• HOME
  • 気になる癖 , 睡眠
  • 【赤ちゃんの超頑固な向き癖に頭の形が心配】今まで通りの育児をしながら超簡単に向き癖を治せるお手軽「ながら向き癖防止方法」5選

【赤ちゃんの超頑固な向き癖に頭の形が心配】今まで通りの育児をしながら超簡単に向き癖を治せるお手軽「ながら向き癖防止方法」5選

気になる癖

 

赤ちゃんの向き癖はとても気になるものですよね。

 

できることであれば頭の形がきれいに育ってほしいと願うのは当然です。

 

しかしそんなママの願いに反して、赤ちゃんは向き癖が付きやすいものです。

赤ちゃんの向き癖に悩んでいませんか?

 

・いつも同じ方向ばかり向いていて頭の形が心配

・違う方を向かせてもいつの間にか戻ってる

・絶壁やいびつな頭の形になってしまいそうで何とかしたい!

 

「いつも右を向いて眠ってしまう」

「ずっと仰向けで絶壁が心配」

など赤ちゃんの寝方を心配するママはとても多いです。

 

しかし頭の形は遺伝するものです。

寝方を気を付けても、自然とママやパパの頭の骨の形に似通ってくることが多いんです。

 

「がーーん。じゃあ、私の絶壁遺伝しちゃうの!!??」

と心配になったママに朗報です!!

 

頭の骨が柔らかいうちに対策を取っておくことである程度改善はできるんです!!

 

ぜひ赤ちゃんの頭の形を少しでもよくするためにママが工夫してあげてみてください。

超お手軽な方法を5つに厳選してみました♪

 

 

赤ちゃんの気になる向き癖を防止しきれいな頭の形を保つ超簡単な方法5選

 

 

1.添い寝&添い乳は交互にする

 

赤ちゃんはママがいる方を向いて寝ることが多いです。

 

添い乳をする赤ちゃんはさらにママの方向を向きがちです。

 

gdakaska / Pixabay

 

赤ちゃんはママの方を向いて寝ることで安心して眠れます。

 

そのためママが添い寝をする際は赤ちゃんの右側に寝たら、次は左側。

と交互に寝るようにしてみてください。

 

添い乳をしている場合は授乳の間だけでも頭の向きが交互になります。

 

また気が付いた時にマメに赤ちゃんの頭の向きを変えてあげてください。

すぐに戻してしまうかもしれませんが、こまめに変えることで長時間同じ向きにすることを防ぎます。

 

2.バスタオル丸めて背中の下に入れる

 

向き癖がついてしまっている方向と反対向きにして背中に丸めたタオルを入れてみてください。

 

そうすると必然的に反対向きを向いて寝ることになります。

 

しかし若干斜め向きで寝る事になります。

柔らかい布団だと顔が埋もれて窒息の恐れがあります。

 

硬い布団で赤ちゃんの様子を注意しながら行ってください。

そのため夜などのぐっずり長く眠る時間はやめてください。

 

昼間のママが赤ちゃんから目を離さない時間帯にやってみてください。

 

3.向かせたい方向が明るくなるように寝る向きや場所を変える

 

赤ちゃんは明るい方や音のする方を向くという習性があります。

 

そのため赤ちゃんの頭と足の方向をいつもと逆にして寝かせてみてください。

 

赤ちゃんに対して明かりや音がする方向が普段と逆向きになります。

 

またはいつもと反対方向に光があたる場所に布団を移動してもOKです。

 

光と同じくママの気配や声かけの方向も大事です。

 

日中ママがよくいる場所がこれまでと逆になる位置に布団をずらす

ままが向かせたい方向から声をかける習慣をつける

 

などの方法も有効です。

 

4.腹ばいをさせてみる

 

生後3週間を過ぎたころから、マットレスなどの硬めの布団で腹ばいにチャレンジさせてみてください。

 

腹ばいや横向きなど色々な体勢をする赤ちゃんは向き癖がつきにくいといわれています。

腹ばいをやらせる際は大人が必ず目を離さないで見守ってください。

 

また無理はさせず少しの時間だけで終わりにしてあげてください。

 

5.だっこする

 

頭の形をよくしたいのであれば一番いいのは抱っこです。

 

だっこであれば向きは大人の意思で変えられます。

さらに布団に寝ているときのように頭を強く圧迫されることもありません。

 

しかし四六時中赤ちゃんを抱っこし続けているわけにはいきませんよね。

 

向き癖が気になる赤ちゃんの場合は、抱っこを多めにしてあげるようにしてみてくださいね。

 

頑固な向き癖でも大丈夫!赤ちゃんの頭の形をよくするためには5つの工夫が大事

 

赤ちゃんに向き癖があってもほとんどの場合が、成長とともに自然と治っていきます。

頭の形も成長とともに目立たなくなっていきます。

あまり気にせず大丈夫です。

 

とはいえ

「自分のこどもは頭の形のきれいな子に育ってほしい」

と願う気持ちはとてもよくわかります。

 

簡単に生活の中に取り入れながらできる向き癖防止方法は

 

・ママの添い寝&添い乳は交互方向に

・バスタオルを丸め背中の下に入れ強制的に反対を向かせる

・明るい方や音のする方を向く習性を利用する

・腹ばいにチャレンジ

・だっこを多めにしてあげる

の5つです。

 

ママと赤ちゃんのスキンシップの延長線上でできることがほとんどです!

ぜひたくさん触れ合って、楽しみながらの

ながら向き癖防止

を実践し、赤ちゃんの頭をきれいな形に保ってあげてくださいね♪

 

ピックアップ記事

関連記事一覧