• HOME
  • 子どもの体
  • 【お散歩に行けない日】生後1ヵ月から自宅で運動神経を高める3つの遊び

【お散歩に行けない日】生後1ヵ月から自宅で運動神経を高める3つの遊び

子どもの体

 

 

日に日に成長する赤ちゃん。

元気に健康に育ってほしいですよね。

 

そのためには

「1ヵ月検診を過ぎたらお散歩などで外の刺激を与えましょう」

などと言われます。

 

外から脳を刺激し赤ちゃんの発達を高めます。

もちろん運動神経も!

 

しかし雨の日や寒い冬は自宅に引きこもりがち。

インフルエンザやノロが流行っているような時期は人混みは避けたいものです。

 

なかなかお散歩にも連れて行けず心配になっていませんか?

 

・インフルエンザなどの病気が怖くて赤ちゃん連れの外出はなるべくしたくない

・お散歩にも連れて行けず、刺激が少なすぎないかと心配

・赤ちゃんが健康的に成長できるか不安

 

我が家も11月産まれの子どもがいて、生後から3カ月はほぼ引きこもり状態。

 

真冬の寒い中、病気も流行っているのに小さな赤ちゃんを外に連れ出すなんてムリ!

豪雪地帯や寒冷地ならなおさらですよね。

 

でも安心してください!

 

そんな小さな赤ちゃんのために、自宅で出来る簡単な体操などカラダづくりを紹介します!

 

 

生後1ヵ月から3カ月まで。自宅で出来る超簡単なカラダづくり3選

 

 

1.暖かい時間は窓辺で外気浴

 

寒冷地では真冬のお散歩はしなくてOK!

 

その代わりに午前中の太陽が出ている比較的暖かい時間に窓辺で日光浴や外気浴をさせましょう。

 

寒冷地でなくても、わざわざ凍えるような寒い日に赤ちゃんをお散歩させる必要はありません。

 

しかし外気浴には赤ちゃんの成長を促す効果があります。

 

・赤ちゃんの視覚や聴覚に刺激を与え、全身の成長を助ける

・外の気温を感じ抵抗力を高める

・刺激を受けてぐっすり眠れるようになる

・日光を浴びることで体内でビタミンDを生成できる

 

特に最後のビタミンD生成は、赤ちゃんの骨や歯を強くするためにとても大切。

赤ちゃんの成長に不可欠です。

 

そのため、ベランダで5分からで構わないので外気浴をさせてみましょう。

 

あまりに寒い日は窓を閉めて、窓辺の日が当たるところに数分いるだけでもいいです。

 

ガラス越しだとビタミンDを生成するための紫外線B波はカットされてしまいます。

本来の外気浴の効能のいくつかは得られません。

 

StockSnap / Pixabay

 

しかし

 

・日光による視覚的刺激

・窓越しの太陽光でもホルモン分泌が促され自律神経や体内リズムを整える

 

などの一定の効果があります。

 

寒い日は窓越しでも構わないので5分~慣れてきたら15分程度日光浴をしましょう。

 

その際に直接目に日光が当たるのは避けてあげてくださいね。

眩しくて目を閉じてしまいます。

 

 

2.はらばいをさせる

 

はらばいは腹筋や背筋、首周りの筋肉を鍛えてくれます。

 

腹筋を鍛えるとお通じも改善。

 

また首周りの筋肉が鍛えられると首すわりが安定しやすくなります。

 

さらにバランス感覚を養う。

 

視覚を広げ脳を刺激するなど多くのメリットがあります。

 

ぜひ取り入れてみてください。

 

初めは10秒程度でOK。

それに慣れてきたら徐々に時間を伸ばしていきましょう。

 

回数も一日1回から、2回3回と徐々に増やしていきます。

 

泣いて嫌がるような場合は無理やらせず中断してください。

 

またやるときには安全確保が絶対条件です。

 

・顔の周りにものを置かない

・顔が埋もれてしまうような柔らかい布団やマットレスの上でやらない

 

以上のことに必ず気をつけてください。

 

赤ちゃんの窒息につながります。

 

腹ばいをさせる間は絶対に赤ちゃんから目を離さずそばで見守ってあげましょう。

 

そして色々な角度から声をかけてあげてくださいね。

 

 

3.くすぐり遊び

 

赤ちゃんの成長を一番促すのはママとのスキンシップです。

 

優しいママの声と笑顔とスキンシップが一番!

 

特にこちょこちょとくすぐり遊びは赤ちゃんも大好き。

 

・色々な場所を刺激され体の色々な部分を意識する

・くすぐられることで体の感覚を養う

・神経系を刺激し発達を促す

 

足の裏、首筋、手のひら、内もも、お腹など色々なところを優しく指先でコショコショしてみましょう。

 

実は最近の研究でくすぐりは脳の成長にも大きく役立つことがわかっています。

 

A10と呼ばれる神経系が刺激されることで

 

・感情

・運動

・危機回避能力

 

これら3つの能力が高まるというのです!

 

次第に

くすぐられる→くすぐったい

このことを記憶し、くすぐられる前から笑うようになります。

 

これは

「この次にママは僕をくすぐろうとしている→くすぐったいはず」

赤ちゃんは記憶をたどり予測を立てて行動しているのです。

 

くすぐり遊びは神経や脳を発達させるトレーニングにもなるんですよ!

 

生後1ヵ月頃から始めてみてください!

 

一日1分程度を数回やってみるだけでも十分です。

 

 

寒い冬でも自宅で超簡単に赤ちゃんのうちから体や脳のトレーニングができる!

 

 

寒い冬や雨が続く時期などは自宅にこもりがちになってしまいます。

 

そんな時期でもせっかくなら、赤ちゃんの発達に役立つことをしてあげたいですよね。

 

方法は超簡単

 

・窓辺でもいいので暖かい時間の日光浴

・腹ばいで筋トレ

・くすぐりあそびで脳トレ

 

この3つです。

 

すごく簡単なのに、実は超奥深い!

たくさんの効果があるのです。

 

くすぐり遊びで脳や神経系が鍛えられるなんて知らなきゃ損ですよね。

 

徐々に声を出して笑うようになったりすると、めちゃくちゃかわいくて癒されますよ。

ぜひ続けてみてくださいね!

 

赤ちゃんの成長にとって一番はママとのスキンシップ。

毎日たくさん触れ合って、笑顔で話しかけてあげてくださいね!

 

ピックアップ記事

関連記事一覧