• HOME
  • 子どもの体
  • 【運動神経は遺伝する?】5つの赤ちゃん体操で目指せアスリート~ねがえり期編

【運動神経は遺伝する?】5つの赤ちゃん体操で目指せアスリート~ねがえり期編

子どもの体

 

 

運動が苦手だったパパやママにとっては

「子どもに同じような苦労はさせたくない」

と思うもの。

 

「私たちの運動神経が遺伝しないかな?」

と悩んでいませんか?

 

・パパやママが運動オンチで赤ちゃんも似たようなタイプに感じている

・寝返りも遅めで運動神経の発達が心配

・子どもには同じようなつらさを味合わせたくない

 

子どもの世界ってどうしても

『運動が出来る子=クラスの中心』

になりがち。

 

何となく運動が出来るだけで勝ち組のイメージですよね。

 

運動が出来ないと、運動会やマラソン大会などの行事も超憂鬱。

 

そんな子ども時代を過ごしてきたパパママ。

「子どもも同じように運動が出来ずツライ思いをしてしまうのかな」

と不安に思う気持ち、よくわかります(涙)

 

しかし安心してください!

 

運動神経は遺伝しません!!

 

厳密にいうと、遺伝するのは骨格や筋肉バランスなどの身体能力。

 

運動神経はどうやって過ごすかの環境や経験によって変わっていくものなのです。

 

そしてその運動環境や経験を赤ちゃん時代から積んでいくこと。

それが運動神経の良さにつながるのです!

 

早ければ早いほど効果は表れやすいもの。

 

今回は寝返り期の赤ちゃんにお勧めする運動を5つ紹介します。

 

ぜひ今から始めてみてください!

自宅で簡単にできることばかりです。

 

 

運動苦手ママでも安心!寝返りを始めた赤ちゃんにお勧めの自宅で簡単に運動神経を鍛える5つの方法

 

 

1.赤ちゃんから離れた場所から呼びかける

 

寝返りが出来るようになった赤ちゃんははらばい状態で遠くを見渡せるようになります。

 

腹ばいは腹筋、背筋、首周りの筋肉を鍛えます。

 

また首を上げてあたりを見渡せるようになると視界が各段に広がります。

 

視覚的な刺激は脳を刺激し運動神経を鍛えることにもつながります。

 

ぜひママは赤ちゃんから離れた場所から呼びかけてください。

 

「ママの声がする。どこどこ??」

と考えきょろきょろ探す動作。

寝返りで移動する術。

 

全ての行動が脳や神経を鍛えることになります。

 

寝返り自体も腹筋背筋、腕や肩回りの筋肉を使い体幹を鍛えます。

バランス感覚も養います。

 

たくさん寝返りをさせるために、色々な角度から呼びかけてみてください。

 

右回りが得意な子は、左から声をかけるなどの工夫をして寝返りを両側からたくさんさせてください。

 

 

2.腕の赤ちゃん体操をする

 

自分の腕を体の一部としっかり認識し、思い通りに動かすための練習です。

 

まず赤ちゃんを仰向けで寝かせます。

ママの親指を赤ちゃんに握らせ、残りの4本の指で手首を包み込みましょう。

赤ちゃんの両腕を軽外側に開きます。

次に胸の前で交差します。

 

この両腕を交差する動きをゆっくり優しく繰り返します。

 

さらに今度は腕を肩からまっすぐ前に伸ばしてください。

反対の腕は曲げます。

交互の腕をゆっくり曲げたり伸ばしたりする運動です。

 

無理のない範囲で優しく腕交差・曲げ伸ばし運動をしてあげてください。

 

 

3.足の赤ちゃん体操をする

 

まず赤ちゃんを仰向けに寝かせます。

そして赤ちゃんの両足首を人差し指と中指で挟むように優しく支えます。

次に支えた足首を持ち赤ちゃんの太ももがお腹につくように片足ずつ足を曲げます。

歩くように左右交互にリズミカルに繰り返してください。

 

