• HOME
  • 出産
  • 【立ち合い出産のメリット】やってよかったと思う感動の瞬間ベスト5

【立ち合い出産のメリット】やってよかったと思う感動の瞬間ベスト5

出産

 

立ち合い出産というと出産を夫婦で乗り越えるというイメージがありますよね。

 

でも出産を控えた今

「本当に立ちたい出産で後悔しないかな..」

と迷っているママもたくさんいます。

 

確かに初めての出産だけでも不安なのに、選択肢があるとさらに迷いますよね。

 

立ち合い出産にしてよかったと思える体験談などを知って事前に出産について考えておきませんか??

 

・立ち合い出産にしたいけど不安もある

・みんながどうして立ち合い出産を選んだのか知りたい

・立ち合い出産のデメリットにばかり目が向いてしまう

 

出産ってただでさえ大変なのに、そんな苦しむ姿を人に見せるってなかなか勇気がいりますよね。

 

または夫が全然役に立たずムカついてしまいそうっていうママも多いです。

 

実際にウロチョロ、オロオロする旦那に腹が立ってしょうがなかったっていうママもいます。

 

でも事前に夫婦で準備しておけば、立ち合い出産は感動的で喜びを共有できる幸せな出産です。

 

ぜひこの記事を参考に、立ち合い出産に関して今一度考えてみてくださいね♪

 

 

「立ち合い出産にして本当に良かった!」体験談からわかる立ち合い出産の魅力ベスト5!

 

 

5位 ビデオや写真など出産の記録を残せる

 

これは賛否両論ありますが、立ち合い出産だからこそできることの一つですね。

 

私は出産中もビデオ撮影されていました。

(これはちょっと嫌だったけど)

 

というのも陣痛室から一緒にいた母まで出産に立ち会う事になってしまい、母がビデオを撮っていました(汗)

※立ち合い出産の場合は、誰が立ち合いをするかまでしっかり病院に意思を伝えておきましょう。

 

出産してすぐの長男の写真は、本当に奇跡の一枚でした!

 

立ち合い出産だからこそ撮れた臨場感あふれる写真です。

 

立ち合い出産を選ぶからには、ビデオやカメラの充電などしっかり準備して臨みたいですね。

 

 

4位 ママ自身が心細くない

 

出産は大きな不安を伴います。

 

陣痛の痛みでつらい時間もあります。

 

そんな心細い状況の時、夫に支えてもらうことが本来の立ち合い出産の意義です。

 

一緒に呼吸法を実践したり、マッサージしてもらったりして緊張や苦痛を和らげてもらえます。

 

出産の中で安心感を与えてくれる存在はとても重要です。

 

そのためには夫婦で出産に対して準備しておくことが大事です。

 

父親学級に参加し、パパ自身も出産の心構えを知っておきましょう。

 

陣痛中や出産直前にどうやって妻を励ますか、支えるかも教えてもらえます。

 

パパがオロオロしていては、むしろマイナスですよね。

 

ぜひ出産の予備知識を持って、当日を迎えてくださいね。

 

 

3位 妻への感謝の気持ちが芽生える

 

苦しんで苦しんで産む妻の姿を目の当たりにして

 

「僕たちの子どもを産んでくれてありがとう」

「痛い思いを乗り越えてくれてありがとう」

 

と妻への感謝の気持ちが芽生えます。

 

人によっては

「妻が神様に見えた」

とまで言う旦那さんもいます。

 

我が家の夫も

「今まで生きてきた中で一番感動した」

と涙を流していました。

 

今後の夫婦生活や育児でもこの時の感謝の気持ちが生きてきます。

 

「頑張って産んでくれた妻を支えなきゃ。生涯この家族を守らなきゃ」

という思いを持って奥さんを大事にしてくれるはずです。

 

ただ本当に血を見るのが苦手という人も中にはいます。

 

そういう場合は、途中で失神してしまうなど病院にも迷惑をかけることもあります。

 

本人もトラウマになったりするので事前によく話し合っておきましょうね。

 

 

2位 育児に協力的になる

 

出産のつらさを間近に見ると、産後の育児に協力的になります。

 

産みの苦労を見て、本当の意味で知っているからです。

 

「あんな命がけの大仕事をやった後に無理はさせられない」

という気持ちになります。

 

 

もちろん立ち合い出産でなくても妻を大事に、育児も協力してくれる旦那さんもたくさんいます。

 

しかし多くの場合、徐々に父親の実感が湧いてくるものです。

子どもとの時間を共有する中でだんだん父性が芽生えてきます。

 

立ち会って本当に自分の目で見て感じた事はまた違った意味を持つのです。

 

産まれた瞬間から涙が出るほどの感動を味わうと、出産当日から

「この子と妻のために自分が頑張らないと」

という自覚が早期に芽生えやすいです。

 

 

1位  喜びと感動を共有できる

 

大変な出産を乗り越え産まれた瞬間と言うのは、本当に神秘的で感動的です。

 

もちろん立ち会わなくても感動します。

 

でもその場で同じ時間を過ごし、苦しみを乗り越え、やっと産まれてきた現場の臨場感というのは、やっぱりその場にいた人だけが感じられる特別な空間です。

 

「おぎゃーー」

と泣き声が聞こえた時。

感動と達成感で分娩室の空気が一瞬で変わる感動の瞬間です。

 

お医者さんや看護師さん、助産師さんの必死で真剣な姿に分娩室は緊張感でいっぱいです。

母と子の命がかかっているのだから当然ですよね。

 

それが産まれた瞬間に

「おめでとう!!」

「よく頑張ったね」

とみんなが笑顔になるんです。

 

あんな体験、最初で最後でした!

(私は一人目のみ立ち合い出産。二人目三人目は帝王切開なので立ち合いナシ)

 

もちろん痛いし汗だくだし髪の毛グチャグチャだけど、、、

「産まれてきてくれてありがとう」

と心から思える空間です。

 

自分だけでなく、医療スタッフ、夫みんなが感謝と喜びでいっぱいの幸せな時間です。

 

ぜひ立ち合い出産で旦那さんと喜びを分かち合ってくださいね。

 

 

立ち合い出産のメリットを知って感動的で思い出に残る立ち合い出産にしよう!

 

立ち合い出産にしたいけど、少し迷いがあるというママ、どうでしょうか?

安心して立ち合い出産に臨めそうでしょうか??

 

私は一人目の時に立ち合い出産にして本当に感動しました。

 

もちろん勉強不足で、失敗したなって思うこともあります。

(それはまたこちらの記事 立ち合い出産の失敗談 を参考にしてみてください)

 

でもやっぱり

「立ち合い出産してよかった」

と思える事の方が圧倒的に多いのです!

 

良かったと思えるメリットは

1位 夫婦で喜びや感動を共有できる

2位 育児に協力的になる

3位 妻への感謝の気持ちが芽生える

4位 ママ自身が心細くならず安心して出産できる

5位 ビデオや写真などの出産の記録が残せる

この5つです。

 

それ以外にもたくさんメリットはあります。

 

我が家も立ち合い出産は一度しか出来ませんでしたが、未だにあの感動は忘れられません。

 

夫も

「人生で最大の感動」

と今も言います。

 

もちろん苦痛を伴う出産ですからキレイごとだけではありません。

 

それでも喜びの方が勝ってしまうというのが多くの声です。

 

ぜひ夫婦でよく話し合い、前もって準備してみてください。

 

大丈夫です!!

夫婦力を合わせて乗り越えられるはずです。

 

ステキな立ち合い出産になりますように、祈っています!

ピックアップ記事

関連記事一覧