• HOME
  • 子どもの発達
  • 【赤ちゃんの頭が大きいと成長が遅い?】頭が大きくて発育が心配な時にすべき3つの事

【赤ちゃんの頭が大きいと成長が遅い?】頭が大きくて発育が心配な時にすべき3つの事

子どもの発達

 

赤ちゃんの頭が大きいと首すわり、寝返り、ハイハイ、たっち、伝い歩き

と運動系の発達はのんびりペースになることがあります。

 

頭が大きい分、支えるために力が必要ですから仕方がないことです。

 

でもやっぱりママは、気になっちゃいますよね。

 

周りの子がどんどんハイハイをしたり歩き出したりしている姿を見ると

「うちの子大丈夫かなあ」

って心配になっちゃう気持ち、ものすごくよくわかります。

 

赤ちゃんの頭が大きくて、これからの成長を不安に思っていませんか??

 

・周りの子に比べ発達が遅くて焦る

・このままのペースで頭がどんどん大きくなってしまうのではないかと不安

・何か病気が隠れているのではないかと心配

 

わかりますよ~~~!!

めちゃめちゃわかります!!!

 

我が家の長男も超・頭でっかかったです。

 

同じような悩みを抱えているママの悩みを聞き、久々に母子手帳を引っ張り出してみたところ、、

 

出生時の頭囲 35㎝

1ヵ月検診 38㎝

4ヵ月 44㎝

7ヵ月  47㎝

10ヵ月 49㎝

でした。。。

 

発育曲線のグラフは6ヵ月で帯からはみ出ていました。

ちなみに身長体重は平均より小さめです(汗)

 

総合病院の小児科に行くと

「検査しようか」

と毎度言われるレベルでした。

 

そして運動系の成長もやっぱり遅めでした。

 

そんな我が子も…

今では元気に大きくなっています。

 

今回はそんな頭の大きな赤ちゃんの成長が心配なママが安心できる情報をお届けします♪

 

 

赤ちゃんの頭が大きすぎて運動面の成長が心配なママに試してほしい3のこと

 

 

1.相談しやすいかかりつけ医をつくっておく

 

これから子どもを育てていくうえで、小児科にかかる機会は必ず何度もあります。

 

その際に赤ちゃんの時から成長の様子を見守ってくれるような小児科医をかかりつけ医にしておくと安心です。

 

「頭の大きさが心配」

と相談することも出来ます。

 

赤ちゃんの頃から成長を見ていれば

 

・突然頭が大きくなったのか

・他に気になるところがないか

・隠れていそうな病気はないか

 

など多角的に診察してくれます。

 

ママや子どもの性格もわかっていてくれると、

「なんだか前の受診の時と様子が違うな」

と初見ではわからないような変化にも気が付いてくれたりもします。

 

ぜひ近くの病院で、相談もしやすく親身になってくれるようなかかりつけ医を作っておいてください。

 

もし

「ここは違うな」

「この先生は相談しにくいな」

と相性が合わない場合は、違う病院にも行ってみましょう。

 

きっとママにも子どもにとっても「いい先生」がいるはずです。

 

我が家の息子も病弱で入退院を繰り返していましたが、やはり一番相談できるのはかかりつけ医の先生です。

 

信頼できるかかりつけ医が見つかったら、心配なことはその都度色々質問してみてくださいね。

 

専門家の意見を聞くと、ママも安心できますよ。

 

 

2.必ず定期健診には参加する

 

赤ちゃんの頭囲を正確に自宅で測るのはなかなか難しいです。

 

必ず定期健診に参加し、正確な頭囲を測ってもらってください。

 

その際に保健師さんに頭囲の件も聞いてみてください。

 

心配な部分がある場合は小児科受診を勧められます。

 

もし何らかの病気が隠れている場合には、早めに治療を始めてあげたいですよね。

 

(赤ちゃんの水頭症が疑われるケースの記事はこちらから)

 

そのためにもきちんと定期健診に参加して正確な頭囲を測ってあげましょう。

 

 

3.たくさん触れ合い遊びをする

 

赤ちゃんの成長を促すような触れ合い遊びをたくさんしましょう。

 

OmarMedinaFilms / Pixabay

 

頭の大きな赤ちゃんは、小顔赤ちゃん以上に筋力が必要です。

 

赤ちゃんのうちから体を動かすように工夫してあげてください。

 

ポイントはママも赤ちゃんも楽しみながらやることです。

 

ママと一緒に体を動かすのは楽しい!!

と赤ちゃんも感じると、赤ちゃんも運動が好きになっていきます。

 

以下の記事に月齢・成長段階に合わせた運動遊びをまとめてあります。

 

ぜひ今の赤ちゃんの成長段階に合わせた運動遊びで、赤ちゃんの体を鍛えてあげてください。

 

生後1ヵ月からできる運動遊び

首すわり期にできる運動遊び

寝返り期にできる運動遊び

ハイハイ期にできる運動遊び

たっち&歩き始め期にできる運動遊び

 

遊びの中で運動面の発達を促します。

 

ぜひ親子で楽しくやってみてくださいね。

 

 

頭が大きな赤ちゃんの成長のためにママがやってあげるべきことはこの3つ

 

赤ちゃんの頭が大きいと気になる事は色々ありますよね。

 

我が家もそうだったのでよくわかります。

 

心配ですよね。

 

自分の事なら

「しょうがないじゃん!生まれつき大きいんだから!!」

って思えたとしても、我が子のこととなるとすごーーく心配になってしまうものですよね。

 

でも自宅で

「心配だな。心配だな」

って思っていてもどんどんマイナス思考になってしまうだけです。

 

ぜひ紹介した3つのことを実践してみてください。

 

・話しやすいかかりつけ医をつくって相談してみる

・定期健診に参加し正確な頭囲を測ってもらい保健師にも相談してみる

・自宅で出来る運動遊びで筋力を鍛えてあげる

 

もし本当に病気が隠れている場合は早めの治療の方が絶対に子どものためにもなります。

 

必ず定期健診に参加し、心配なことは医師や保健師に相談してみましょう。

 

そして自宅で、赤ちゃんと触れ合い遊びを思いっきり楽しんでください。

 

それが赤ちゃんの心身の成長につながります。

 

ママが心配で不安な顔をしていては赤ちゃんも不安になってしまいます。

 

気になることは自分だけで抱え込まないでくださいね。

 

相談してみるとママ自身も気持ちもとっても楽になりますよ。

 

あまり深く悩まず軽い気持ちで育児相談などでもいいので相談してみてください。

 

そして赤ちゃんと笑顔で楽しく触れ合ってあげてくださいね。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