脚の筋の伸縮運動です。

 

 

4.公園までお散歩する

 

日光に当たるよう、お散歩に出かけましょう。

 

putevodnik / Pixabay

 

日光に当たることで体内でビタミンDが形成されます。

 

体内でビタミンDは骨や歯を丈夫に保つのに重要な栄養素。

 

不足すると

・骨が曲がる、柔らかくなる

・骨の形成不全を起こす

・くる病の原因となる

などが起こる危険性があります。

 

骨が丈夫なことは運動するにあたっても超重要事項。

ぜひお散歩で日光に当たってビタミンD不足にならないようにしましょう。

 

またお散歩で公園や児童館、支援センターに行くのも大事。

 

というのも先ほど書いたように視覚的刺激は脳の発達を促します

 

ずっと動き回るような小さな子どもを目で追わせること。

脳をものすごく刺激します。

 

2歳差くらいの活発に動き回る兄弟が自宅にいる赤ちゃんは運動が得意になる傾向があります。

 

我が家の2番目も四六時中兄が家にいる赤ちゃん期を送りました。

すると教えてもいないのに3歳で逆上がり。

4歳前に補助輪ナシの自転車に練習もほとんどしないで突然乗れる。

かけっこももちろん速いし、なわとびも超得意。

驚きの運動神経を見せています。

 

家事などをしているとはいえ、大人のママはどうしても動きが少ないもの。

小さな子どものような俊敏な動きは日常の中にありませんよね(笑)

 

ぜひ小さな子どもがいる場所に連れて行って視覚的刺激を沢山与えてあげてください。

一番刺激を受けやすいのが子どもの動きです。

 

 

5.くすぐり遊び

 

くすぐり遊びは五感を鍛える遊びです。

たくさんの効果が認められています。

 
・色々な場所を刺激され体の様々な部分を意識する

・くすぐられることで体の感覚を養う

・神経系を刺激し発達を促す
 

足の裏、首筋、手のひら、内もも、お腹など色々なところをくすぐってみましょう。
 

実は最近の研究でくすぐりは脳の成長にも大きく役立つことがわかっています。

 A10と呼ばれる神経系が刺激されることで
 
・感情
・運動
・危機回避能力
 
これら3つの能力が高まるというのです!

 
次第に

くすぐられる→くすぐったい

このことを記憶し、くすぐられる前から笑うようになります。

 
これは

「この次にママは僕をくすぐろうとしている→くすぐったいはず」

赤ちゃんは記憶をたどり予測を立てて行動しているのです。

 
くすぐり遊びは神経や脳を発達させるトレーニングにもなります。

 

またママと一緒に笑顔になれる遊びです。

赤ちゃんにとってママの笑顔は一番の活力剤。

 

優しく声をかけ、一緒に笑いながら楽しむことで心の成長も体の成長も両方育むことが出来ます。

 

 

赤ちゃん期から月齢に合った運動を続ければ運動神経は絶対鍛えられる!

 

 

運動が苦手だったママも安心できましたか??

 

今からやればいつか必ず実を結びます。

 

焦らずゆっくり楽しむ気持ちで続けてみてくださいね!!

 

・離れたところから声をかける

・腕の赤ちゃん体操

・足の赤ちゃん体操

・公園までのお散歩で日光浴と視覚的刺激

・くすぐり遊びで五感を鍛える

 

首すわり期の赤ちゃんの運動や体操はこの5つです。

 

そして忘れてはいけないのはママの声かけ、笑顔、スキンシップの3つ。

 

赤ちゃんはママのぬくもりを感じると安心します。

その安心感が自己肯定感を育みます。

 

自己肯定感を持っている子は安心してすくすく成長していきます。

 

ぜひいっぱい笑顔で触れ合ってあげてくださいね。

親子で楽しみながら続けてみてください♪

 

ピックアップ記事

関連記事一覧