• HOME
  • 出産
  • 【立ち合い出産したくない】夫婦ともに納得!後悔しないための3つのポイント

【立ち合い出産したくない】夫婦ともに納得!後悔しないための3つのポイント

出産

 

出産と言えば、痛くて汗だくで苦しんで…

そんな状況、人に見てほしくないって考えるママもいますね。

 

立ち合い出産したくないと悩んでいませんか??

 

・必死な姿や苦しむ姿を人に見せたくない

・旦那がいても何も頼りにならないどころか逆に腹が立ちそうな予感がする

・立ち合い出産したくないというと冷たいと思われそうで心配

 

こうやって悩んでいるママは、責任感が強くて、とっても優しい頑張り屋ママです。

 

ステキです。

 

もし一人で臨もうと考えているのなら、その考えを尊重するのも素晴らしいです!

 

出産をするのはママ自身なのですから。

 

でも後悔やしこりが残らないように…

出産前に、夫婦で納得できるように話し合ってくださいね。

 

ママ自身も、そしてパパも納得できるポイントをまとめてみました。

 

 

立ち合い出産をしたくないと考えるママが後悔しないための出産を迎えるための3つのポイント

 

 

1.なぜ立ち合い出産をしたくないのか旦那さんにしっかり伝える

 

ママ自身の考え方をパパに正直に伝えてみてください。

 

「苦しんでいる必死の形相を大好きなあなたに見られたくない」

と言えばわかってくれる人がほとんどです。

 

 

だって自分の苦しむ姿を見せたくないんていじらしくてかわいすぎじゃありませんか!?

 

私が男ならキュンときますよ!

上手に夫をキュンとさせてみてください。

(ウソだとしても嘘も方便です!)

 

それでもどうしても立ち合いをしたいというのなら、病院の看護師さんに相談してみるのも一つの手です。

 

「私はどうしても嫌だけど、夫が納得してくれない」

と伝えると、看護師さんから

「出産は妻の意思を尊重してあげてほしい」

と旦那さんに話してくれることもあります。

 

夫婦間にしこりが残らないために、旦那さんにもしっかり納得してもらいましょうね。

 

 

2.病院にも自分の意思を伝えておく

 

病院によっては陣痛室と分娩室と回復室が一体になったLDRを使用しています。

 

陣痛で動けないほどつらい中、分娩室に移動するという妊婦さんの負担を減らすためです。

 

ですがこのLDR、病院にしっかり自分の意思を伝えておくことがとても重要です。

 

私はこれで失敗しました。

 

陣痛中に一緒に部屋にいた人が、出ていくタイミングがなくそのまま出産になだれ込むことがあるからです。

 

私は陣痛中に母と遅れてきた旦那がいたので、そのまま出産まで二人ともいました。

 

病院側に

「立ち合い出産は希望しない」

としっかりママの気持ちを伝えておきましょう。

 

分娩が始まるタイミングで一度みんな外に出てもらえます。

 

最近は出産前にアンケートで聞かれる病院も多いですが、立ち合いを絶対にしたくない場合は念を押して気持ちを伝えておきましょう。

 

 

3.育児日記をつける

 

ママの

「立ち合い出産をしたくない」

という考え方は何も間違ったことではありません。

 

一昔前までは立ち合い出産の存在そのものすら認知されていなかったものです。

 

今ママが少し迷いを抱えているのは、自分の決断にちょっとだけ自信を持てないからではありませんか?

 

また他人から

「えー。立ち合い出産しないの??なんで??」

と珍しがられたりする他人の目もそのうしろめたさの要因の一つですよね。

 

でもあなたの意思は決して間違ったものではなく他人にとやかくいわれるものでもありません。

 

「私はこうしたい」って胸を張って言っていいことです。

 

そのためにも妊婦中から育児日記をつけましょう。

 

例えば胎動があった喜びとか些細なコトでかまいません。

 

毎日繰り返し日記を続けることで、お腹の赤ちゃんとの貴重な時間の証になります。

 

また毎日自分の気持ちを書くことで、自分でも気が付かなかった心の中がわかることもあります。

 

書くことでスッキリもします。

 

育児日記をつけて、自分のこれまでの妊婦期間や考え方に自信を持ちましょう。

 

 

立ち合い出産をしたくないママも納得安心して出産を迎える3つの方法

 

「立ち合い出産は嫌」

っていうママ、実は結構いるんですよ!

 

ちなみに私は一人目は立ち合い出産でしたが、二人目三人目は帝王切開だったので立ち合いではありませんでした。

 

でも夫婦ともに一人目、二人目、三人目の出産それぞれに感動しました。

 

産まれてから何か違いがあるかっていうと、全くありません!

 

「立ち合いしてないから愛情もてない」なんて絶対ありません。

 

もし旦那さんが子どもに愛情を持てなかったり、育児に協力的でないとするとそれは出産の違いではなく夫の性格上の問題です。

 

どんな出産をしても、子どもを愛おしく思う気持ちは一緒です。

 

ぜひママは自分の決断に自信を持ってくださいね!

 

後悔しないための準備は

1.夫婦でしっかり話し合う

2.病院側にもしっかり意思を伝えておく

3.育児日記を毎日つけ自分の気持ちを整理する

この3つです。

 

立ち合い出産にしないで、自分一人で出産に挑もうというその気持ち

とっても素敵ですよ。

 

ぜひその強い心で出産を頑張ってくださいね!

 

ピックアップ記事

関連記事一覧