• HOME
  • 子どもの体
  • 【運動神経は遺伝する?】たっち&歩き始め赤ちゃんにお勧め5つの運動

【運動神経は遺伝する?】たっち&歩き始め赤ちゃんにお勧め5つの運動

子どもの体

 

運動が苦手だったパパママにとって

「私が運動が苦手だったからこの子も運動面の成長が遅いのかな」

などの不安に陥りがち。

 

赤ちゃんの運動神経を不安に思っていませんか??

 

・パパやママの運動神経が遺伝してしまわないか不安

・我が子には同じように運動が出来なくてツライ思いはさせたくない

・自宅で二人きりばかりで運動不足や刺激不足が心配

 

運動ができると得する事って多いですよね。

かけっこが速いだけで、運動会のスター。

 

だいたい小学校時代にモテるのは運動が出来る子と相場が決まっています(笑)

 

いや、もちろん得意不得意も個性があるのは当たり前なんですけどね。

 

そうは言っても我が子には…

「出来る事なら運動が得意になってほしい!」

そう思うのが親心。

 

そんな時に心配になるのが『遺伝』ですよね。

 

でも安心してください!

 

運動神経は実は遺伝しないんです!!

 

運動の体験、経験、環境などによってこれからいくらでも伸ばすことが出来るんです!

 

たっちから伝い歩き、歩き始めの頃に適した運動を5つ紹介します。

ぜひ効果的な運動を毎日取り入れてみてください。

 

 

 

たっち&伝い歩きをはじめたら絶対やるべき運動神経抜群に育てる5つのコツ

 

 

1.ママが手を貸さずにすむように部屋を赤ちゃん仕様に変える

 

まずは赤ちゃんが自宅で思いっきり歩いたり、ハイハイできる空間の確保が大事です。

 

リビングなど赤ちゃんが過ごす時間が多い部屋の大型家具は隅に寄せるなどしましょう。

この際廃棄してしまってもいいですね。

 

またつかまり立ちや伝い歩きを始めた赤ちゃんにはちょうどいい高さのものを部屋に置いてあげるといいです。

つかまって歩きやすい低いテーブルなどを部屋に用意してあげるとスムーズに伝い歩きが進みます。

 

またこの時期の赤ちゃんは危険がわかりません。

 

・キッチン周りの熱いものや刃物

・誤飲につながる小さなもの

・階段

・窓や玄関

・コンセントや電気コード

・お湯や水を張った浴槽

・角ばった家具

 

ちょっと目を離した隙に事故につながります。

 

大けがや命にかかわるような危険なモノはなくしておきましょう。

 

またこの時期に転びながらバランス感覚を養っていきます。

 

「転びそう!!」

と思ってママが手を貸していては成長の機会を奪ってしまいます。

 

そうは言っても特に初めての子だと過保護になってしまいますよね。

わかります。

私もそうでした。

 

転んでも痛くないようにクッションマットなどを敷いておくと転んでも安心ですよ。

 

転ぶことも勉強!

手を貸したくなる気持ちをグッと抑えて、ママは危険がないようにだけ見守ってあげてください。

 

 

2.ママと手をつないで屈伸運動

 

腕と足の屈伸運動でスムーズな腕や足の動きをサポートします。

 

・腕の屈伸運動

赤ちゃんをとママと向かい合い両手をつなぎます。(座ってでも立ってでも可)

次に赤ちゃんの腕をパンチをするようなイメージで左右交互に肩から正面に向かって屈伸させます。

 

・足の屈伸運動

赤ちゃんとママと向かい合って立って手をつなぎます。

一緒にリズムを刻むように足を屈伸させます。

 

 

3.空中ブランコ体操

 

腕や肩、胸の筋肉を鍛える遊びです。

 

赤ちゃんにママの親指を握らせ残りの指で赤ちゃんの手首を包みます。

そのまま赤ちゃんの腕をバンザイさせます。

赤ちゃんが腕の力を入れるのを確認したら静かに引き上げましょう。

 

これは右手をママ。左手をパパで手をつなぎ「いっせいのーで」で持ち上げてあげてもOKです。

赤ちゃんもとても喜びます。

 

しかし初めは静かにゆっくり様子を見ながらやってあげましょうね。

肩の脱臼などにつながる恐れがあります。

 

 

4.親子で布団の上で触れ合い遊び

 

赤ちゃんの平衡感覚、腹筋、背筋を鍛えるふれあい遊びがたくさんあります。

 

まず紹介するのは飛行機遊び。

小さい頃おとうさんにやってもらった!というママも多いのではないでしょうか!?

 

まずはママが仰向けで寝ころびます。

次にママ足の裏に赤ちゃんのお腹をくっつけてママと赤ちゃんは手をつなぎます。

そうしたらママは足を垂直に上げて、赤ちゃんを足に乗せ高い高いしてあげます。

 

バランスがとれ、足をピンと伸ばせるようになったらつないでいた手を離してみてもOK!

バランス感覚を養えます。

 

寝る前にお布団の上などでやるのがお勧めです。

 

赤ちゃんに大事なのは

・這う

・くぐる

・登る

の3動作です。

 

身体全体の筋力と平衡感覚を養います。

 

ママが足でトンネルを作って赤ちゃんにくぐらせてあげましょう。

自分の体の大きさをイメージし行動することで、ボディーイメージ、想像力を養います。

 

また寝る前に布団で山を作って登らせるのもいいですね!

ママやパパの体をよじ登らせる運動も楽しいです。

 

くすぐり遊びも親子で楽しみながら脳や運動神経の発達につながる遊びです。

 

親子で触れ合い遊びをたくさんして、体を鍛えてあげましょう!

 

 

5.公園や支援センターまでお散歩

 

お散歩で日光に当たりましょう。

 

 

日光に当たると体内でビタミンDが生成されます。

 

ビタミンDは骨や歯の丈夫で健康的な成長に必須。

不足すると骨格異常や骨が柔らかくなるなどの危険性があります。

 

そしてせっかくお散歩したらプラスもうワン効果上げるために、公園や支援センターなどの子どもが集まる場所に行きましょう。

 

子どもの運動神経発達のためには視覚的刺激が重要です。

 

動き回る他の子を目で追う事で、大きな刺激を受けます。

ぜひたくさん子どもが集まる場所でいっぱい遊ばせてあげてくださいね!

 

 

たっちやひとり歩きを始めた赤ちゃんにお勧め運動で目指せ!アスリート

 

 

子どもの運動神経を鍛えるためには赤ちゃんのうちからやらせてあげたい運動がたくさんあります!

 

まずはママも一緒に楽しむ気持ちで触れ合いながら運動させてあげてください。

 

お勧めの運動は

 

・腕と脚の屈伸運動

・空中ブランコ運動

・飛行機遊び

・ママトンネル

・布団山orパパママ登り

・くすぐり遊び

・散歩や外遊び

・子どもが集まる場所に遊びに行く

 

これらを遊びの中に取り入れてあげてください。

 

ママも笑顔で楽しむことが大事です!

ママと一緒に楽しむことが身体を動かすことが好きになる第一歩です。

 

いっぱい笑って、いっぱい褒めてあげてくださいね。

 

赤ちゃんにとってはママの笑顔、声、スキンシップが一番のやる気の源です。

ぜひ笑顔で楽しく体づくりをしてあげてくださいね♪

 

ピックアップ記事

関連記事一覧