• HOME
  • お出かけ
  • 【公園デビューが怖い】知らなきゃヤバイ新参者ママの5つの心得

【公園デビューが怖い】知らなきゃヤバイ新参者ママの5つの心得

お出かけ

 

育児にもそろそろ慣れ始め、公園・支援センターデビューしようというママにとっての不安。。。

 

それはママ友軍団やボスママの存在ですよね。

 

「怖い人がいたらどうしよう」

「生意気って目をつけられたら怖い」

「仲良くできそうな人がいないかもしれない」

 

などなど公園・支援センターデビューを不安に思っていませんか?

 

・子どもを連れて出かけたいけれど、周りのママにどうやって話しかけたらいいのかわからない

・ママ達がみんな仲が良さそうで話しかけづらく輪に入れなそう

・怖いボスママがいないか不安

 

「ここは私たちの公園ですから!」

って言ってないのに言っているように感じてしまったり、妙に怯えたりっていうママ、結構多いんです。

 

何となく、威圧感ありますよね(汗)

 

わかります!!

 

やっぱりみんな仲良さそうに話している中に、新規で飛び込むって勇気がいりますよね。

 

そこにいるのがどういう人なのかも分からなければ、もしかしたら自分以外みんな昔からのお友達同士で来ているというパターンもあります。

 

今後のことを考えると敵とみなされたくないし、良好な関係を築いていきたいものですよね。

 

今回はそんな初めて行く場所でのママ友との接し方で悩むママに参考にしてほしいことを紹介します。

 

当然NGワードやNG行為もあります!

先輩ママたちは結構細かいところまで見てますから、注意が必要です。

 

でもそんな難しい事ではないので安心してくださいね。

超単純な事を気をつけるだけで大丈夫。

 

ぜひ初めての公園・支援センター前に参考にしてみてくださいね!

 

 

ルール違反でハブ!?公園デビューで注意すべき新米ママの5つの心得

 

 

1.まずは笑顔で挨拶

 

まずは近くに行ったら笑顔で

「おはようございます」

または

「こんにちは」

と挨拶しましょう。

 

特に小さな公園の場合、挨拶もなく遊ぶのはめておいたほうがベター。

 

逆に馴れ馴れしく突然話しかけるのもやめましょう。

警戒されます。

 

とりあえず笑顔で挨拶したらそれで第一日目のミッション終了と思ってもOKです。

 

やっぱりママの間でも挨拶は基本です。

 

笑顔で挨拶されて嫌な気持ちになる人はまずいません。

 

挨拶だけで終わるようならそれで今日は十分です。

 

挨拶すら無視してくるような集団がいる場合。

違う公園なり支援センターに変えるのも一つの手です。

時間帯を替えてみてもいいですね!

 

挨拶を無視するなんて、普通の神経じゃ考えられません。

(私なら無理です。。。そんな人達と関わりたくありません)

 

でも実際にそういう目にあったというママの声も少なからずあります。

 

そういった意味の見極めのためにもまず笑顔で

「こんにちは」

と一言、言ってみましょう。

 

 

大きな公園で人も沢山いる場合は一人一人挨拶しなくてもOKな場所もあります。

 

そうは言っても子どもの教育のためにも親が挨拶をしている姿を見せるのも大事です。

 

その公園に来ている人たちがどんな雰囲気かまだわからない場合は、とりあえず挨拶だけはしておけば間違いはないです。

 

 

2.話しかけられたらお話しよう

 

相手から話しかけてくるようなら、答えましょう。

 

「何歳ですか?(子ども)」

とか

「このへんお住まいですか?」

などが一般的な初めての会話ですね

 

聞かれたら答える程度でOKです。

(もし自分から聞きたいのなら聞いても全然大丈夫ですよ)

 

同じくらいの子どもでさらに近所の場合は、今後もお付き合いが続く可能性があります。

 

当たり障りのないこと程度、聞かれたら答えてください。

この『当たり障りのない事程度』がポイント。

 

初対面でまだ相手がどんな人かわからない中で素性を明かすのはやめておいた方が無難です。

 

もし相手がおしゃべり好きな人だった場合。。

色々質問されるかもしれません。

 

でももしかしたら、その情報が他のママ友に筒抜け状態かもしれないことも覚えておいてくださいね。

 

「あのママは〇〇に住んでて、○○の妻で〇〇大学出なんだって」

って他のママたちに情報を共有されているかもしれません。

 

学歴や収入、自分や夫の職業などあまり細かいことは初対面では話さない方が安心です。

 

嫉妬や妬みの元です。

 

っていうか初対面でそこまで根掘り葉掘り聞いてくる人には要注意ですよ。

 

スピーカータイプであることが多いです。

 

 

デビュー初日は挨拶+聞かれたら軽い会話程度で十分と覚えておきましょう。

 

 

3.何となく様子を観察&こっそり聞き耳

 

子どもと遊びながらもたまに周りの様子も確認してみましょう。

 

ママと子ども各々が好きなように楽しく遊んでいるような公園ならベストですね!

