• HOME
  • グズグズ
  • 【赤ちゃんが寝ない】グズグズ泣いてばかり赤ちゃんを満足させる5つのコツ

【赤ちゃんが寝ない】グズグズ泣いてばかり赤ちゃんを満足させる5つのコツ

グズグズ

 

グズグズしてばかりで全然寝ない赤ちゃん。

1時間もしないうちにおっぱいを欲しがって起きてしまう。

抱っこしていないと全然寝ない。

 

そんな赤ちゃんに悩まされていませんか??

 

・グズグズしてばかりでまとまって寝てくれることが全然ないのでかなり寝不足

・頻回授乳と抱っこばかりで疲労困ぱい

・なんでこんなに寝ないのかとイラついてしまう

 

グズグズしてばかりで全然寝てくれないと本当に疲れますよね…。

 

うちも抱っこじゃないと寝ない子でした。

 

一日中に泣いてばかりの赤ちゃんも身近にいました。

全然寝ないで泣いてばかりの赤ちゃん、ママは本当に疲れ切ってしまいますよね。

 

「うちの子は寝てばっかりで~」

っていうママが本気でうらやましくなりますよね!

 

わかります!!

 

そんな寝ない赤ちゃんを頑張って育てているというママに、その負担を軽減するコツを紹介します。

 

 

1時間続けて寝たことないかも…な寝ないグズグズ赤ちゃんと上手に付き合う5つのコツ

 

 

1.ベビーバウンサーやハイローベッドなどを利用してみる

 

赤ちゃんの寝る体制が合っていないという可能性があります。

 

我が家の子どももそうだったのですが、背筋が強いタイプの赤ちゃんは平らなベッドや布団に寝るのを嫌います。

 

抱っこなら寝るのに布団におろすと泣くタイプの赤ちゃんはベビーバウンサーやハイローベッドなど角度が少し変わるものの方がよく寝る場合があります。

 

またはチャイルドシートやベビーカーなら寝るという子もいます。

 

これもベビーバウンサーやハイローベッドと同じで平面ではない方が寝やすいタイプの赤ちゃんでなおかつ少し振動が合った方がぐっすり眠れるという子です。

 

ハイローベッドやバウンサーも自動で動くものもあります。

 

ママが抱っこをして揺れているような柔らかな揺れで赤ちゃんも安心してぐっすり眠ります。

 

または布団やベッドで寝る時に赤ちゃんの背中あたりにタオルを当てて体が少し横向きになるように寝かせてみましょう。

 

ママのお腹にいた時のような体勢で赤ちゃんも安心します。

 

しかし寝ている間にそのままうつ伏せになったり、布団が鼻や口に当たってしまっていると窒息の恐れがあります。

横向きに寝かせる時は特に注意深く見守る必要があります。

 

 

2.ミルクを足してみる

 

お腹が本当に空いて泣いているということもあり得ます。

 

まずは赤ちゃんの体重の増加をチェックしてみてください。

 

一日当たりの体重の増加率は

 

生後~3か月 30g前後

3~5か月  17g前後

5~8ヵ月  10g前後

8~1歳   7g前後

です。

 

この数字にとらわれすぎる必要はありませんが、特に生後1~3か月の間は体重増加をチェックしてあげるようにしましょう。

 

特に母乳育児の場合は、母乳をどれだけ飲んでいるのかわかりませんよね。

 

ママが赤ちゃんを抱っこして体重を測り、後でママの体重分を差し引くなどして赤ちゃんの体重を測ってみてあげましょう。

 

心配ならベビースケールをレンタルすると正確にわかりますよ。

 

あと尿や便の回数もチェックしてみてください。

毎日メモしておくとわかりやすいです。

 

tanvimalik / Pixabay

 

極端に回数が減ったりした場合は要注意です。

 

授乳量が足りていない可能性もあります。

 

近くの小児科、保健センターなどの乳幼児相談、薬局などで行われる乳児相談会、出産をした病院の助産師相談などに行ってみましょう。

 

ママが

「どうしよう。母乳足りてないかな」

などと不安に思っていると、赤ちゃんまで不安になってしまいます。

 

ママの不安や緊張感が伝わって赤ちゃんが泣いてしまうことも多々あります。

 

ママの不安をなくすためにも一度専門家に相談してみましょう。

 

行くのが大変なら電話でも相談できますよ。

 

