッと飲んで、まるでお風呂に半身浴で30分入ったかのように、ポカポカに温めることができて、とても助かりました。

個人的には、身体が冷えること自体はそこまで辛くなかったのですが、美容部員の友達いわく、

「身体が冷えるとシワやシミにも直結しちゃうよ」

とのこと・・・

 

これはヤバイ・・・と思って大手食品メーカーが作っているサプリということで買ってみましたが、これが大当たりでした!

今ではお風呂も長く入れますが、今でもこのサプリを飲み続けています。

血行が良くなるので疲労回復に大きく効果あり、身体がスッキリするようになって病みつきになってます。

 

 

 

赤ちゃんとの二人っきりのお風呂もコレで乗り切れる!5つの裏技を駆使してお風呂タイムの負担を減らそう!

 

 

赤ちゃんと二人のお風呂は本当に大変ですよね。

 

家もそうだったのでものすごくよーくわかります。

お風呂タイムが一番大変でした…。

 

ですが自分に合う方法を見つけて乗り越えるしかないのが現状ですよね。

 

パパが休みの日はパパにお風呂をお願いしてママもゆっくり湯船に浸かってみてください。

 

リフレッシュが大切です。

 

そして超大変なお風呂を乗り切るコツは

 

・赤ちゃんが寝ている隙にママだけ高速で入る

・バスマットやバスチェアを利用する

・お風呂の前に寝かせてドアを開けたまま入浴する

・たっちできるようになったら湯船で遊ばせて待たせる

・入浴後の準備・暖房は抜かりなく

の5つです。

 

この5つの方法の中で今の赤ちゃんの発達に合った方法を試してみてください!

 

少し経てば今よりずっと楽になります。

あと少し、大変ですけど頑張ってください!

 

一人でお風呂に入れ頑張るママを応援しています!

 

関連記事一覧