何も気を遣わずにすみます。

 

そのままママも子どもと楽しく遊びましょう。

 

ママが集団で何やら話してばかりいる時はちょっと、いやかなり怖いですよね。

 

そんな場合はひっそり遠くで聞き耳をたててみてもいいですね。

 

悪口や噂話ばっかりしている場合は…性格悪い集団決定的ですよね。

私なら関わりたくないと思ってしまいます。

 

嫌な思いをしてまで遊びに行く必要はありません。

 

そんな場合はスッパリ違う公園に変えてしまった方がスッキリしますよ。

 

 

4.友達と一緒に遊びに行く

 

初めての公園や支援センターがママと子どもだけでは不安なのならば、友達と一緒にデビューするのもお勧めです。

 

ママも味方がいると思うと気を強く持てますよ。

 

子どもも気心の知れたお友達と一緒の方が安心して遊ぶという子も多いです。

 

『まず初めての1回はお友達と一緒に』

だとグンとハードルが下がります。

 

またお散歩などで元から公園リサーチをしておくのもおススメ!

 

・毎日同じメンツで集合しているママ軍団がいる

・なんとなく感じが悪そう

・ママばかりが集合してしゃべり続けている

・3歳前後の子連れが多く子どもに手がかからないのかママたちはベンチに座っておしゃべり

 

こんな場合や要注意ですね。

 

中には

「よそ者扱い」

するような人もいます。

 

逆に話してみたらすごくいい人達だったってこともあり得ます。

 

こればっかりは運ですね。

 

私は3人の子育てで何度も公園や支援センターなど行っていましたが、実際に「はっ??」って思う親は何人か出くわしたことがあります。

 

でも公園をたまり場として、後から来た人を受け入れないような人には今まで出会ったことがありません。

 

何となく私以外みんな友達同士で来ているのかな??くらいはありますよ。

その程度なら気にしなければ大丈夫!!

 

「合わなければ違う公園に行けばいい!」

と思って、色々な場所にお出かけしているうちに気の合うママはいつか現れます。

 

焦ったり無理したりする必要はありません。

 

少しずつ行動範囲を広げて、本当に気の合う人が現れたら仲よくすればOKです。

 

 

5.ママと子どもが楽しく遊んでいれば十分

 

「公園や児童館に行った必ずママ友を作らなきゃ!」

と意気込んでいるママもいますが、そんな必要は全くありません。

 

あくまで公園や支援センターは「子どもが楽しく遊ぶため」に行く場所です。

 

その結果気の合うママ友が出来たらそれはラッキーな後付け要素です。

 

それにまだ1歳前後の小さな子どもとの公園なら、ママは子どもにつきっきり状態。

他のママとゆっくりしゃべる余裕もありません。

 

思いのほか誰かと話すこともなく、子どもの世話で手一杯だったという声もよく聞かれます。

 

公園でハバをきかせているママ軍団さえいなければ、普通は楽しく遊べます。

 

「人見知りな性格でママ友の中に入れないかも」

なんて不安に思う必要もありません。

 

だってママ友の中に入る必要なんて全然ないから!!

 

気が合うかもわからない集団に果敢に飛び込む必要なんて全然ありません。

挨拶だけで十分です。

ぶっちゃけ、ママ友は広く浅くが基本です!

 

何度か会ううちに本当に気が合えば仲良く付き合っていけばいいだけの話です。

 

合わなければ適度な距離を保って付き合っていけばOK。

っていうかそのまま疎遠になっちゃっても全然OKです。

 

ママも子どもも楽しめることが第一だという事を忘れないでください。

 

無理して公園でママ友の中に入ろうとするのではなく、自然と気の合う人が現れるのを待つスタンスの方が気楽ですよ。

 

 

ドキドキの公園デビューも気負わず親子で楽しもう

 

 

「公園デビュー」と言うと大げさに感じてしまうかもしれません。

 

でもそんなに大げさに考える必要、全然ありません!!

 

ドラマみたいな意地悪集団、なかなかいません。

 

でもそのなかなかにハマってしまうっていうパターンも稀にあります(汗)

 

その見極めも含め、新米ママの公園デビュー前に知っておいてほしいことは

 

・笑顔で挨拶は基本中の基本

・聞かれたら答える程度の会話でOK!素性は詳しく明かさない

・それとなく様子見をして、感じが悪ければ潔く違う公園にシフトチェンジ

・友達と一緒に行けば心強い。前もって下見して毎日いる集団がいないかチェック

・ママ友を作ろうなどと気負わず、子ども主体で楽しむ

 

この5つを覚えておいてほしいです。

 

そうすればトラブルも未然に防げます。

 

そして忘れないでほしいのが、公園に行く目的は子どもが楽しむことです。

 

子どもが楽しむためにはママも安心して過ごせることも大事です。

 

ママが気負わずに楽しめるような場所を徐々に開拓していきましょう!

 

ピックアップ記事

関連記事一覧