そして必要があればミルクを足します。

母乳の回数、ミルクをあげるタイミング、ミルクの量など細かく教えてもらえます。

 

ママと赤ちゃんの今の授乳スタイルに合った方法を教えてくれるので一度足を運んでみましょう。

 

ミルクにすることでママの負担が減る場合もあります。

(もちろんミルクの方が完全母乳と比べママの負担が少ないというわけではありません)

 

ミルクを飲んでぐっすり赤ちゃんが眠ってくれるのであれば、その間にママが休めるというケースもあります。

 

また母乳だと授乳はママの仕事だけになりますよね。

ミルクならパパや他の人にも赤ちゃんを預けやすいです。

 

あまりに疲労がたまっている時は柔軟にミルクを取り入れてみる事も一つの方法ですよ。

 

 

3.パパや周りの助けを借りる

 

よくなく赤ちゃんの場合ママの疲労はものすごいです。

 

周りの協力が必須です。

 

パパが休日の日はパパに赤ちゃんのお世話をお願いしてママは少しでも休みましょう。

 

地域の育児サポート体制やファミリーサポートを利用してみるのもお勧めです。

 

赤ちゃんを見てもらっている間に少しママも眠ってください。

 

ママが睡眠不足でイライラしていると、そのイライラも赤ちゃんを不安にさせる原因になってしまいます。

 

ママがニコニコおおらかな気持ちでたくさんスキンシップをとることで赤ちゃんも安心し、ぐっすり眠ることもあります。

 

でもママが疲れ切ってしまっていると、そんな心の余裕はなくなってしまいますよね。

 

今は休むことも仕事のうちと思って、人に頼ってみてください。

 

私の知人は市の育児サポーターさんに赤ちゃんを見ていてもらい、ずっと泣き続ける赤ちゃんを目の当たりにし、疲れ切ったママを見かねて

「旦那さんと話したい」

と育児サポーターさんが旦那さんに話してくれたそうです。

 

「旦那さん、この赤ちゃん他の赤ちゃん以上にすごくよくなく赤ちゃんだよ。

奥さんこの子を毎日見ているのものすごく大変だから、少し気を遣ってあげて」

 

って話してくれたと言っていました。

そんなケースもあります。

 

このつらさを誰かに話すだけでも少し気持ちが楽になります。

旦那さんでも親御さんでもサポーターさんでも誰でもいいです。

 

周りの人に助けを求めてみてください。

 

 

4.赤ちゃんの不快を取り除く

 

赤ちゃんの不快になり得るのは

 

・暑い、寒いなどの温度

・オムツがぬれている

・かゆい

・眠い

 

これらの不快要素を取り除いてあげましょう。

 

まずは温度から。

 

夏場は26~28℃。

冬場は22~24℃。

湿度は40~60%です。

 

大人が寒いと思っていても赤ちゃんは暑い場合もあります。

赤ちゃんにとって快適な温度になるように冷暖房などを利用してあげましょう。

 

赤ちゃんにお勧めの暖房器具の記事はこちらから

 

背中に手を入れて汗ばんでいるようなら、布団を一枚減らす。

肌着を薄手のものに替える。

など工夫してあげましょう。

 

オムツもぬれていないか、うんちをしていないかこまめにチェックしてあげましょう。

 

またアトピーや食べ物のアレルギーがあって不快に感じている場合もあります。

 

友人の赤ちゃんは生後2か月でママがチョコパイを食べたらひどい湿疹になりました。

原因は乳製品のアレルギー。

 

母乳を介してもアレルギー反応が出ることがあります。

 

このようにアレルギーを持っていて、かゆみなどで不快に感じて泣いている場合もあります。

 

他にもオムツかぶれ、あせもなどのかゆみが不快であることもあります。

 

座浴やシャワーなどで肌を清潔を保つようにしてあげましょう。

 

ボディーソープやシャンプーなども刺激が少ないものを選んであげましょう。

肌が弱い赤ちゃんは洗濯用洗剤も、純石鹸の無添加洗剤を使用してあげましょう。

 

合成洗剤だと、成分のせいでかゆみが増してしまう可能性もあります。

 

大人でもかゆいとつらいですよね。

言葉に出せない赤ちゃんにとってかゆみはものすごく不快です。

 

気になる湿疹などがあれば小児科や皮膚科を受診してあげてください。

 

