• HOME
  • 病気
  • 【赤ちゃんの体温が測れない】お勧め体温計と簡単計測方法5選

【赤ちゃんの体温が測れない】お勧め体温計と簡単計測方法5選

病気

 

 

「風邪かな?」

「ちょっと熱い?」

 

そう思った際、赤ちゃんの体温を測ろうとしてもなかなかうまく測れないという経験、ありませんか?

 

無理やり押さえつけると大泣き。

 

泣くと体温が上がるので正確に測れませんよね。

 

赤ちゃんの体温が全然しっかり測れないと悩んでいませんか?

 

・体温を測ろうとすると大暴れして測れない

・泣いてしまい正確に測れない

・耳式体温計や短時間で測定できるものは誤差がありそうで不安

 

 

動かないでじっとしていることは赤ちゃんにとっては難しいことですよね。

 

そうは言っても赤ちゃんの体調が悪い時や治りかけの時など体温を測りたい場面というのは結構あるものです。

 

その度に苦労しているというママも多いですよね。

 

うちもそうでした…。

 

ぜひ赤ちゃんの体温測定のテクニックを身につけてみてください。

 

赤ちゃんに合った方法を見つけてあげましょう!!

 

 

体温計が嫌いな赤ちゃんでもおとなしく体温を測らせてくれる5つの裏技

 

 

1.30秒前後で測れる予測式体温計を使う

 

正確にかつ短時間で測ることができる体温計です。

 

30秒前後で体温測定できる予測式体温計はわきの下に挟むタイプの体温計。

 

その名の通り、体温上昇から最終体温を予測するので早く体温が測れます。

 

実測式に比べ体温が高めに測れてしまう場合もありますが、現在発売されているものは誤差がだいぶ減っています。

 

長時間我慢するのは難しいので、30秒前後で測れてしまうものを選びましょう。

 

kalhh / Pixabay

 

赤外線式体温計はたまに病院などで見るかもしれません。

数秒で測れてしまいますが、誤差が生じやすいです。

 

耳で測るタイプも耳に入れる角度が難しく、正確に測りにくいです。

 

そのため数秒で測れてしまうという利点はありますが、赤外線式体温計と耳で測る体温計は赤ちゃんにはあまりお勧めしません。

(我が家は数回使用しただけで廃棄処分になりました…。)

 

赤外線式体温計と耳で測るタイプの体温計は

・ジッとしていることが出来ないので誤差が生じやすい

・正確に測るにはママのテクニックが必要

 

そのため、予測式の脇下で測るタイプの体温計が一番正確に測りやすいです。

 

 

2.おもちゃやお菓子を与えた隙に測る

 

30秒程度ならおもちゃやお菓子を与えれば集中してくれます。

 

お気に入りのおもちゃやおやつを与えてみましょう。

 

食べ物を食べると体温は少し上昇します。

そうは言ってもものすごく上がるわけではありません。

 

暴れて泣いた方がよっぽど上昇します。

 

おやつやおもちゃに集中させている間にサッサっと測ってしまいましょう。

 

 

3.テレビなどを活用

 

テレビを見せている間に測ってしまうのも簡単です。

 

赤ちゃんがじっと見ているようなテレビをつけてあげてください。

 

いないないばあでもアンパンマンでも何でも構いません。

 

テレビをつけて赤ちゃんを抱きかかえるように膝に乗せます。

 

赤ちゃんがテレビを集中して見始めたら、サクッと測ってしまいましょう。

 

 

4.抱っこした状態で測る

 

ママに抱っこされていれば赤ちゃんは安心します。

 

ママが抱っこして、パパか誰かに測ってもらうとスムーズです。

 

ママはその間赤ちゃんに話しかけるなどしていてください。

 

授乳中に測ってしまうという方法もありますが、授乳時は熱が上がりやすいです。

 

よく汗をかいて飲んでいたりしますよね。

 

授乳時に測るなら、飲み始めすぐくらいにしておきましょう。

 

 

5.寝ている間に測る

 

最終手段です。

 

紹介した4つの方法が無理だったら、もう寝静まってから測るしかないです。

 

ですが睡眠時は熱が日中より低い時間帯です。

 

正確さは少し欠けてしまいます。

 

そうは言っても高熱があるような時は寝ている時でも熱が高いもの。

 

「熱があるか。ないか」

の判断基準にはなります。

 

また翌日の日中も計測再チャレンジしてみてくださいね。

起きてから測った方がさらに正確な体温がわかります。

 

 

体温測定が苦手な赤ちゃんは他のことに集中している間に短時間で測ってしまおう

 

 

赤ちゃんの体温測定はなかなか至難の業です。

 

ですがちょっと工夫をしてみると意外と測れるものです。

 

最近は短時間で測れるものでも誤差が少なくなってきているので、赤ちゃんが産まれたら購入してみてもいいでしょう。

 

お勧めの測り方は

 

・30秒程度で測れる脇下用体温計が正確かつ短時間でお勧め

・おもちゃやお菓子を与えたすきに測ってしまう

・テレビを見ている間に測る

・抱っこした状態で計測

・最後の手段は寝ている時に測る

 

この5つです。

 

特によく動きたがる赤ちゃんやよく泣く赤ちゃんは測るのが大変ですよね。

 

ぜひこれら方法を試してみてください。

 

そして体温以外にも咳鼻水、食欲や機嫌など色々な面を観察してあげましょう。

 

もし普段と違って気になる点があるようなら、早めに受診しておくと安心ですよ。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