• HOME
  • 離乳食
  • 【離乳食の開始はいつから?】超単純でわかりやすい!赤ちゃんのココを見れば一目瞭然の離乳食開始ができる明解5つのサイン

【離乳食の開始はいつから?】超単純でわかりやすい!赤ちゃんのココを見れば一目瞭然の離乳食開始ができる明解5つのサイン

離乳食

 

 

生後5~6か月ごろになるとそろそろ離乳食を考え始める時期ですね。

 

一度始めると後戻りは出来ないイメージの離乳食。

 

「本当に今初めて赤ちゃんは大丈夫?」

「私もやっていける?」

と不安いっぱいじゃありませんか?

 

・離乳食をそろそろ始めるべきか悩んでいる

・周りの赤ちゃんがみんな離乳食を始め出して焦ってしまう

・離乳食を始めるタイミングがわからない

 

一般的には生後半年前後が離乳食を始めるのに適した時期と言われています。

 

しかし赤ちゃんの発育には個人差が大きいため、いつもそばで見ているママの判断が重要になってきます。

 

「それ言われると、一番困る!!」

 

って感じですよね。

 

特に初めての育児では、わからない事だらけ。

 

もっと簡単な見極めポイントはないの?

というママの声にお応えします!

 

離乳食が始められそうなタイミングは赤ちゃんがサインを出してくれます!

便利!!もとい…おりこうさんですよね~♪

 

わかりやすいサインをまとめましたので、ぜひじっくり赤ちゃんを観察してみてください!

 

離乳食を始められる見極めポイントは赤ちゃんからの5つのサイン

 

1.赤ちゃんが食事するママやパパをじっと見ていたら、赤ちゃんの口にスプーンを近づけてみる

 

これまでおっぱい大好きだった赤ちゃんが、ママやパパが食事をしているのをうらやましそうにじっと見始める時があります。

 

そろそろ食にも興味が出てきたあらわれです。

 

また食べ物を見るとよだれが出たりもします。

赤ちゃんの様子をよく観察してみてください。

 

さらに食べ物を口の近くにもっていってみてください。

口を開けて食べたそうにしていればそれは哺乳反射。

食べ物を与えられる目安です。

 

スプーンを赤ちゃんの口にそっと入れみてください。

舌で押し出してしまったりしなければ、口にものが入ることへの違和感がない証拠です。

 

ただし初めはうまくできない赤ちゃんがほとんどです。

 

嫌がるそぶりがないかに着目してみてください。

 

2.授乳時間がだいたい決まってきているか一週間育児日記をつけてチェックする

 

授乳時間がだいたい決まり、生活にリズムがついてきたことも目安の一つです。

 

離乳食はだいたい決まった時間にあげることが好ましいです。

そのため離乳食を始めるには、一日の生活スケジュールがほぼ固まってきていることが大事です。

 

まずは赤ちゃんの生活リズムが整ってきているかを気にしてみてください。

目まぐるしく忙しい毎日の中で、時間を気にしながら覚えておくのは難しいです。

 

一週間でいいので、授乳と睡眠の育児日記をつけてみてください。

生活リズムがついているか一目瞭然でわかります。

 

3.首のすわりがしっかりして、支えがあれば自分で座れるか確認

 

首がしっかりすわっているか。

支えたら座れる体制が取れるか。

 

この二つを確認してみてください。

 

vborodinova / Pixabay

 

OKなら離乳食を与えてもきちんと摂取したものが食道を通ることが可能です。

 

首がグラグラしていたり、座れない状態だと離乳食が喉などに詰まってしまう危険性があります。

そんな場合はまだ離乳食を始めてはいけません。

 

4.母乳やミルクだけでは物足りない様子で授乳時間や頻度が増えた

 

赤ちゃんが成長してくると母乳やミルクだけの栄養では補えなくなってきます。

母乳だけではお腹が満たされないと、泣く頻度が急に増えます。

 

・授乳しても1時間くらいでお腹が空き泣いてしまう。

・授乳中も満足できず機嫌が悪い。

・今まではそんなことなかったのに30分も飲み続けるようになった。

 

これらは赤ちゃん自身が母乳やミルクだけでは満足できないことの表れです。

離乳食をそろそろ始めましょう。

 

5.ママの心の準備と赤ちゃんの体調が整ったら

 

さあ、ここまであげた4つのポイントをクリアしているようなら、いつ離乳食を始めてもOKです。

 

あとはママの気持ちと赤ちゃんの体調次第。

 

まずは赤ちゃんの体調も機嫌もよいことが大事です。

風邪気味だったり病み上がり、機嫌が悪いなどの時は避けましょう。

無理をしないことが大切です。

 

そしてママの心の準備も重要です。

 

離乳食は一度始めると

「今日は疲れたしめんどくさいからやらない」

というワケにはいきません。

 

作り置きはできるにしても、毎日与えるのは結構時間が労力必要です。

 

ママ自身が

「よし!頑張ってみよう」

と思えない時は、ちょっと待ちましょう。

 

また食器類お鍋、椅子、赤ちゃんのエプロンなど必要なものを前もって揃えておくこともお忘れなく!

 

さらに作り方や進め方、メニューなどママ自身も勉強しておきましょうね!

 

 

離乳食を始めるには赤ちゃんのココを見て!たった5つのポイントで始め時がわかる!

 

「そろそろ離乳食を始めようかな」と迷っているママ。

でもその「そろそろ」を決断するのが難しいんですよね~。

 

その気持ち、すごくわかります!

私も何となくめんどくさそうで、一人目は7ヵ月までひっぱってしまいました(汗)

 

「もっと早く始めてあげた方がよかったのかな。」

と細ーい長男を見ては後悔しています。

 

そんな後悔をしないためにも!

赤ちゃんからのサインを見逃さないで上げてください。

 

・食事を食べたそうにじっと見ている

・授乳時間がだいたい決まってきた

・母乳やミルクでは物足りなさそう

・首すわりの安定と支えがあれば椅子に座れるかチェック

・赤ちゃんの体調がいい

 

これらがクリアできていればいつ始めてもOKです。

あとはママのやる気次第!!

 

ズボラな私は

「めんどくさそーー」

と敬遠していた離乳食。

 

でもいざ始めて見ると、

日に日に食べられるものが増え、成長を目の当たりにできるのでとても楽しいです。

顔いっぱいにご飯つけて食べている姿って、超キュートですよね♡

 

それに冷凍作り置きもできるし、市販の離乳食もあるので何とか乗り切れますよ♪

 

ぜひ適切な始め時を見て、上手にスタートさせてあげてください。

 

そして初めてのお食事タイムを楽しく過ごしてくださいね!

 

ピックアップ記事

関連記事一覧