乳児湿疹の類なのかアトピー性皮膚炎などのアレルギー性皮膚炎なのかは専門家でも判断が難しいと言われています。

 

もしアレルギーが疑われるのであれば、早めに気が付いて治療してあげましょう。

 

治療により赤ちゃんの不快を減らしてあげられるかもしれません。

 

また赤ちゃんは眠いのにうまく眠れなくて泣く子もいます。

赤ちゃんによっては眠ることが不安な子もいます。

 

そんな不安や恐怖に陥って泣いている赤ちゃんにはママが抱っこで安心させてあげる必要があります。

 

抱っこしたり、背中をやさしくトントンしたり、子守唄を歌ったり、

赤ちゃんが安心するようなスキンシップをとってあげましょう。

 

 

5.ママの母乳の出や質をよくする

 

おいしい母乳をたくさん飲んで赤ちゃんが満足できるようにしてあげましょう。

 

お腹が空いて泣いていることもあります。

 

母乳の出が良くなるためには水分補給をこまめにしましょう。

 

出来れば3ℓ以上の水分を摂取できることが理想的です。

 

水だけでなく

・ゴボウ茶

・黒豆茶

・ルイボスティー

などもおススメの飲み物です。

 

温めて飲むとさらに血流改善効果も高まり、母乳の分泌量が増加します。

 

また食事も和食中心で糖質脂質はなるべく控えましょう。

 

おすすめ食材は

・米、もち

・冬野菜、根菜(人参、ゴボウ、ホウレンソウ、イモ類)

・豆類(味噌汁、納豆)

などです。

 

授乳中は水分不足、栄養不足に陥りやすいです。

 

得に栄養不足は顕著です。

 

毎日の忙しい育児で自分の事は後回しになっていませんか?

ゆっくり食事をする余裕もないような慌ただしい日々ではありませんか?

 

私もそうでした。

 

かき込むように食べていました。

 

でもママの栄養不足が深刻になると、母乳の量も質も低下してしまいます。

 

さらにママの体調も体調を崩しやすく、疲労もなかなかとれません。

 

そんな忙しすぎるお疲れママにお勧めしたいのがこちら

 

特にグズグズ赤ちゃんの場合はママも体力勝負です。

労力も人一倍使います。

 

このまま疲労困憊状態が続くとママが倒れてしまいますよ。

 

授乳期サプリは授乳期のママに必要な栄養素をデータをもとに配合しています。

 

現役産婦人科医が監修した安心のサプリです。

 

授乳期サプリは疲労がたまったママのサポートを栄養面からしてくれます。

 

さらにママのためだけではありません。

 

母乳の質も整えてくれるので、赤ちゃんの栄養面もサポートしてくれます。

 

授乳期サプリでママの体調を整えることで授乳量も増え、さらに母乳の質もよくなるので赤ちゃんも満足してくれる可能性が高まりますよ。

 

ママの体調をサポートしながら赤ちゃんの体調や機嫌もよくなればこれ以上嬉しいことはないですよね。

 

赤ちゃんがグズグズで忙しいママでも、サプリメントなら続けられますよね。

 

ママと赤ちゃんのために始めてみることをお勧めします。

 

 

泣き止まない赤ちゃんに疲労困ぱい&イライラが募るママはこの5つの方法で乗り切れる!

 

 

一日中泣いてばかりの赤ちゃんだと本当に疲れてしまいますよね。

 

かわいいはずの赤ちゃんにイライラしてしまったり、そんな自分が悲しくなったり…。

 

もうママも参ってしまいますよね。

 

そんなママに試してほしい5つの方法をおさらいすると

 

・ベビーバウンサーやハイローベッドなどを利用してみる

・ミルクを足してみる

・パパや周りの助けを借りる

・赤ちゃんの不快を取り除く(温度、オムツ、かゆい、眠い)

・ママの母乳の出や質をよくする(栄養、水分、サプリ)

 

これらの方法を試してみてください。

 

育児はまだまだ始まったばかりです。

長い人生、このグズグズ期がずっと続くわけではありません。

 

今が一番体力的にキツイ時期です。

 

この大変な時期を乗り越えるのに、ママ一人ではつらすぎます。

 

ぜひパパや周りの人にママのつらさを打ち明けてくださいね。

外に吐き出すだけでも少し楽になります。

 

どうかママのつらさが少しでも和らぎますように、参考にしてもらえたら幸いです。

 

ピックアップ記事

関連記事一覧